こちらの記事は2019年8月30日の記事を2020年4月8日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・USBメモリの選び方に、転送速度で選ぶの項目を追記いたしました。
・USBメモリのおすすめ品の情報を2020年4月8日に加筆修正いたしました。

この記事では、USBメモリの選び方やおすすめのモデルを解説します。

USBメモリはラインナップが豊富であるため、どのモデルを選べばよいか分からない方も少なくありません。

この記事を読むことで、自分に合ったUSBメモリ購入の検討が出来ます。

そもそもUSBメモリってなに?

USBメモリとは、パソコンのデータを外部に保存するための外部記憶装置です。

据え置き型の外部記憶装置と比べて保存できる容量は少なくなりがちですが、コンパクトであるため持ち運びに最適です。

販売されているモデルのラインナップが幅広く、1GB~100GB以上まで幅広い容量から選べるため、自分の用途に合わせて購入することができます。

関連記事
PCカードってなに?USBスロットで読み込む品やアダプターを解説
外付けHDDってどうやって使うの?起動しない場合の対処法とおすすめ商品

USBメモリの選び方

ストレージ容量で選ぶ

USBメモリを選ぶ際は、自分が保存したいデータの量を確認し、どれくらいの容量が必要かを知ることが大切です。

例として、文章のデータなど容量が軽いデータを保存したい場合は、4GB程度のUSBメモリが適しています。

写真や音楽を保存する目的には8~16GB、動画などの大きなデータをたくさん保存する場合は32GB以上のUSBメモリを選ぶことがおすすめです。

パソコンのバックアップなどの大容量のデータを保存する際は、128GB以上のUSBメモリが必要になるでしょう。

コネクタで選ぶ

USBメモリを購入する際は、自分が使う端末機器にあわせたコネクタで選ぶことも大切です。

一般的なパソコンの接続端子は「USB Type A」ですが、最新の薄型ノートパソコンであれば「USB Type-C」を採用していることもあるでしょう。

他にもAndroidやタブレットに使う場合は、「microUSB」や「USB Type-C」などのコネクタである必要があり、iPhoneやiPadには「Lightning」のコネクタに対応している製品を購入することが必須です。

機能で選ぶ

最近のUSBメモリは、付加機能も優秀な製品も少なくないため、他のモデルにはない機能で選ぶのもよいでしょう。

中でも人気のある機能は、「防水・防塵仕様」と「暗号化機能」です。

防水・防塵仕様だと従来のUSBメモリより耐久性があるため、安心して持ち運ぶことが出来ます。

暗号化機能は第三者からの不正アクセスにも対応できるため、セキュリティ面を考慮したい方に人気があります。

利便性やセキュリティをしっかり保護したい方は、機能もしっかりチェックするとよいでしょう。

転送速度で選ぶ

大量のデータや、高解像度の動画など、容量が大きいデータを移動させる場合は、USBメモリを選ぶ際に転送速度に注目するのもポイントです。

転送速度は規格によって異なり、最新のUSB3.0や3.1(Gen1)の規格であれば、高速でデータのやり取りを行うことが出来ます。

しかし、USBメモリだけでなく、パソコン側も同じ規格に対応していないと、規格本来の速度が出ない事に注意が必要です。

参考
ビックカメラ.com USBメモリのおすすめ18選【2020】高速モデルやスマホ対応モデルなどを紹介

USBメモリのおすすめメーカー

IODATAは実用性を考えて作られた製品が多い

IODATA(アイ・オー・データ)は石川県にある老舗の精密機器メーカーで、ユーザーの需要に合わせた実用的な製品が多いことが特徴です。

機密情報保護に配慮しているビジネス用のUSBメモリや、iPhone・Android・パソコンに使用できる3in1のUSBなどがあります。

製品の耐久性の高さにも力が入っており、USBメモリが故障しにくい点もIODATAの大きな魅力です。

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥1,969 (2021/08/01 23:57:31時点 Amazon調べ-詳細)

エレコムはセキュリティやコスパに特徴がある

エレコムは、コンピュータ周辺機器メーカーとして有名なメーカーです。

エレコムのUSBメモリの最大の特徴は、様々な種類が取り揃えられているところでしょう。

パスワード自動認証、データ暗号化などセキュリティに配慮した製品も販売されています。

リーズナブルなモデルも多いため、セキュリティやコスパにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

シリコンパワーはtype-cのUSBメモリを販売している

シリコンパワーは、台湾に本拠を置いているメディア関連メーカーです。

シリコンパワーのUSBメモリは、デザイン性が優れているだけではなく、type-cのUSBメモリまで販売しているところも魅力です。

永久保証であるため買い替えの費用がかからないのも大きな魅力でしょう。

USBメモリのおすすめ品

SanDisk Ultra USB3.0はセキュリティ機能も魅力

SanDisk Ultra USB3.0は、最大130MB/秒という超高速な転送速度が魅力のUSB3.0対応USBメモリです。

ファイル暗号化ソフトである「サンディスク セキュアアクセス」が付いており、ビジネス用での用途にも安心して使うことが出来ます。

created by Rinker
SanDisk
¥599 (2021/08/01 23:57:33時点 Amazon調べ-詳細)

KLEVV NEO D40はType-AとType-Cの2種類の端子が使える

KLEVV NEO D40は、Type-AとType-Cの2種類のUSB端子が使えるデュアルタイプのUSBメモリです。

USB3.2 Gen1に対応しており、読み取り速度は最大で180MB/s以上を誇ります。

created by Rinker
エッセンコアクレブ(Essencore Klevv)
¥1,250 (2021/08/01 23:57:34時点 Amazon調べ-詳細)

USBメモリについてのまとめ

  • USBメモリとは、外部に大容量のデータを持ち運ぶことができる外部記憶装置の一種です。
  • USBメモリを選ぶ際は、「ストレージ容量」「コネクタ」「機能」を確認するのがポイントです。
  • 使用する端末によって使用するコネクタは異なります。通常のパソコンであれば「USB Type A」を選ぶなど、購入する前にどのコネクタが適しているかをチェックするとよいでしょう。
  • おすすめのメーカーは、「IODATA(アイ・オー・データ)」「エレコム」「シリコンパワー」です。
  • IODATA(アイ・オー・データ)は故障のしにくさ、エレコムならセキュリティとコスパの優秀さ、シリコンパワーは保証が充実しているなどそれぞれメリットがあります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
アイ・オー・データ
¥1,969 (2021/08/01 23:57:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SanDisk
¥599 (2021/08/01 23:57:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エッセンコアクレブ(Essencore Klevv)
¥1,250 (2021/08/01 23:57:34時点 Amazon調べ-詳細)