通販業界の最大大手であるAmazonには、Amazonフレッシュというサービスがあります。

通販には不向きと言われている生鮮食品ですが、Amazonフレッシュを利用することでネット上でも購入が可能です。

この記事を通して、Amazonフレッシュの便利さを知り、メリット・デメリットを踏まえて、自分のニーズに合わせた利用をすることができます。

そもそもAmazonフレッシュとは何か?

Amazonフレッシュとは、Amazonがプライム会員向けに提供している生鮮食品配送サービスのことです。

2013年にアメリカで始まり、日本では2017年に開始されました。

Amazonフレッシュでは、野菜や肉・冷凍食品など、一般的なスーパーに置いてあるような生鮮食品を購入することができます。

Amazonフレッシュの特徴

Amazonフレッシュの特徴①:家でも新鮮な野菜などを購入できる

Amazonフレッシュの特徴は、買い物に行かなくても、注文するだけで新鮮な食品を購入することができる点です。

仕事で忙しい人や、雨で買い物に行けない時にもおすすめのサービスです。

Amazonフレッシュでは、特に鮮度にこだわっており、品質の劣化を防ぐための専用ボックスを配送しています。

Amazonフレッシュ内の「新鮮市」では、当日又は前日に採れた野菜を、当日朝に市場で選りすぐられ、加工された魚を購入可能です。

Amazonフレッシュの特徴②:日用品も購入出来る

Amazonフレッシュでは、生鮮食品だけでなく、洗剤やトイレットペーパー、おむつなどの日用品も購入することができます。

家まで届けてくれるため、買い物に行って重たくかさばる荷物を持って帰るという重労働がなくなり、家事の時短にも繋がります。

小さい子供がいる家庭にとっては、非常に便利でしょう。

Amazonフレッシュの特徴③:高品質の専門店の商品も購入できる

Amazonフレッシュには「専門店グルメ」という項目があり、有名ブランドや人気のお店の食品を購入することができます。

平田牧場のブランドポークや、博多華味鳥の水炊きや寄せ鍋の素なども購入可能です。

本来登録しなければ購入することのできないOisix(インターネットによる食品の販売・宅配事業)の人気商品も購入することができます。

Amazonフレッシュの特徴④:時間を指定でき配達も早い

Amazonフレッシュでは、午前8時~深夜0時まで、2時間毎に好きな配達時間を指定することができます。

配達の早さが魅力的で、注文してから最短4時間で届きます。

対応している時間帯が幅広いため、仕事の残業後に受け取ったり、夜勤明けの朝早い時間帯に受け取ったりということも可能です。

Amazonフレッシュの特徴⑤:レシピごと食品を注文できる

Amazonフレッシュでは、レシピサイトである「DELISH KITCHEN」の人気レシピを紹介しています。

レシピをクリックすると、そのレシピに必要な食品が表示される上、まとめて簡単に購入することも可能です。

「定番のおかず」や「時短おかず」「お肉のおかず」など、細かくカテゴライズされているため、レシピが探しやすい点も魅力でしょう。

何を作ろうかと毎日悩んでしまう人や、料理が苦手な人にもおすすめです。

Amazonフレッシュの特徴⑥:セールが開催されクーポンもある

Amazonフレッシュでは、『3点購入で20%オフ』といったまとめ買いセールや、カテゴリー別のセールが多く開催されています。

特にプライムセールの日はかなりお得に買い物することができることが特徴です。

商品一つ一つの値段を見ても、実際のスーパーの価格とほとんど変わらず、大手のネットスーパーである「イトーヨーカドー」や「AEON」に比べると比較的安くなっています。

Amazonフレッシュの注意点

Amazonフレッシュの注意点①:配送地域が限られている

Amazonフレッシュの配送エリアは、東京都・神奈川県・千葉県といった首都圏に限られています。

東京都でも都内全域ではなく、18区と調布市・狛江市の一部のみ、神奈川県は川崎市の一部と横浜市の一部、千葉県は浦安市全域と市川市の一部のみです。

Amazonフレッシュの注意点②:送料や月の会費がかかる

購入金額が税別6000円未満の場合、送料として500円がかかってしまいます。

日々の買い物で、食品6000円分購入するのはなかなか難しいため、まとめ買いをしたり、日用品を一緒に買ったりして6000円以上購入するのがおすすめです。

Amazonフレッシュを利用するためには、プライム会員の月間500円(年間プラン4900円)と、更にアマゾンフレッシュ月会費500円がかかります。

大手のネットスーパーである「イトーヨーカドー」や「AEON」は月額料金がかからず、送料は5000円未満の場合300円です。

他のネットスーパーと比較すると、Amazonフレッシュは少々割高であることに注意が必要です。

Amazonフレッシュの注意点③:再配達がない

Amazonフレッシュでは、商品を受け取れなかった場合の再配達がなく、キャンセル扱いとなってしまいます。

注文するときには、確実に受け取れる日時を選択する必要があります。

Amazonフレッシュの使い方

Amazonプライム会員でない人は、まずプライム会員に登録し、その後Amazonフレッシュに登録します。

Amazonフレッシュで買い物をするには、まず配送先の住所と配達日時を決め、日時が決まれば「この時間を予約」をクリックします。

あとは、Amazonでの普通の購入と似た手順で買い物が可能です。

様々なカテゴリーから購入したい商品を選び「フレッシュのカートに入れる。」をクリックします。

買い物が終わると、右上に表示されているカートをクリックし、「フレッシュで買う」を選択し、注文の確定をすれば完了です。

Amazonフレッシュは初回30日間は無料

Amazonフレッシュがどのようなサービスであるのか詳しく知りたい人は、無料体験をすることがおすすめです。

プライム会員と同じように、Amazonフレッシュでも、初回は30日間無料体験することができ、無料期間内に解約すると料金は一切かかりません。

Amazonフレッシュについてのまとめ

  • Amazonフレッシュとは、Amazonがプライム会員向けに提供している生鮮食品配送サービスのことです。
  • 一般的なスーパーのような野菜や肉・冷凍食品などの生鮮食品を購入することができます。生鮮食品だけでなく日用品の取り扱いもあります。
  • Amazonフレッシュを利用すると、実際に買い物に行かずに新鮮な食品を購入することができます。
  • 日用品や専門グルメの取り扱いもあり、一度の買い物で全て済ますことができます。
  • 配達時間が朝8時~深夜0時まで幅広く指定でき、最短4時間で届くという早さも魅力的です。
  • 便利なAmazonフレッシュですが、配送地域は首都圏の一部のみとなっています。プライム会員限定のため、プライム会員加入料とフレッシュの利用料で月額825円かかってしまいます。また、購入金額が6000円未満の場合は送料が500円かかってしまう事に、注意が必要です。
  • 対応しているエリアの人は、無料化体験してみるのがおすすめです。メリット・デメリットを理解して、自分に合ったもの使い方をしてみるとよいでしょう。