こちらの記事は2018年6月20日の記事を2020年4月2日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・40型テレビを選ぶ際のポイントの項目を追記いたしました。
・40型テレビのおすすめを2020年4月2日の情報に更新いたしました。

年々薄型テレビの画サイズは大きくなってきていますが、40型程度の大きさのテレビを買う人も多いと思います。

40型テレビの大きさは縦横何センチか、一般的なリビングではどのくらいのサイズが適当か、おすすめする40型テレビにはどんなものがあるのかということが疑問点としてあげられます。

この記事では、40型テレビの大きさ、一般的なリビングでは40型テレビが最適、おすすめする40型テレビなどについて説明します。

40型テレビの大きさ

テレビの大きさは、画面の対角線の長さによって決まっています。40型テレビの大きさは、画面の対角線の長さが40インチ(101.6cm)ですので、おおよそ縦49.8cm横88.5cmになります。

ここで言う画面のサイズは、画面外側の枠の部分を除いた内側の液晶画面の大きさです。外側のフレーム部分の幅を加えると、本体部分の大きさはもう少し大きくなります。

厳密にテレビのサイズを言うと、縦横比が4対3となる標準画面と縦横比が16対9となるワイド画面があります。標準画面では縦61.0cm横81.3cmになり、ワイド画面では縦49.8cm横88.5cmの大きさとなっています。

以前のアナログテレビでは標準画面もありましたが、現在の液晶テレビでは基本的にワイド画面となっています。テレビだけでなく、DVDやYouTube、ミュージックビデオなども全てワイド画面ですので、液晶テレビでもそれらに合わせてワイド画面になっています。

テレビサイズの見方って?部屋に応じた理想的なテレビサイズを解説

一般的なリビングに最適

通常のリビングルームに設置するのであれば、40型くらいの大きさが最適と言えます。

近すぎる距離でテレビを見ると、画素の粗さが目立ち綺麗な映像が見えなくなってしまいます。一般的なリビングくらいの距離があれば、40型くらいで十分活躍できます。一人暮らしでワンルームなどにお住まいの場合は、40型テレビは少し大きく感じるかもしれません。

テレビを見る適切な距離を表す言葉に「視聴距離」というものがあります。視聴距離とは、テレビが最も綺麗に見える距離のことです。

一般的なフルハイビジョンテレビの場合、画面の高さの約3倍が視聴距離となります。また4Kテレビでは、画面の高さの約1.5倍が視聴距離です。

フルハイビジョンの40型テレビでは、視聴距離が約150cm、4Kテレビでは約74.7cmになります。この程度の距離であれば、一般的なリビングルームでも無理なく確保できるはずです。40型テレビは、視聴距離からいっても家族でテレビを観るリビングルームで丁度いいサイズです。

このように視聴距離から考えると、4Kテレビであれば従来より大きなサイズのテレビを購入しても問題ありません。8畳程度のリビングのサイズで4Kテレビ50型か55型くらい、10畳程度の広めのリビングをお持ちの方は、4Kテレビ60型くらいが最適なサイズになります。

テレビサイズの部屋の大きさとの関係 オススメのテレビの解説
テレビサイズの見方って?部屋に応じた理想的なテレビサイズを解説
24型テレビの大きさと他の大きさとの違い おすすめのモデルを解説
地デジテレビで二万円前後の激安モデル それぞれの価格と特徴を解説
6畳に合うテレビサイズは? サイズ毎の視聴距離と快適な視聴のコツ
寝室に適したテレビの置き方とは 寝室におすすめな32型テレビ
テレビって一人暮らしに必要? 一人暮らし向きなテレビの選び方

