ステレオミキサーという名前だけを聞いたことがある方も多いでしょう。ステレオミキサーは、PCの音声の録音を行ったり、配信する機能のことです。通称、ステミキとも呼ばれています。

ステミキ機能を使うことによって、ライブ配信の際にPCで音を流したり、PCから出ている音を録音して音を管理できたりなど、様々なことが可能です。

ここでは、ステレオミキサーの用途や選び方などの解説や、おすすめのステレオミキサーを紹介していきます。

ステレオミキサーが役に立つ場面

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのステレオミキサーメーカー

ステレオミキサーは、「PC内部で流れている音」と、「マイクから取り込んだ音声」をミックスするための機能です。

例えば、ゲームや動画を配信する際、「PC内部で流れている音」と、「マイクから取り込んだ音声」、通常はどちらかの音しか配信画面に乗せることができません。

マイクを繋げれば、マイクで拾った音声を配信画面に乗せることができますが、ステレオミキサーを使っていない標準の状態では、どちらかの音しか配信画面に乗せることができません。

しかし、ステレオミキサー機能を使った場合は、これら二つの音をミックスし、一つの音声として配信画面に乗せることができるため、ゲーム実況や動画配信の際は大いに役立ちます。

ステレオミキサーで広がる世界

ステレオミキサーを使えば、普段使っているPCやゲームなどでも、これまでできなかったことができるため、PCの可能性を最大限に引き出して一気に世界が広がりますよ。

下記では、ステレオミキサーによって広がる世界を紹介いたします。

ライブ配信でPCの音を流せる

ステレオミキサーを使えば、スピーカー音とマイク音をミックスすることができるため、ゲーム実況や、歌やダンスなどのエンターテイメントをライブ配信できます。

自分の作品や可能性を外に向けて発信できる点は、ステレオミキサーの大きなメリットと言えるでしょう。

PCから出ている音の全てが録音可能で音楽制作もできる

ステレオミキサーはPCから出ている音を録音し、それぞれの音をPC上でミキシングできるので音楽制作にもおすすめです。

キーボードやギターなど様々な音源をミックスできるため、より高度な音楽制作を楽しめ、作った曲をライブ配信などにも使えます。

楽器音や音楽だけではなく、ゲームの効果音や音声など、PCで再生できる音は全て録音ができるため、バリエーション豊富な音の組み合わせも楽しめますよ。

Skypeの通話相手にPCの音を流せる

ステレオミキサーはライブ配信や音楽制作だけではなく、Skypeの通話相手に音を流すことができるため、音楽などを通話相手と共有することができます。

音楽だけではなく、ライブ配信や実況などに使う効果音なども流すことができるため、グループで動画製作している方などにとっては、Skypeを使った打ち合わせなどにも便利です。

ステレオミキサーが有効かを確認する方法

確認方法はPC画面右下の「スピーカーアイコン」を右クリックし、「サウンド」→「録音タグ」の順に選択します。

録音タグのページ内に「マイク」のアイコンが表示されるので、それを確認し適当な位置で右クリックを行います。

右クリックを行うと「無効なデバイスの表示」「切断されているデバイスの表示」と表示されるので、このどちらにもチェックを入れましょう。チェックを入れるとストレオミキサーのアイコンが表示されるので、アイコンを右クリックし「有効」をチェックします。

これらの動作でステレオミキサーを使用することができますよ。

ステレオミキサーの機能を使う際の準備方法

PCに搭載されているステレオミキサー機能が確認できれば、次はステレオミキサー機能を使うための準備をしましょう。

マイクを使用する場合は3.5mmステレオミニプラグのマイク

USBマイクは使用できないため、自分の声などを使いたい場合は、3.5mmステレオミニプラグ接続のマイクの用意が必要です。

スピーカーをデバイスに設定する

PCモニターの内蔵スピーカーから音を出している場合、ステレオミキサーの機能が使えないため、スピーカーを「既定のデバイスとして設定」する必要がありますよ。

設定方法はPC画面右下の「スピーカーアイコン」から、「サウンド」→「再生」をクリックし、スピーカーアイコンにチェックが付いているかを確認し、チェックがなければスピーカーアイコンを右クリックして「既定のデバイスとして設定」を選択しましょう。

ステレオミキサーの種類と選び方

ここからは、ステレオミキサーの種類と選び方を順番に紹介いたします。

ステレオミキサーの種類

ステレオミキサーは、周辺機器ではありません。PCに搭載されたスピーカー機能となっています。

しかし、ステレオミキサーがPCに搭載されていない場合や、より高度な音や音楽を再生したりミックスしたい場合などには、後付用のステレオミキサーもありますよ。

本格的な音楽制作などに使えるステレオミキサーや、USB接続で持ち運びがしやすいステレオミキサーなど様々な種類があります。

ステレオミキサーの選び方

用途や目的に応じて、それに適した機能を持つステレオミキサーを選ぶことが大事です。

音楽制作を楽しみながら高度な音楽を配信するのであれば、それに見合った性能や機能を持っているステレオミキサーが必要となります。バックアップの充実度や持ち運びしやすいものであればUSB式のステレオミキサーなど、目的や用途に応じて選ぶ商品は異なるでしょう。

