カメラで撮影をする際、その被写体をはっきりと撮影する方法を「接写」と言い、接写はより明確に被写体を撮影する方法として、注目されている撮影方法です。

ここでは「接写」に関する基本情報や、それに適したカメラの選び方やおすすめ商品を紹介していきます。

接写とはそもそもなにか

接写とは「マクロ撮影」「接近撮影」などとも呼ばれていて、花や昆虫など、小さな被写体を撮影する時によく使われる撮影方法です。

接写は至近距離で撮影を行うため、背景や前景がボケるようになるため、接写を用いて被写体を撮影する場合は、接写用にピントを合す必要があり、専用レンズの使用や、専用の撮影機材、マクロ・接写モードを搭載したカメラが必要になります。

接写の仕方

接写を用いて綺麗に撮影するためには、スマホカメラやデジカメに搭載されている「マクロモード」を活用することがポイントになります。

マクロモードとは、スマホカメラやデジカメを使用の際によく目にする「チューリップのアイコン」がそれになります。

スマホカメラやデジカメをマクロモードに切り替えることによって、ピントを合わせやすくなり、接写を用いて被写体を綺麗に撮影することができます。

スマホの中にはマクロモードが非搭載のものもありますが、マクロモードが搭載された専用のアプリも多く配信されているので、スマホのもともとの機能にマクロモードが無い場合は、専用のアプリで対応しましょう。

接写に強いカメラの選び方

次に、接写に強いカメラの選び方を、項目別に解説していきます。

機能でカメラを選ぶ

上記にもあった「マクロモード」が搭載されているカメラを選ぶことが、接写を目的とした場合、非常に重要になり、マクロモードの搭載は必須と言えます。

現在市販で販売されているカメラのほとんどはマクロモードが搭載されていますが、カメラを選ぶ際は一応確認しておきましょう。

最短撮影距離でカメラを選ぶ

製品情報の欄に「最短撮影距離」というものがあり、マクロモードに切り替えて接写を行う際に、カメラと被写体との距離が、どの程度ピントの合った状態でいられるかを示すものになります。

つまりあらかじめ「最短撮影距離」を確認しておけば、接写の際に被写体にどれほど近づけるかの目安にもなります。

レンズサイズでカメラを選ぶ

撮影方法に関わらず、カメラの性能を決める基準はレンズにあると言われています。

写真のクオリティは接写など撮影方法に関わらず、レンズの大きさがそのクオリティを決めると言われていて、レンズは大きいサイズのものの方が良いとされています。

取り扱いや、撮影者にあったサイズのレンズも一つの選び方ではありますが、写真のクオリティを取るのであれば、レンズサイズは大きいものを選びましょう。

販売メーカーでカメラを選ぶ

カメラを選ぶ際に、それを発売するメーカーも選ぶポイントになります。

有名どころのメーカーで言えば、「キャノン」「ニコン」が接写に強いデジカメを多く発売していて、他には「富士通」「ソニー」なども高品質のカメラを多く発売しています。

信用のできるメーカーを選んでカメラを購入すれば、安心してカメラを使用できるので、メーカー選びもカメラ選びのポイントとしておさえておきましょう。

接写に強いコンパクトデジタルカメラのおすすめ

以下は接写に強い、おすすめのコンパクトデジタルカメラです。

CANON IXY200

  • メーカー キャノン
  • サイズ 2×54.3×22.1mm
  • 電源 専用リチウムイオン充電池
  • 画総数 2000万
  • 最短撮影距離 23×18mm(W) 225×169mm(T)

キャノンのコンパクトデジタルカメラで、フル充電時であれば200枚の写真撮影が可能です。

オートズーム機能、高速フォーカスなどの機能性はもちろん、「デジタルIS」「ポートレート」「ローライト」「魚眼風」「ジオラマ風」などといった、多彩な撮影モードも搭載していて、使いやすくて、バラエティ豊かなコンパクトデジタルカメラです。

created by Rinker
キヤノン
¥11,190(2019/03/18 21:52:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キヤノン
¥16,700(2019/03/18 21:52:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キヤノン
¥10,790(2019/03/18 21:53:00時点 Amazon調べ-詳細)

