この記事ではモバイルバッテリーのメリットと選ぶ時のポイント、更にはおすすめ商品をご紹介します。

昨今、一人一台のスマフォやタブレットを持つことは当たり前となっていますが、これらのモバイル機器は便利な反面、常にバッテリーの問題を抱えています。

コンセントがある場所では充電はできますが、外出先や移動中はそうもいきません。
そんな時に便利なのが、「いつ・どこでも」充電が可能なモバイルバッテリーです。

この記事では具体的な場面と合わせてモバイルバッテリーを持つことのメリットをご紹介します。

また、シンプルな機能だからこそ、購入の際には気を付けなければならないことがいくつかあります。選ぶ時のポイントを解説し、失敗しない商品選びの方法をご紹介します。

記事の最後にはおすすめの製品を紹介しますのでご参考ください。

モバイルバッテリーのメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめモバイルバッテリーの紹介

コンセントがない場所でも充電が可能である

モバイルバッテリーがあれば「いつ・どこでも」充電ができます。

どこでも充電できるというのがモバイルバッテリーを持つ最大の理由にして、最大のメリットです。

旅行や出張など、長時間移動する際の充電用としてはもちろん、普段使い用にカバンに1台忍ばせておけば、スマフォの充電を忘れて外出してしまった場合などの緊急時にも安心です。

同時に複数機器の充電が可能である

モバイルバッテリーは、同時に複数のデバイスが充電可能です。

モバイルバッテリーにはポート(差し込み口)が複数持つ製品が多く、そういった製品はスマフォとタブレットの同時充電などが可能となっています。

急速充電が可能である

モバイルバッテリーは、急速充電が可能です。

急速充電に対応している製品であれば早く充電が完了します。急速充電はモバイルバッテリー側とデバイス側の両方が対応している必要があります。

モバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量の確認

モバイルバッテリーを選ぶ際、一番のポイントなるのはバッテリー容量です。

バッテリー容量は単純に多ければ多いほど良い、と言うわけではありません。

基本的に重量の重さとバッテリー容量の大きさは比例するため、バッテリー容量が多ければその分重量も増えます。

「大容量を買ったけど重すぎて持ち運びが面倒である」となっては元も子もありません。用途に応じて自分に合ったものを選ぶ事が重要です。

バッテリー容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表され、実際の商品には「10,000mAh」などと記載されています。

「mAh」はモバイルバッテリーの放電容量を示しており、「10,000mAh」の意味は「1時間で10,000mAhの電流を放電することができる」といった意味になります。

お使いのデバイスにもよりますが、目安として大体スマフォは3,000~4,000mAh程度ですので、日常生活に使う程度であれば5,000~10,000mAhの容量があれば十分でしょう。

逆に「出張が多い」「旅行が好き」「災害時に備えておきたい」といった場合は、20,000mAh以上の大容量のモバイルバッテリーを選ぶと良いでしょう。後述するソーラー充電機能がついていると更に安心です。

また、気を付けて頂きたい点は、モバイルバッテリーは無限に使えるわけではありません。
スマフォなどの電池と同様に、充電と放電を繰り返すと最大容量が減っていき、最終的には全く充電できなくなってしまいます。

目安として使える回数は、一般的な製品で500回程度です。
「すぐに充電が切れてしまう」「最近充電が遅くなった」といった症状が出始めたら、新たなモバイルバッテリーの購入を検討しましょう。

急速充電機能の確認

急速充電は「1.5A」「2.1A」「2.4A」対応などと記載されており、アンペア数が高いほど高速に充電が可能となっています。

ただし、デバイス側が急速充電に対応している機器である必要があるので、お使いのデバイスの急速充電への対応を確認しましょう。

目安として、大抵のスマフォは1.5A以上には対応しており、iPadなどのタブレットや最新のiPhoneなどは2.4Aにも対応しています。

モバイルバッテリーを使用するのは急いで充電したい場合が多いので、急速充電機能はついていたほうがいいでしょう。

ポート数の確認

お使いのデバイスの数にあわせてポート数を確認しましょう。

大抵のモバイルバッテリーは2ポート以上ついていますが、小容量で小型の製品などは1ポートの製品も多くあります。同時に充電したいデバイス数にあわせて選びましょう。

その他の機能:ソーラー充電機能

太陽光でモバイルバッテリーが充電できる機能です。日常的にモバイルバッテリーを充電する習慣のない人や、災害時には重宝するでしょう。
但し、通常の充電と比べて充電のスピードはかなり遅いので過信はしないようにしましょう。

その他の機能:防水機能

最近では防水機能がついたスマフォが多いので、あわせて利用するとスポーツ観戦中などの屋外で雨に降られた場合も安心して充電できます。

その他の機能:Qi機能

Qiと書いて「チー」と読みます(中国語で「気」の意味)。
Qiとは、ワイヤレス充電機能のことで、この機能がモバイルバッテリー側とスマフォ側に搭載されていれば、コードで接続せずに置くだけで充電ができます。

その他の機能:ライト機能

停電時の懐中電灯代わりになる他、キャンプなどでも便利です。

モバイルバッテリーの安全性について

とても便利なモバイルバッテリーですが、残念なことに発火して火災事故にまで発展しまうといった事例が過去幾度も発生しています。

これを受け、経済産業省では2019年2月1日より、「PSEマーク」を取得した製品以外の販売禁止を義務付けております。

PSEマークは簡単に言うと、その電気製品が安全性を満たしていることを証明するマークです。

規制されてからまだ日が浅いため、2019年3月現在では、個人での販売や中古市場などでは一部PSEマークを取得していない製品が流通している可能性があります。
今後、モバイルバッテリーを購入する場合は、PSEマークがあることを確認しましょう。

参考 経済産業省 電気用品安全法

おすすめモバイルバッテリーの紹介

Anker PowerCore+ mini (3350mAh 超小型モバイルバッテリー)

安心のAnker製で、重さは驚異の85gとスティックタイプの超軽量バッテリーでありながら、スマフォ1台を充電できる容量を持っています。ポケットなどにも入れられるため、持ち運びに便利です。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

こちらもAnker製で、10000mAhの容量でありながら約180gと軽量です。Amazonのモバイルバッテリーカテゴリベストセラーで5000件以上のレビューがある大人気商品です。迷ったらこちらを購入すればいいでしょう。

ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 24000mAh 大容量 折り畳み式 2USB出力ポート 4枚ソーラーパネル

太陽光でも充電可能なモバイルバッテリーです。容量は24000mAhで重さは481gとかなり大きいですが、特筆すべきは折り畳み式のソーラーパネルが4枚ついており、太陽光発電の弱点である充電の遅さが多少なりとも解消されている点です。

普段使いというよりも、車に積んでおいたり自宅の災害グッズとして持っておくと、いざという時に活躍してくれる事でしょう。

モバイルバッテリーのまとめ

  • モバイルバッテリーは「いつ・どこでも」充電な可能なバッテリーで、現代社会に暮らす上でとても便利なものです。
  • モバイルバッテリーを選ぶ際は、用途に合ったバッテリー容量をまず選びましょう。その後、自分の生活スタイルに合う「付加機能」が付いた製品を選ぶといいでしょう。
  • 購入の際には必ず「PSEマーク」を確認しましょう。