おすすめのステレオミキサーメーカー

ステレオミキサーを販売している主なメーカーを紹介いたします。

YAMAHA(ヤマハ)

国内で最も知られる楽器メーカーで、ステレオミキサーにおいても高水準の商品を多く手掛けています。

ステレオミキサーは外国製のものが多いため、英語表記の取扱い説明書が多いですが、YAMAHAの場合は日本語表記の説明書なので初心者の方にはおすすめです。

MACKIE(マッキー)

アメリカのオーディオ機器メーカーで、社名となっている「MACKIE」は、プロフィッショナルを意味します。

パワースピーカーやモニタースピーカーなど、多くのスピーカーを手掛けており、ステレオミキサーにおいても質の高い高性能製品を豊富に取り揃えていますよ。

クリエイティブメディア

クリエイティブメディアは、シンガポールに本社を置くマルチメディア機器製造企業クリエイティブテクノロジーが運営する日本法人です。

Sound Blasterと呼ばれる独自開発のサウンドカードは、PCIバス・PCI Expressバス接続型からUSB接続型までラインナップを豊富に揃えています。

おすすめのステレオミキサー

下記では、おすすめのステレオミキサーをいくつか紹介していきます。

MACKIE マッキー 超コンパクトアナログミキサー MIX5 国内正規品

実績のあるハイヘッドルームと低ノイズを実現した5チャンネルコンパクトミキサーで、スタジオレベルのハイパフォーマンスを実現します。

ボリューム調整が可能なヘッドホン端子、持ち運び可能な超コンパクトサイズなど、高いコストパフォーマンスが魅力的です。

MACKIE マッキー アナログミキサー 402VLZ4 国内正規品

放送局ミキサーレベルに改善された周波数プロテクトを搭載したアナログミキサーです。

防塵性に優れた密閉型ロータリーポット、傷に強いパウダーコート仕様など、耐久性にも優れています。

ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03

インターネット配信時に便利なループバック機能を搭載したステレオミキサーで、インターネット配信時にマイクの音量を手元で直観的に調節できます。

マイク入力端子、ギターやベース、キーボードを接続できる入力端子など、様々な接続に対応していますよ。

ヤマハ YAMAHA ミキシングコンソールMG10XUF

直感的で使いやすいインターフェースを備えたMGシリーズのミキシングコンソールMG10XUFです。

プロフェッショナル用コンソールにも使用されている技術を組み込んだ高性能ミキサーで、性能だけではなく、デジタルプロセッシングを装備し、信頼性の高い耐久性も実現しました。

ヤマハ YAMAHA ミキシングコンソールMG10XUF
created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥27,068(2019/09/15 21:10:11時点 Amazon調べ-詳細)

Maker hart Loop Mixer 5 チャンネルステレオ音声ミキサー

最大5つのステレオ入力と、10つのモノラル入力が可能なミキサーで、他の機器の音量の監視と調整も自由に行うことができます。

ライブ配信やゲーム実況はもちろん、バンド練習や音楽教室などにもおすすめのミキサーです。

Maker hart Just Mixer 5 ステレオ5 入力音声ミキサー/Bluetooth オーディオ入力対応

最大5つのステレオ入力が可能なミキサーで、PCへのUSB出力が追加され、それによって複数のオーディオ機器の出力をまとめるのも可能になりました。

本体自体の価格帯も安めに設定されていて、それでいて機能性も高いことからコスパにも優れており、初心者の方にもおすすめです。

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro USB オーディオインターフェース SB-XFI-SR51P

質量14gの超小型ステレオミキサーで、手軽に5.1chサラウンド環境を構築できる大人気のSound Blasterです。

ネット放送やインターネットカラオケに便利な再生リダイレクトも可能なので、音を使って幅広いPCエンターテインメントを楽しむことができます。

まとめ

  • ステレオミキサーは一般的なPC周辺機器とはことなり、PCの機能の一つとして扱われることが多く、PC内部の音とマイクなどで拾った音声など、複数の音源を一つにすることを目的としています。
  • ステレオミキサーを使うことにより、ライブ配信や音楽制作、Skypeなどでの音の共有など、幅広いシーンで音を楽しむことができます。
  • ステレオミキサーを購入の際は、最初に使用しているステレオミキサー機能を確認し、使う準備を行ってから、用途や目的に応じたステレオミキサーを購入しましょう。