CANON PowerShot SX620HS

  • メーカー キャノン
  • サイズ 9×56.9×27.9mm
  • 電源 専用リチウムイオン充電池
  • 画総数 2020万
  • 最短撮影距離 28×21mm(W) 69×52mm(T)

撮影した写真や動画をその場でPCやスマホへ転送できるWi-Fi対応のコンパクトデジタルカメラで、1度のシャッターで、構図や色を変えた撮影ができる「クリエティブショット」を搭載しています。

手ブレを抑える「デジタルテレコン」や、自動ズームの「オートズーム」など、機能性も豊かで、また軽量薄型ボディーなため、大変使いやすいコンパクトデジタルカメラです。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥22,100(2019/03/18 21:53:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キヤノン
¥26,200(2019/03/18 21:53:01時点 Amazon調べ-詳細)

NIKON COOLPIX A900

  • メーカー ニコン
  • サイズ 113×5×39.9mm
  • 電源 専用リチウムイオン充電池
  • 画総数 2029万
  • 撮影距離範囲 約50cm~∞(広角側) 約0m~∞(望遠側)

手のひらサイズの光学35倍ズームのコンパクトデジタルカメラで、Wi-Fi、Bluetoothにも対応しているので、撮影した写真や動画をその場で、スマホやPCに送信して保存することができます。

自分撮りや4K UHD動画も楽しめる、気軽に使えて、本格的な写真を楽しめる、デジタルコンパクトカメラです。

created by Rinker
キヤノン
¥26,239(2019/03/18 21:53:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥22,100(2019/03/18 21:53:02時点 Amazon調べ-詳細)

接写に強いカメラのおすすめ

以下は接写に強い、おすすめの一般的なデジタルカメラです。

NIKON D3400

  • メーカー ニコン
  • サイズ 124×98×75.5mm
  • 電源 リチャージャブルバッテリー ACアダプター
  • 画総数 2416万

お持ちのスマホに常時接続することで、撮影した画像を自動転送してくれる、一眼レフデジタルカメラです。

Wi-Fi非対応ですが、Bluetoothでスマホに常時接続することができるので、撮影した大切な写真をその場で保管でき、また軽量で使いやすいのでカメラ初心者の方にもおすすめです。

CANON EOS 80D

  • メーカー キャノン
  • サイズ 139×105×78mm
  • 電源 バッテリーパック
  • 画総数 2420万

快適操作で扱える一眼レフデジタルカメラで、最大の特徴である「オールクロス45点AF」は、動きのある被写体や小さな被写体でも、思い通りの構図でとらえることができます。

搭載されている「AIサーボAF」は非常に優れていて、動き回る被写体を追いかけ、絶妙にピントを合わせて、綺麗な撮影を実現します。

ドライブモードも搭載されていて、最高約7コマ/秒の高速連続撮影で、クオリティの高い撮影を可能にします。

SONY α5100 パワーズームレンズキット

  • メーカー ソニー
  • サイズ 109×62×35mm
  • 電源 リチャージャブルバッテリーパック
  • 画総数 2430万

ソニーが発売する薄型軽量の一眼レフデジタルカメラで、高速AFと高画質を両立したタッチパネル搭載が特徴的です。

撮りたい被写体に画面上で触れるだけで、かんたんにシャッターが切れる「タッチシャッター」機能を搭載しているので、カメラの扱いが苦手な方でも簡単に撮影することができます。

また撮影機能も多数搭載されているので、状況に合わせた写真撮影も楽しむことができます。

接写に強いカメラ まとめ

  • カメラ選びの一番のポイントは、接写などの撮影方法に関わらず、レンズサイズが大きいカメラを選ぶのがポイントです。
  • カメラタイプも、「コンパクトデジタルカメラ」「一眼レフデジタルカメラ」など、拘りや使いやすさを考慮して選びましょう。
  • 製品情報の「仕様」に記載されている「最短撮影距離」は接写距離の目安になるので、撮影前に確認することがポイントです。
  • カメラを購入する際は、そのカメラがどのメーカーから発売されているかを把握し、安心できるメーカーを選びましょう。
  • 状況や用途を想像して、それらに適した機能が搭載されているカメラを選ぶのもポイントの一つです。