40型テレビを選ぶ際のポイント

解像度で選ぶ

40型テレビの解像度は、フルHDと4Kの2種類に分かれます。

フルHDの解像度は1920×1080で207万画素となっており、比較的安い価格のテレビに多いです。

一方、4Kの解像度は3840×2160で829万画素と、フルHDの約4倍もの解像度となっています。

より鮮明で高画質な映像を楽しみたい方は、4Kを採用しているテレビがおすすめです。

自分の予算や目的に合わせて、選ぶとよいでしょう。

機能性で選ぶ

40型テレビは、商品によって様々な機能が付いているため購入する際にチェックするのがおすすめです。

例えば、通常テレビ録画を行いたい場合は外付けのHDDなどが必要になりますが、商品によっては録画機能が一体化しているものもあります。

また、近年では見逃した番組や録画し忘れた番組などがあった場合、過去の番組表からさかのぼり、再生できる「タイムシフトマシン」と呼ばれる機能なども出てきています。

チューナーが2つ搭載されていれば、録画を行いながら他の番組を見ることができるため、録画する機会が多い方におすすめです。

他にもWi-Fiと接続することで、YouTubeなどをテレビで楽しめる機能や、ネット検索が行えるものもあるため、ネット動画をテレビで見たい方などはチェックしてみてください。

40型テレビのおすすめ

SHARP AQUOS 4T-C40BH1

SHARP AQUOS 4T-C40BH1は、4Kに対応しており、4K放送を視聴しながら、別の4K放送を録画できる4Kダブルチューナーが内蔵された商品です。

照明や、日中に視聴する際に入り込みやすい外の光が画面に映りこむのを抑えてくれる「高精細4K低反射液晶パネル」を画面に採用しているため、4K画質を光に邪魔されることなく思う存分楽しめます。

また、画面に映った風景の質感や奥行き、立体感などを忠実に再現してくれるため、従来の製品よりもよりリアルな映像を体感することが可能です。

付属のリモコンは必要最低限の情報が詰まったシンプルな仕様となっているため、子供などでも操作をしやすいでしょう。

東芝 REGZA 40S22

東芝 REGZA 40S22は、シンプルな構造でありながら高画質な映像を楽しめるフルHDの商品です。

レグザエンジンファインと呼ばれる映像処理エンジンを搭載しており、質感や色彩をより鮮明に表現した映像を流すのはもちろんのこと、番組表をすばやく起動してくれるなどテレビ操作を快適に行えます。

録画機能の面ではチューナーを2つ搭載しているため、番組を視聴しながらの他番組の録画が可能です。

また、テレビゲームのプレイに特化したゲームダイレクト機能を使えば、スピード感のあるゲームでも遅延なしで快適にプレイできます。

オリオン 40型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ

オリオン 40型 4Kチューナー内蔵液晶テレビは、4K放送を含む全ての裏番組を録画できる4K対応のテレビです。

オリオンが独自に開発した4Kチューナーボードが搭載されているため、細かい部分まで鮮明に忠実な映像を視聴できます。

また、4K映像の高画質処理に優れているため、立体感が必要な映像でも快適に映し出してくれるでしょう。

色やコントラスト、ノイズ除去などにこだわった4K 美・彩・細エンジンを採用しており、映像の美しさに特化した商品となっています。

三菱電機 REAL LCD-A40RA2000

三菱電機 REAL LCD-A40RA2000は、4録画に必要なHDDが内蔵されているため、この商品1つで視聴・録画が行えます。

内蔵されているHDDは、2TBと大容量なため、ハイビジョン放送の場合は最大で約2160時間の録画が可能です。(録画画質が12倍の時の数値)

外付けHDDを接続し、更に録画容量を増やすことも出来るため、録画する機会が多い方には非常におすすめの商品となっています。

また、4Kチューナーが内蔵されているため、通常の放送だけでなく4K放送も気軽に視聴・録画可能です。

映像モードを切り替えれば、映画やゲームなどに特化した映像を楽しむことができるなど、映像面でも様々な機能が付いています。

40型 テレビの大きさについてのまとめ

  • 40型テレビの大きさは、画面の対角線の長さによって決まり、およそ縦49.8cm横88.5cmです。
  • 40型テレビは、視聴距離からいっても一般的なリビングに最適です。
  • おすすめの40型テレビには、REGZA、AQUOS、BRAVIA、レボリューションなどがあります。