ノートパソコンは、プライベートに限らずビジネス用としても重宝している方が多いです。

資料作成などの負荷が軽い作業から動画の視聴や作成・プログラミングなど、ノートパソコンの用途は色々あります。

また、使用方法が多様化するにつれて、ハイスペックなノートパソコンが増えています。特に処理速度を重視する方は、HDDではなくSSDが搭載されているノートパソコンを選ぶ傾向があります。

SSDのストレージを搭載したノートパソコンなら、負荷のかかる作業を快適にすることが可能です。一方、今までの主流がHDDだったので、まだSSDについて詳しく知らない方も少なくありません。

SSDの特徴などを知ることによって、よりノートパソコンの選択肢が広がります。そこで今回は、SSDについて詳細を説明します。

おすすめのSSD搭載ノートパソコンも紹介するので、是非参考にしてください。

SSDとはデータを記憶する装置のこと

SSDは、ソリッド・ステート・ドライブの略です。

HDDと同様、パソコン内部に搭載されており様々なデータを記憶する装置となっています。記録する主なデータは、写真・動画・音楽・作成した資料などです。

SSDのメリットはデータの読み込みが静かで高速

SSDの最大のメリットは、物理的な動作をせずデータの読み込みが静かで高速なことでしょう。SSDは、HDDと違いフラッシュメモリを使用しているため上記のようなメリットがあります。

ですから、なるべく作業の処理速度を速くしたい方は、SSDが搭載されたノートパソコンが最適です。また、SSDのメリットは高速な処理ができる点だけではありません。

他に挙げられるメリットは、「衝撃に強い」「小型で軽量なボディ」「消費電力が少ない」ことです。簡単に上で述べたメリットについて、説明します。

HDDは、衝撃によって動作する場所が破損することも珍しくないのに対し、SSDには物理的な動作がありません。

ですから、耐衝撃性が必然的にHDDより高くなると言えます。それに加えて物理的な動作をしないことにより、消費電力も少なくすみます。

そして軽量でコンパクトなのは、物理的な動作・構成される部品が少数、金属で密封する必要がないことが理由です。

上記のメリットをまとめるとSSDストレージを使用することで発生するメリットは、物理的な動作をしないことが大きく関係していると言えます。

SSDとHDDの違いは容量

SSDとHDDは、それぞれにメリットがあります。例えばSSDなら、「消費電力が低い」「耐衝撃性」「高速で静かなデータ処理」などが主なメリットです。

一方、HDDのメリットは、「大容量」「単価が安い」などが挙げられます。SSDは、HDDと比べて容量が小さく単価が高いのが一般的です。

HDDは、耐衝撃性がSSDより弱いと言われています。

この違いを考慮してOSの起動時間・さくさくした動作を理想とするならSSD、安価で大容量なのを求めているのであれば、HDDを選びましょう。

また、製品によって2つのストレージが搭載されているのもあるので、要チェックです。ただし、HDDも搭載しているノートパソコンだと動作が少し重くなることもあります。

HDDよりSSDの寿命の方が長い

HDDの寿命は、約3~4年・SSDの寿命は、約5年とされています。

もちろんデータの読み書きの頻度が多い場合だと、さらに劣化しやすくなるでしょう。

意外と寿命が短いため、定期的なデータのバックアップやクラウドストレージの保存など対策をすることが大切です。

メモリとSSDの関連性

SSDの空き容量は、メモリの容量が増加するほど減ると言う事実があります。

何故なら、仮想メモリや休止した際のデータ退避用にSSD内部の一部領域を確保する必要があるためです。

例えば、SSD容量が120GB・メモリ容量8GBだとSSDの空き容量が約75GBとなります。

つまり、大容量のメモリが搭載された製品だと容量不足になる可能性が高くなる、と言えます。ですから、メモリが大きい製品を選ぶ場合、その分大容量のノートパソコンを選ぶことが必須です。

特にメイン用として使うなら、SSDの容量が256GB以上あるほうが無難です。製品によってHDDとSSDの両方を備えたのも存在するため、購入前に確認しましょう。

HDDよりSSDは処理速度が早い

処理速度は、SSDの容量の大きさに起因しています。SSDは、空いているスペースにデータを移動した後にデータを保存する仕組みです。

この仕組みによって、必然的に大容量のSSDのほうが処理速度が上がると言えます。ですので、処理速度を重視している方は、SSDの容量が大きい製品がおすすめです。

ただし、容量が大きいほど高価になるので注意しましょう。

SSDの価格帯とおすすめの容量

SSDの価格は、容量の大きさと関係しています。基本的に、SSDの容量が大きいほど高価格になるので留意しましょう。

また、HDDと比べると、同じ容量でもSSDを搭載しているノートパソコンのほうが高いです。ミドルクラスのSSD搭載ノートパソコンなら価格帯は、10万円前後が目安となります。

ミドルクラスよりハイスペックなノートパソコンの場合、20万円を超えることもあります。後から後悔しないように予算との兼ね合いを忘れないようにすることが必須です。

安価なSSD搭載のノートパソコンを選ぶ際は、HDDやクラウドストレージを利用しましょう。

そして、容量が小さすぎるとクラウドストレージを使っても余裕が持てない可能性が高いので、なるべく256GB以上あるSSD搭載ノートパソコンがおすすめです。

おすすめのSSD搭載ノートパソコン

おすすめのSSD搭載ノートパソコンを紹介します。

Lenovo(レノボ) ThinkPad E480

価格は、105378円です。

この製品は、SSDのストレージだけでなくインテル製の最新プロセッサーまで搭載しています。基本的なスペックが高いので、動作が快適で負荷のかかる作業もさくさくこなすことが可能です。

また、見やすい14インチサイズ・デザインがスタイリッシュなど、見た目にもこだわっています。デザイン性、基本性能が優れた製品を探している方におすすめです。

Microsoft(マイクロソフト) Surface Laptop

価格は、182800円となります。

SSDなのに、ストレージが1TBとかなり大容量です。

メモリ容量も16GB、処理能力に特化したプロセッサーなど、値段相応の高いスペックを有しています。

また、最大バッテリー駆動時間が約14.5時間なので、外出先でも長時間の作業ができます。ビジネス用に基本性能が高いノートパソコンを探している方に、最適です。

SSDについてのまとめ

  • SSDとは、ソリッド・ステート・ドライブの略です。HDDと同様の記録媒体となります。
  • SSDの主なメリットは、「高速で静か」「衝撃に強い」「小型で軽量なボディ」「消費電力が少ない」なことです。物理的な動作をしないので、この4つのメリットが発生します。
  • HDDの寿命は、約3~4年・SSDの寿命は、約5年です。
  • メモリが大きいほど空き容量が減るため、SSDの容量が256GB以上あるのを選びましょう。また、SSDの容量は処理速度にも関係しています。
  • SSDノートパソコン(ミドルクラス)の価格帯は、10万円前後です。