数年前まで、カーナビやタブレット、スマートフォンでのテレビの視聴はワンセグでしたが、現代ではワンセグだけではなくフルセグでの視聴も可能になっています。

この記事では、ワンセグとフルセグの違いやフルセグの特徴を解説します。また、おススメのフルセグチューナーやフルセグ搭載タブレットも紹介します。

そもそもフルセグとはなにか?

地上デジタル放送とワンセグの仕組み

ここではフルセグを説明する前に、地上デジタル放送とワンセグの仕組みについて解説します。

ワンセグの正式名称は『携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス』といいます。この「1セグメント」というところから俗に「ワンセグ」と呼ばれています。セグメントとは、区分、部分という意味です。

地上デジタル放送は1チャンネルあたりの電波帯域が13のセグメントに分かれています。その13のセグメントのうち12セグメントが、いわゆる地上デジタルのテレビ放送に使われています。

この残りの1つのセグメントを使った放送がワンセグ放送です。

「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」という正式名称からも分かるように、移動中でもテレビが視聴できるように開発されました。多くのカーナビやスマートフォンにはワンセグ機能が搭載されています。

フルセグは画質がよい

地上デジタル放送の13の分割された電波帯域のうち1つのセグメントを使った放送がワンセグですが、フルセグはワンセグで使用している以外の12のセグメントを使った放送です。

スマートフォンやカーナビなどの機器の性能が上がり、大画面で高解像度になってきた結果、ワンセグでは画質が粗くなってしまうことから、フルセグが視聴できるスマートフォンや、フルセグチューナーが発売されるようになっています。

ワンセグとフルセグ違い

フルセグは高解像度

ワンセグの最大解像度が320×240なのに対し、フルセグの解像度は最大1920×1080です。

携帯電話(ガラケー)ならワンセグの画質で十分でしたが、移動中にテレビを視聴するためのツールとしてスマートフォンやタブレットが主流になり、ワンセグでは画像が粗くなってしまうという不便が生じました。

フルセグはスマートフォンやタブレットの画面にも十分に対応できる高画質が一番の特徴です。

フルセグは移動にやや弱い

ワンセグは移動に強いという特徴があります。ワンセグの電波は障害物を避けたり通り抜けたりする力が強く、移動中でも安定してデータを受信することができます。

フルセグの電波は建物などの障害物を避けたり通り抜けたりする機能が弱く、ワンセグに比べるとデータの受信が不安定なところがあります。

フルセグはバッテリーの消費が早い

フルセグはワンセグに比べてかなり多いデータを受信することになるため、バッテリーの消費が大きくなります。

高画質の放送を視聴するうえでは仕方のないことですが、バッテリーの消費を気にしながら視聴しなくてはならないのはフルセグのデメリットともいえるかも知れません。

フルセグチューナーとはなにか?

スマートフォンやタブレット、カーナビにフルセグ視聴の機能が搭載されていれば、その機器だけでフルセグを視聴することができます。

しかし搭載されていない場合は、フルセグチューナーが必要です。

フルセグチューナーの選び方

フルセグチューナーの選び方-カーナビ-

カーナビに外付けのフルセグチューナーを取り付ける場合は、事前に接続方法を確認してから購入することが大切です。

また、ワンセグ自動切替機能がついているものだと、フルセグの電波を受信できな場所ではワンセグに自動で切り替えてくれるので、途切れることなく視聴ができるのでお勧めです。

おススメのフルセグチューナー-カーナビ-
車載地上デジチューナー  DT4100

電波の受信状況に合わせてフルセグとワンセグを自動で切り替える「フルセグ/ワンセグ自動切換」。HDMI出力対応。価格も10,000前後と手軽です。

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥39,000(2019/02/20 12:43:01時点 Amazon調べ-詳細)

フルセグチューナーの選び方-パソコン・タブレット・スマホ-

パソコンでフルセグを視聴するなら、USB接続ができるタイプが手軽で人気です。自分の使っているパソコンやスマホのOSに対応しているかを確認して購入しましょう。

おススメのフルセグチューナー-パソコン・タブレット・スマホ-
[ピクセラ] Xit Stick (サイト・スティック) XIT-STK100

USB端子に差し込むだけの簡単接続。スティックタイプで場所を取らず持ち運びにも最適です。

Windows・Macの他、Androidのタブレットやスマホでも視聴可能。タブレットやスマホ接続用の、microUSB→USB変換ケーブル付き。ボタンひとつで録画を開始できるスグ録機能もついて便利に使えます。

フルセグチューナーの選び方-iPhone・iPad-

iPhone・iPadにはフルセグ視聴機能が搭載されていません。iPhone・iPad専用の外付けフルセグチューナーを取りつけることで視聴が可能になります。

おススメのフルセグチューナー[ピクセラ] Xit Stick XIT-STK200

iPhone・iPadに差すだけで簡単にフルセグ受信が可能。コンパクトで視聴中もジャマになりません。専用視聴アプリ「Xit(サイト)」をダウンロードして楽しむこともできます。

フルセグ搭載のタブレット

移動中にタブレットでテレビを視聴したいと考える人は多いと思いますが、フルセグ搭載のタブレットはあまり多く発売されていません。

現在、日本で販売されているタブレットのシェアはiPadが一番ですが、iPadはフルセグ搭載ではありません。

また、Androidタブレットにフルセグ搭載のものが少ない理由としては、AndroidタブレットのほとんどがHUAWEIやLG、ASUS、Lenovoなどの海外メーカーのものとなっていることが考えられます。

フルセグは日本独自のもののため、海外メーカーのタブレットに搭載されることはなかなか難しいのでしょう。

外付けのフルセグチューナーを取り付けて視聴することはもちろんできますが、タブレットひとつでフルセグ放送を楽しみたいという人は、フルセグチューナー搭載のタブレットを選ぶとよいでしょう。

[HUAWEI] MediaPad M3 Lite 10 wp Wi-Fiモデル

Android 7.0、フルセグ搭載のAndroidタブレットです。

6660mAhの大容量バッテリーと独自の節電技術により長時間の長時間動作を実現。10.1インチ1920×1200ディスプレイで高画質な映像が楽しめます。

フルセグについてのまとめ

  • フルセグは地上デジタル放送の電波帯域、13のセグメントのうち、ワンセグを除いた12のセグメントを使った放送です。
  • フルセグの一番の特徴は高画質な映像を楽しめるところです。
  • フルセグはワンセグに比べて移動中の受信に弱いところや、バッテリーを多く消費するところがあります。
  • フルセグが搭載されていないカーナビやタブレット、スマートフォンでフルセグを視聴するには、外付けのチューナーが必要です。