写真や画像などを取り扱う際に、画面解像度と言う言葉を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

写真などをパソコンの待ち受けにしたり、画像を加工したりするときに解像度の知識があるとそれを活かすことができます。しかし、画面解像度について言葉は知っていても正確には知らない…という人も少なくありません。

解像度についての理解が意外と無い人は、多数います。特にDTP/Web制作をしている人などよく扱うからこそ、知っておいたほうが良いとも言えます。

また、それらをしていない人でも解像度について知っておくと日常生活でも十分活かせるでしょう。そこで今回は、画面解像度について焦点を当てて解説していきます。

そもそも画面解像度とはなにか?

そもそも画面解像度とは何なんだろう?と疑問に感じる人に向けて、画面解像度について説明します。

画面解像度は、絶対解像度とも呼ばれておりその画像をどのくらいの密度で構成しているかを数字で表しています。

1インチの中に対して、ピクセル(マス)がどの程度並んでいるかを示しており1インチあたりのピクセルの数が多ければ多いほど、画面解像度も高いです。

単位は、「dpi」で表示されています。1インチ(2.54センチ)にどの程度のドットを表現しているかを示しています。簡単に言うと、画面のきめ細かさを示している数字と言えます。

言い換えれば、ビットマップ画像の画素の密度を表している数値です。

画素について簡単に説明すると、パソコンなどで画像を加工したりする際に色情報(色調や階調)を持っている最小の単位・要素のことを指しています。
基本的に画素の密度が高いほど、画像が色鮮やかで綺麗になります。

また、ビットマップ画像の画素数を解像度と言います。そして、意外と知られていないのは解像度には二つの種類があることです。下記に二種類の解像度に関して紹介します。

相対解像度は1インチ当たりのドット数

相対解像度は、「dpi」単位で示されている解像度です。dpiは、1インチ当たりのドット数です。

使用用途は、主にディスプレイにある画像データの印刷・印刷物などをスキャナーでスキャンするときです。

絶対解像度は画像の大きさをピクセルで表したもの

ディスプレイ上の画像の大きさをピクセルを用いて表したものです。別名は、画面解像度となります。数字で表す際は、「500px × 500px」などと表示されます。

ディスプレイの大きさを示すときにも用いられている解像度です。基本的に、パソコンの画像をディスプレイに設定する場合だと絶対解像度(画面解像度)を使うことが多くなります。

解像度は画素数による

ウェブ上で表示されている解像度は、ディスプレイに表示されているピクセルの数量を表しており「画面解像度」とも呼ばれています。ディスプレイに表示される解像度(絶対解像度)は、横と縦のピクセル数で表しています。

単位を表示する場合は、「2560×1440」・「750×1334」で表現していることが多いです。計算する際は、総画素数(横×縦のピクセル数)で調べましょう。

例えば、350dpiの場合なら横350ピクセル×縦350ピクセルで合計122500ピクセルとされます。注意する点としては、ピクセル自体はディスプレイによって1ピクセルの大きさが変わることを知っておきましょう。

同じ画像でも、ディスプレイによって画像の大きさが変わるため加工する際は留意することが必要です。

また、画像編集ソフトで画像を作成する際は解像度を変更してもピクセル数を変えないと画質に変化はありません。

ですから、それらのソフトを使用するならピクセル数を2~3倍に変更するなどを忘れないようにしましょう。

パソコンの画面解像度を確認する方法

パソコンの画面解像度が気になる、と言う人も少なくありません。しかし、実際調べる方法を知らないから放置している人もいます。

パソコンのディスプレイの解像度は、基本的に自分の好みの大きさに設定することが可能です。

見やすい大きさに設定したい、単純に画面解像度が知りたいと言う人にパソコンの画面解像度を確認する方法を順番に説明を交えて紹介します。

デスクトップ上から確認できる

1.デスクトップの画面上で、何もアイコンがない場所を右クリックします。
2.表示されたメニューの中から、Windows7、Windows8/8.1の場合は「画面解像度」、Windows10なら「ディスプレイ設定」を押します。
3.画面の設定をするウィンドウが開いた後、解像度を確認しましょう。

 

コントロールパネルの設定からも確認できる

1.Windowsボタンをクリックした後「スタートメニュー」の中から「コントロールパネル」を選択すると、コントロールパネルが開きます。Windows10は、歯車のアイコンから設定をクリックします。
2.コントロールパネルが表示されたら、「画面の解像度の調整」を選択しましょう。Windows10なら、システムからディスプレイのアイコンを選びます。

解像度を変更した後は、変更を保持するをクリックします。

Windows 10で画面解像度を変更する方法

Windows10で画面解像度を変更する場合の方法を詳しく解説します。

Windows10の場合
1.Windowsボタン(スタートボタン)を押して、歯車のアイコンをクリックしましょう。
2.設定画面にアクセスします。
3.設定画面が表示された後、システムをクリックします。
4.ディスプレイの変更画面が表示されるので確認できます。

解像度を変更する場合なら、設定画面にアクセスしてドロップダウンから適宜解像度を選びましょう。

自分の好みの解像度に変更した後に、確認メッセージが表示されるので「変更を保持する」を選択します。基本的に、他のWindowsと設定の仕方に変化はありません。

16:9の縦横比の画面解像度一覧

ディスプレイの画面解像度は、16:9がスタンダードです。パソコン以外にも、スマートフォンやカーナビなどがあります。

16:9の縦横比は色々あるため、初心者でも分かりやすいようにどんな画面解像度があるかをまとめたので参考にしてください。

・QVGA(ワンセグ)縦×横 320×180 総画素数 57,600
・FWVGA (フルワイドVGA) 縦×横 854×480 総画素数 409,920
・WSVGA (ワイドSVGA) 縦×横 1024×576 総画素数 589,824
・iPhone 5、5S、5C 縦×横 1136×640 総画素数 727,040
・HDTV(エイチディーティヴィー) 縦×横  1280×720 総画素数 921,600
・FWXGA(フルワイドXGA) 縦×横  1366×768 総画素数 1,049,088
・FHD(フルエイチディー、フルハイビジョン) 縦×横 1920×1080 総画素数 2,073,600
・QWXGA (クアッドワイドXGA) 縦×横 2048×1152 総画素数 2,359,296
・WQHD (ワイドクアッドエイチディー) 縦×横 2560×1440 総画素数 3,686,400
・WQHD+ (ワイドクアッドエイチディープラス) 縦×横 3200×1800 総画素数 5,760,000
・4K(UHD、ウルトラエイチディー) 縦×横 3840×2160 総画素数 8,294,400
・8K(スーパーハイビジョン) 縦×横 7680×4320 総画素数 33,177,600

画面解像度についてのまとめ

  • 画面解像度とは、別名絶対解像度と呼ばれています。一般的にディスプレイ上の画像の大きさを表しています。
  • ディスプレイに表示される総画素数(横×縦のピクセル数)で画面解像度は表示されます。
  • パソコンのディスプレイを確認する場合、Windows7、Windows8/8.1「画面解像度」、Windows10「ディスプレイ設定」を選択します。
  • Windows7、Windows8/8.1なら右クリック、Windows10ならスタートボタンから変更が可能です。
  • 16:9の縦横比の画面解像度は、12種類あります。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