ここでは、知っておいて損はしない、SSDとHDDのそれぞれの特徴や長所と短所、おすすめ製品などを紹介していきます。

スマホやタブレット、PC売り場などで、必ず登場するのがこのHDDとSSDなのですが、両者の違いが分からない人も少なくないでしょう。

この記事を読むことで、pcやSSD・HDD購入の検討が出来ます。

そもそもHDDってなに?

HDDとは、「hard disk drive(ハードディスクドライブ)」から頭文字も取った略語で、磁性体を塗布した円盤(ディスク)を高速回転させることで、情報の記録と読み出し行う補助記憶装置のことを言います。

ディスク自体が硬い素材で作られていることから、ハードディスクドライブと呼ばれるようになりました。

HDDの長所は容量の多さと使用できる期間の長さ

HDDの長所には、以下の点があげられます。

  • 記憶容量が大きい
  • 長期保存に適している

記憶容量が大きいため、ユーザーが必要な容量を選択する幅が広く、また容量単位の価格が安いことも長所です。

またHDDは、書き換え可能回数も多いことから、データの長期保存にも適していると言われています。

HDDの短所は電力の大きさと脆さ

長所がいくつかあるHDDですが、短所もいくつかあります。

  • 消費電力が大きい
  • 衝撃や熱に弱い

耐衝撃と耐熱性が低いことが、HDDの一番の短所です。HDDを使用するにはディスクを高速回転する必要があるため、外部からの衝撃や熱に弱いです。

高速回転を必要とするため消費電力が高く、それに伴ってHDD自体からも熱を発するため、使用する上での短所と言えるでしょう。

HDDがおすすめの人は多くの容量とコスパを求める人

HDDの長所と短所を考えた場合、以下のような人がHDDにおすすめです。

  • 幅広いスペックからPCを選択したい人
  • 大量のデータ管理をされる人
  • コスパを求める人

hddレコーダーの安いのって大丈夫?HDDレコーダーのポイント解説
外付けHDDってどうやって使うの?起動しない場合の対処法とおすすめ商品

そもそもSSDってなに?

SSDとは、「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の頭文字を取った略語で、HDDと同様に記憶装置の一種です。

HDDに比べ記憶容量が小さかったことから、一般的にあまり使われることはありませんでしたが、現代ではSSDの記憶容量も大きくなったことから普及し始めました。

SSDの長所は耐久性の高さと速度の速さ

SSDの長所には以下の点があります。

  • 耐久・耐熱性が高い
  • 読み書きの速度が速い

耐久・耐熱性に優れていること、読み書きの速度が速いことが、SSDの大きな長所です。

HDDよりサイズが小さくて軽く、形状もさまざまなため、コンパクトサイズのPCにもよく使われており、作動音もHDDに比べ音が小さいことも長所です。

消費電力も少なく、バッテリーが長持ちすることも長所と言えます。

SSDの短所は容量の小ささと単価の高さ

SSDの短所は以下の通りです。

  • 容量が小さい
  • 容量単価が高い

HDDとの比較になりますが、HDDと比べまだまだ容量が小さいこと、容量単価もHDDと比べ高いこと、これらがSSDの短所です。

SSDがおすすめな人は作業効率を求める人

SSDの長所と短所を考えた場合、以下のような人がSSDにおすすめです。

  • 外出先などでノートPCを使われる人
  • 読み書きの速度を活かして作業効率を上げたい人
  • 容量よりも効率を優先させたい人

ssd搭載ノートPCってなに?SSDとはなにか おすすめ製品

SSDの寿命・容量不足などの短所は減ってきている

上記でもあったように、SSDはHDDと比べるといくつかの短所がありますが、近年では容量不足の解消や、寿命が長くなったことなどの短所が減ってきています。

Intel SSD545s SSDSC2KW256G8X1

抜群の安定性と高い品質で有名なインテルのSSDで、容量は128・256・512GB・1TBからの選択が可能です。

読み込み速度は550MB/s、書き込み速度は500MB/sと処理速度も速く、5年の保証期間が付いていることも魅力的です。

HDDとSSDそれぞれの選び方のコツ

選び方のコツ①:使用目的や用途に応じた容量

HDDとSSDは、どのような用途や目的で使用するかによって選び方は異なります。動画や写真を多く保存する場合は1TB程度は必要です。

動画や写真はデータ容量が大きいため、500GBだと、古いデータの削除が必要になってきます。ストレスなく利用するためには、SSDやHDDともに1TB程度の容量が必要でしょう。

これらの保存を目的とする場合は、HDD・SSD共に1TB以上の容量は必要になります。

動画や写真の画質によってもデータ容量は変わりますが、動画や写真をメインで端末を使用する場合は、保存容量が多いにこしたことはありません。

音楽だけの場合であれば、映像と比べ使われる容量が少ないため、1TBも必要ありません。

またビジネスをメインに使われる方であっても、エクセルファイルやワードファイルは音楽の1曲当たりのデータよりも小さいため、スペックが小さいHDD・SSDであっても十分に対応できます。

