ノイズキャンセリングとは、周囲の騒音を低減しクリアなサウンドを聴き手に提供する高性能機能です。

現在市販で売られているイヤホンやヘッドホンの多くに、ノイズキャンセリング機能が搭載されていて、自宅での音楽鑑賞以外にも、旅行やお出かけの際の移動中や、ビジネスシーンなどでの使用の際も、多くのメリットが生じます。

ここでは、ノイズキャンセリングのメリットや仕組み、ノイズキャンセリングが搭載されたイヤホンの選び方や、おすすめ商品などを紹介していきます。

ノイズキャンセリングのメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ソニーでおすすめのノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングが搭載されたイヤホンなどを使用した際には、どのようなメリットが生じるのでしょう?ここでは、ノイズキャンセリングのメリットを項目別に解説していきます。

電車や飛行機で音楽に集中できる

ノイズキャンセリングの最大の特徴は、周囲の雑音を低減するところにあり、電車やバス、飛行機などの公共交通機関を利用した際に生じる、乗り物の音や周りの乗客の出す音などの騒音に、最も効果的であり、これら騒音を低減できることが最大のメリットです。

勉強や仕事に集中できる

学生に必要な勉強や、会社でのデスクワークの際、周囲の雑音を防ぐことができれば、作業に集中することができ、ノイズキャンセリングが搭載されたイヤホンは、これらの状況に適しています。

ノイズキャンセリングイヤホンは、音楽を快適に再生するだけでなく、音楽を再生せずに周囲のノイズのみシャットアウトするモードが搭載されている商品もあるため、これを使用すれば勉強や仕事にも集中できます。

ノイズキャンセリングの仕組み

ここでは、ノイズキャンセリングの主な仕組みを、項目別に解説していきます。

騒音がイヤホンに音波として伝わる

ノイズキャンセリングが搭載されたイヤホンには、周囲の雑音を拾うマイクが搭載されていて、このマイクで集められた雑音は、「DSP(デジタルシグナルプロセッサ)」と呼ばれる専用の処理エンジンでデジタル信号に変換されます。

デジタル信号化されデータ化した騒音に対し、騒音データの逆の音を発することにより、音波同士を合成して騒音を打ち消すのが、ノイズキャンセリング基本的な仕組みになります。

この仕組みは数字で例えるとわかりやすく、例えば騒音を「-10」と表した場合、騒音の逆の音を「+10」で発生させれば、2つの音が相殺されて音は「0」となり、騒音が無くなるという仕組みです。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ここからは、音楽鑑賞や勉強・仕事の作業中におすすめの、ノイズキャンセリングイヤホンの選び方を項目別に解説していきます。

騒音低減能力

騒音低減能力とは、その名の通り騒音を低減する能力で、この能力が高ければ高いほど、ノイズキャンセリング機能が優れているということになります。

騒音低減能力はメーカーや機種によって異なり、基本的には商品の価格と比例して騒音低減能力の性能は上がります。また、アナログ方式よりもデジタル方式の方が性能が高くなるのも目安の一つです。

ノイズキャンセリング機能は、高い技術力を必要とするため、メーカーによっての性能差は大きく、中でもボーズとソニーの2社はこの技術を得意としています。

騒音低減能力で商品購入を迷った際は、ボーズとソニーの2社から選ぶのも、一つの方法と言えるでしょう。

バッテリー

ノイズキャンセリングイヤホンは、通常のイヤホンとは異なり、電力を消費するため動作にはバッテリーが必要になります。

近年では、ノイズキャンセラー搭載・非搭載に限らずワイヤレスイヤホンが主流となりつつあるため、バッテリーの持続時間はイヤホンを選ぶ大きなポイントです。

バッテリーの持続時間も、商品の価格と比例する傾向にあるため、使用状況や使用頻度などを事前に想定し、用途に適した商品を選びましょう。

短時間仕様や移動距離などが短い場合などは、バッテリー容量が抑えられた商品価格が安いもの、逆に長時間使用や移動距離が長い場合などはバッテリー持続時間の長さを基準に、ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶのも一つの方法です。

音質

騒音低減能力が優れているノイズキャンセリングイヤホンを選ぶのも重要ですが、イヤホンの本質は音を聞くことにあるため、イヤホンから発せられる音質は重要なポイントです。

特にノイズキャンセリングイヤホンの場合は、残留ノイズと呼ばれるノイズキャンセリング特有の問題点があり、ノイズキャンセリング機能だけを動作させた際に、消えきらなかったノイズが聴こえてしまう場合があります。

音楽を聴くときに使用する際は気にならないほどのノイズですが、ノイズキャンセリング機能だけの動作をメインに使う場合は、音質と合わせて注意する必要があります。

装着感

イヤホンは使用時に耳に取り付けて使用するため、長時間使用する際は着け心地の良さも選ぶポイントになります。ものによっては長時間装着で疲れや痛みを感じるものもあるため、イヤホンの装着感は商品を選ぶ上での大きなポイントと言えます。

ソニーでおすすめのノイズキャンセリングイヤホン

ここからは、ノイズキャンセリングイヤホンに定評がある、ソニーのおすすめノイズキャンセリングイヤホンをいくつか紹介していきます。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応

ハイレゾ音源に対応した業界最高クラスのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンで、ノイズキャンセリング作動時の連続音声再生時間・連続通話時間は最大で10時間と非常に長く使えます。

ネックバンド付で装着しやすいのでちょっとした外出から長距離移動まで、さまざまなシーンで使いやすいです。

幅広い音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」が搭載されているので、心地良い音楽を長時間ストレスなしで楽しめます。

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

ワンタッチペアリングで簡単接続ができるワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンで、完全ワイヤレスなので持ち運びにも最適です。

完全ワイヤレスイヤホンとして世界で初めてノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンで、使いやすさと便利さを追求したイヤホンです。

専用アプリを使用すれば、スマートフォンやタブレットとの連携も可能で、お手持ちのスマホやタブレット端末で気軽に簡単に機能の切り替えなども行えます。

おすすめのノイズキャンセリングイヤホン

ここからは、ソニー以外のメーカーでおすすめのノイズキャンセリングイヤホンをいくつか紹介していきます。

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

ソニーと並んでノイズキャンセリングイヤホンに定評がある、BOSE(ボーズ)のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。

ノイズを打ち消すノイズキャンセリングの基本的な仕組みに加え、騒音が耳に届くレベルはコントロールすることができるため、周囲の雑音をさらにクリアにし、音楽を快適に楽しむことができます。

Pioneer RAYZ Plus Lightning-Powered ノイズキャンセリングイヤホン

パイオニアから発売されたLightning接続専用のノイズキャンセリングイヤホンで、iPhoneなどのIOS端末機からの電源供給で動作します。

外部アンプの追加なしにハイレゾ音源再生も可能で、専用のアプリと連携すれば、スマートフォンなどの端末から気軽に簡単に各種機能を操れます。

ノイズキャンセリングイヤホン まとめ 

  • ノイズキャンセリングが搭載されたイヤホンを使用した場合は、快適な音楽を楽しめる他にも、勉強や仕事などのさまざまなメリットが生じます。
  • ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶポイントは、騒音低減能力・バッテリー・音質・装着感などを中心に、自分のライフスタイルや使用目的に合わせて、バランスの良い商品を選ぶのがポイントです。
  • ノイズキャンセリングは高い技術が必要となるため、商品購入に迷った際は、それを得意とするソニー・ボーズの2社から商品を選ぶのも一つの方法です。