ここでは、インターネットの接続に不可欠な無線LAN親機の解説と、無線LAN親機の選び方や、新規におすすめの無線LAN親機の売れ筋を解説していきます。

無線LAN親機とは?

会社やご家庭でインターネット接続を行う際には、インターネット繋ぐアクセスポイントになる「ルーター」という機器が必要になります。

接続方式には大きく分けて有線と無線があり、デジタル機器を無線通信で接続する機器のことを「無線LANルーター」または「無線LAN親機」と言います。

PCやスマートフォン・タブレットなどの「子機」から飛んできた電波を、親機として受け取る役割があり、これがないと会社やご家庭でインターネットを使用することができません(SIMなどは除く)。

無線LAN親機の寿命

無線LANルーターには、機械の故障や老朽化などの「機器自体の寿命」と、通信速度の低下などによる「規格の寿命」の2種類の寿命が存在します。

一般的に買い換えの目安は3~4年とされていますが、ルーターの種類や、症状の程度によって目安が異なることがあります。

機器の寿命
無線ルーターそのものが破損したり、古くなったりしたことなどを原因とした、機械自体の寿命です。

規格の寿命

規格の寿命とは、機器の寿命とは異なり、使用している無線LANの通信方法や通信技術が古くなったことを原因とする寿命を言います。

具体的には使用しているPCや通信機器などのOSサポートが終了するときなどが多く、目安としては4~5年ほどが寿命年数とされています。

買い替えのタイミング

電源が入らない

通信速度が遅い

通信状況が不安定

通信がいきなり途切れる

これらのような症状が頻繁に起こった場合は、無線LANルーターの寿命が迫っている可能性があるので、メーカーに問い合わせたり、無線LANルーターの買い換えを検討しましょう。

無線LANルーターの選び方

ここからは、無線LANルーターの選び方を、項目別に解説してきます。

無線LANルーターの選び方①:回線

無線LANルーターの通信速度は、契約しているインターネット回線で決まります。

無線LANルーターを購入する際は、まず、契約しているインターネット回線の通信速度を知っておく必要があるでしょう。

無線LANルーターに適した主な契約プラン
回線速度100Mbps
回線速度200Mbps
回線速度1Gbps
回線速度10Gbps

無線LANルーターに適した回線はこれらのプランが適しているとされています。契約プランの確認の際は、これらのプランであるかどうかを確認し、プランに適した無線LANルーターを選びましょう。

無線LANルーターの選び方②:携帯キャリアで選ぶのもおすすめ

無線LANルーターを使用する際は、現在使用している携帯キャリアで選べば、携帯電話の料金と連携して利用料金が安くなるのでおすすめです。

携帯キャリアに対応した回線も最近では高速通信を提供しているので、安心して快適に使用することができます。

auユーザー

BIGLOBE光

auひかり

どちらもスマホとのセット割があり、BIGLOBE光は最大55,000円の、auひかりは最大で50,000円のキャッシュバックがそれぞれあります。

softbankユーザー

ソフトバンク光

対応エリアが広く、スマホとのセット割や、最大28,000円のキャッシュバックがあります。

docomoユーザー

ドコモ光

スマホとのセット割もあり、高性能ルーターを無料レンタルすることができます。こちらも最大22,000円のキャッシュバックがあります。

無線LANルーターの選び方③:アンテナ

無線LANルーターにはアンテナが備わっており、アンテナの数が多ければ多いほど、安定した高速通信が可能です。

基本的に無線LANルーターのアンテナ数は1~3本ですが、最近ではPC以外にもスマホやタブレットなど、さまざまな端末に接続する傾向にあるため、アンテナの本数は重要なポイントと言えます。

目安としては、ご自宅の「壁の枚数×アンテナ1本」を目安に選んでいきましょう。

無線LANルーターの選び方④:周波数帯域

無線LANルーターはチャンネルごとにデータを伝送するため、障害物の影響を受けにくい「2.4GHz帯」がおすすめとされていますが、対応している機器が多いため2.4Ghz帯は電波が混雑しているなどの問題点もあります。

また、マンションなどの集合住宅では無線LANのアクセスポイントが乱立状態になりやすいため、快適にWi-Fiを楽しむなら、「5Ghz帯」がおすすめです。

5Ghz帯は使用できるチャンネルが19あり、家電製品やBluetoothによる電波干渉もなく、また、チャネルを占有できるため、インターネットを快適に楽しむためのおすすめの周波数帯域と言えるでしょう。

無線LANルーターの選び方⑤:通信規格

無線LANルーターの通信規格は複数存在しますが、「高速で電波の干渉が少ない規格を選ぶ」ことが一番のポイントになります。

電波干渉とは、電子レンジなどの一般家電やBluetoothなどの電波干渉によって、インターネット通信に影響を及ぼし、電波干渉が大きければ大きいほど、それだけ高速通信に影響を及ぼします。

よって、無線LANルーターの通信規格を選ぶ際は、電波干渉が少ない「11ac」以上がおすすめです。

電波干渉が少ない通信規格には「11a」、「11n」などもありますが、これらは最大通信速度が弱いため、電波干渉が少なく、高速通信を維持するのであれば、やはり「11ac」、「11ad」の通信規格に対応した無線LANルーターがおすすめです。

無線LANルーターの設置方法

無線LANルーターの設置方法や設置場所によって、電波に影響を与えることがあり、それによって通信速度にも影響を及ぼすことがあります。

主な設置方法

  • 縦置き
  • 横置き
  • 壁掛け

 

設置場所のポイント

  • 家電製品から離れた位置
  • 床に直接置かない
  • 物が多い場所は避ける
  • 部屋の角は避ける

これらのポイントを踏まえて設置場所を考え、また、その設置場所に適した設置方法で、無線LANルーターの設置方法や設置場所を決めましょう。

無線LANルーターのおすすめ

ここからは、現在売れ筋の無線LANルーターをいくつか紹介していきます。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-2533DHPL 11ac

大容量を短時間で転送する高速規格「11ac (5GHz) 」に対応したバッファローの無線LANルーターです。

無線引越し機能を搭載しているので、お引越しの際などの設定変更も不要で、新規で取り付けた際もスマホの専用アプリで簡単に設定できます。

全ポートGiga対応なので、大容量データを高速通信することができ、安心して快適にインターネットを楽しむことができます。

NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ(親機)

スマートライフの新基準安定通信機能搭載 4ストリームプレミアムモデルで、ワイドレジアンテナを搭載しているので、スマホにも適していて、1733MbpsのギガスピードWi-Fiを堪能できる無線LANルーターです。

快適通信エリアも従来の無線LANルーターと比較し、約21%拡大しているので、さまざまな設置場所にも対応できます。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WCR-1166DS 11ac

2LDKなどのワンルームマンションに適したコンパクトタイプの無線LANルーターで、初めての一人暮らしの方や、スマホをよく使われる方などにおすすめです。

11acデュアルバンド対応で安定性の高い高速通信をユーザーに提供し、コンパクトサイズなので設置場所を気にせず、インテリアの邪魔にもなりません。

対応の専用アプリを使用すれば、ガイダンスの指示に従うだけなので、初期設定も簡単に行うことができます。

無線LANルーターについてのまとめ 

  • 無線LANルーターの寿命は3~4年を目安として、症状をしっかりと確認して、買い換えや修理の検討をしましょう。
  • 通信規格は、高速で電波の干渉が少ない規格を選ぶことを前提として、11ac以上の通信規格の無線LANルーターを選びましょう。
  • 通信環境や通信速度などの快適さを考えた場合、間取りや通信機器の位置を確認し、それに適した設置場所や設置方法などを考えましょう。