選び方のコツ②:HDDは耐久性や耐熱性で選ぶ

HDDは上記にもあったように高速回転を必要とするため、耐久性と耐熱性が低くなるといった特性があり、消費電力が高くなるため、HDD自体も熱を発します。

HDDは端末のデータをメインで保存するため、耐久性や耐熱性に対策をしていない製品を使ってしまうと、破損時に大事なデータを失ってしまう可能性があります。

HDDを販売するメーカーによっては、その製品の故障率を記載しているところもあるので、故障率が5%未満で、できるだけ0に近い製品を選ぶとよいでしょう。

選び方のコツ③:SSDを選ぶ場合はインターフェイスを見る

インターフェイスとは、SSDとパソコンを接続する規格のことで、現在のSSDで主流となっているのは、SATAケーブルで接続するタイプで、種類も豊富にあります。

しかし中には旧式タイプの「IDE」を採用したSSDもあるため、購入前にはインターフェイスのチェックを忘れず行いましょう。

HDDの低価格でおすすめの品

HDD:BUFFALO ポータブルHDD 1TB HD-PCFS1.0U3-BBA

PC周辺機器でお馴染みの「BUFFALO(バッファロー)」から発売された外付けHDDです。

1.0・2.0・4.0TBの選べる大容量と、すぐに使えるUSB接続など、使い勝手が良く性能に優れた製品です。

HDDの主要メーカーごとの代表製品3選

ウェスタン・デジタルはHDDの主要メーカー

元々はアメリカの半導体メーカーであり、HDDのコントローラーチップなどの生産を主に事業を展開し、HDDメーカーの買収を経て、一気にHDDの主要メーカーとなりました。

WD Red NAS用 WD80EFAX 5400rpm 

HelioSeal技術を採用する事により大容量、低消費電力を実現したシリーズで、NASシステムに最適化された仕様となっており、ウェスタン・デジタルのベストセラーです。

シーゲート・テクノロジーは老舗HDDメーカー

アメリカのHDDメーカーで、1990年代から2000年代までのHDDの生産量は、世界でトップのシェアを誇っていました。マックストアやサムスン電子のHDD事業買収したことも有名です。

Seagate BarraCuda 3.5″ ST4000DM004

ゲーム、音楽、ムービーなどの保存に最適なHDDで、先端技術により読込み・転送速度が加速など、ハイパフォーマンスを実現した代表的製品です。

東芝ストレージデバイスは国内唯一のHDDメーカー

上記の2大メーカーに対抗できる、国内随一のHDDメーカーで、東芝のHDD事業と、富士通のHDD事業とを統合して設立された国内唯一のHDDメーカーでもあります。

モバイルパソコンなどで使われている、1.8インチサイズのHDDにおいては、世界でもトップのシェアを誇ります。

TOSHIBA キャンビオ AeroCast  Canvio HDTU110EKWC1

ポータブルタイプの1TBストレージHDDで、Apple・AndroidやWindowsに対応し、スマートフォンとパソコンでのデータ共有が可能で、wi‐fi接続にも対応しています。

SSDの主要メーカーごとの代表製品3選

サムスンはゲームユーザーからの支持が高い

スマホやタブレットなどで有名な韓国代表するメーカーで、4TBサイズの大容量SSDも多く販売されており、PCゲームユーザーからの支持が高いメーカーでもあります。

Samsung  MU-PA1T0B/IT

高速データ転送を可能にしたSSDであり、既存の外付けHDDの最大4.9倍の速度が特徴的で、家庭用ゲーム機であるPS4にも対応しています。

インテルは性能とラインナップが特徴

PCのCPUにおいては欠かせないメーカーであり、質と性能が高い優れたSSDを多く販売しています。最大容量8TBや耐久性が優れたものまで、ラインナップも豊富です。

INTEL  S4500 シリーズ S4510 SSDSC2KB960G801

電力と冷却を削減し、それによってエネルギー効率が3.2倍向上した960GBのSSDです。

「TLC インテル® 3D NAND テクノロジー」を採用したことにより、サーバー 1 台あたりの処理性能を高めるので、リード処理中心のワークロードにも最適です。

サンディスクはラインナップと多くのユーザーが特徴

フラッシュメモリカードの分野でトップシェアを誇るメーカーであると同時に、SSD関連製品でも多くのユーザーから支持を得ています。

製品自体のラインナップも豊富で、PCゲームユーザーからビジネスユーザーまで、幅広く利用することができます。

SanDisk  SDSSDH3-1T00-J25

シーケンシャル読出し速度が最大560MB/s、シーケンシャル書込み速度が最大530MB/sと、読み書きの速度が非常に優れたSSDで、PCの起動を短縮し、また、ゲームやグラフィックスを高速化します。

HDD・SSDの解説とおすすめについてのまとめ

  • HDD・SSDは共にPCなどで必要となる、データ保存には欠かせない記憶装置です。
  • HDD・SSDは共に記憶装置ですが、保存容量やデータ速度など、それぞれ長所と短所が異なるので、使用用途や目的に応じてどちらかを選びましょう。
  • HDDとSSDを得意とするメーカーはそれぞれ異なるため、製品に選びに迷った際は、メーカーの特徴や長所も選択肢に入れるのも、一つの方法です。