この記事では、接触冷感の解説や、接触冷感を使った寝具選びのポイント、実際のおすすめ商品の解説をします。

触れるだけで、ひんやりとした冷たさを感じることができる生地が「接触冷感」素材です。

接触冷感を使った寝具の効果として、暑い夏の時期の熱帯夜でも、快適な睡眠のサポートをしてくれることが挙げられます。

この記事を読むことで、接触冷感への理解が深まるため、ご自身にあった接触冷感の寝具の購入を検討することができます。

接触冷感とはそもそも何か?

モノに触った際に、冷たさを感じることを「接触冷感」といい、接触冷感を感じることができる素材を「接触冷感素材」と呼びます。

現代では、熱中症対策などで、接触冷感素材を利用した肌着や寝具、タオルなどの商品が、環境に優しいエコな暑さ対策として注目を集めています。

触るだけで冷たさを感じる事ができるその仕組みは、「熱伝導」にあります。

熱は高温から低温に運ばれていく法則があるため、熱伝導率の高い接触冷感素材に触ると、人の熱が接触冷感素材側に移動します。

触った部分の熱が奪われることにより、冷たいと感じるのが接触冷感の仕組みです。

接触冷感の寝具の特徴

接触冷感の特徴①:夏でも快適な睡眠をする助けになる

接触冷感の寝具は、真夏の熱帯夜でも快適な睡眠に役立ちます。

接触冷感素材で作られた布団や敷布団を使用することにより、ひんやりとした冷たさを感じることができるため、快適な睡眠を手助けしてくれるでしょう。

接触冷感の特徴②:エアコンの使用頻度が減り光熱費を抑えられる

接触冷感は、エコな暑さ対策としてもおすすめです。

厳しい熱帯夜にエアコンの使用はかかせませんが、接触冷感の寝具と併用することで、より涼しさを感じることができ、エアコンの使用を抑えることができます。

現代ではエコブームの影響で、エアコンを高めの温度設定にするご家庭や職場が増えています。

接触冷感の商品と併用することで暑さ対策ができるため、エコな冷却アイテムしても関心が寄せられています。

接触冷感の特徴③:通常の敷布団などと同様に洗濯できる

特殊な素材を使っている接触冷感ですが、普通の布団と比べて特別なお手入れをする必要はありません。

事前に洗濯表示を確認する必要はありますが、多くの商品が通常の布団と同様に洗濯することができます。

しかし、接触冷感は熱に弱く、冷感効果に支障をきたす可能性が高いため、洗濯時に間違って乾燥機能にかけてしまわないように注意が必要です。

接触冷感の寝具を使用する際の注意点

接触冷感は、あくまでも触ったときにひんやりと冷たさを感じる程度の効果であるため、過剰な期待は禁物です。

ジェルやポリエステルなどの吸水性が低い素材であれば、汗が吸収されずに蒸れて、余計に寝苦しくなってしまう可能性がある点にも、注意する必要があります。

より高い効果を発揮させるポイントは、1箇所に長い時間接触し続けしないことです。

寝返りをうつなど体勢を変えて、接触する面を移動させることにより、またひんやりとした冷たさを感じることができます。

接触冷感の寝具の主な素材

接触冷感の素材は、代表的なものとして「ジェル」「ポリエステル」「リネン(麻)」「綿(加工綿)」が使われています。

「ジェル」や「ポリエステル」などの合成素材は、高い冷感効果がありますが、吸水性が低く、汗をかきやすい環境だと蒸れやすいため、すぐにぬるくなってしまうといった特徴があります。

「リネン(麻)」は、通気性が高いため吸水性が高く、さらに十分な冷感効果もありますが、高額な傾向があり、ゴワゴワとした肌触りも人によっては気になってしまいます。

「綿」自体には冷感効果はありませんが、特殊な加工して接触冷感をもたせた綿(厳密には加工した綿)を使った商品もあります。

加工綿の特徴としては、吸水性に優れ、肌触りも良いため寝具にぴったりの素材ですが、冷感効果は控えめであるため、ポリエステルやリネンでは冷えすぎてしまうといった方におすすめです。

接触冷感の寝具の選び方

接触冷感の選び方①:冷たさの度合いを示すQ-max値を確認する

どれだけ冷感効果があるかを定量的に示した数値がQ-max値です。

Q-max値が高ければ高いほど冷感効果が高く、触った時により冷たさを感じることができます。

十分な効果を体感するためには、最低でもQ-max値が0.2以上の商品がおすすめです。

接触冷感の選び方②:通気性と吸湿性を確認する

冷たさを持続させるには、通気性や吸水性・吸湿性も重要です。

吸水性・吸湿性が高い素材のほうが蒸れにくく、人によっては体感温度に違いがでてきます。

真夏の熱帯夜など、汗をかきやすい環境で使用する場合は、特に吸水性・吸湿性が高い商品がおすすめです。

吸水性・吸湿性の低い素材でも、メッシュ加工などで通気性を確保している商品もあるため、吸水性・吸湿性に加え、通気性もチェックしたいポイントです。

接触冷感の選び方③:目的や好みに合った素材で選ぶ

接触冷感には冷感効果だけではなく、吸水性・吸湿性、肌触りなど素材によってさまざまな特徴があります。

子供用に長く使うなら耐久性があるポリエステル、そこそこの冷感で通気性や肌触りを重視したいなら綿を選ぶなど、ご自身の目的や好みにあった素材を選ぶことが重要です。

接触冷感の選び方④:抗菌・防臭加工がされているものを選ぶ

毎日使用する寝具は、清潔さを維持することが重要です。

暑くて湿気の多い季節に使うことが多い接触冷感は、汗や皮脂が原因で、ニオイの元となる菌やカビが繁殖しやすい環境となってしまいます。

抗菌加工や防臭加工されている商品であれば、ニオイや菌の繁殖を抑えてくれるため、清潔さを保ちやすいです。

ジェル式接触冷感の寝具でおすすめの品2選

モダンデコ スピードクーラーは最高クラスのひんやり感

モダンデコのスピードクーラーは、Q-max値約0.58と、最高クラスのジェルタイプの敷きマットです。

ジェルタイプの弱点である耐久性を独自の配合で改善しているため、敷布団としてはもちろん、小さな子供やペット向けにもおすすめです。

日本タイガー電器 快眠ソルトジェルマットは長時間の使用によい

日本タイガー電器の快眠ソルトジェルマットは、塩を利用したソルトジェルによって、長時間の使用にも向いています。

ソルトジェルによって吸熱と放熱を繰り返し、肌の表面温度である約30度~32度を維持するため、冷えすぎが気になる方におすすめです。

ポリエステル製接触冷感の寝具でおすすめの品2選

mofua cool 敷きパッドは高い冷感性能と通気性が特徴

mofua(モフア)の敷きパッドは、Q-max値0.386の高い冷感性能に加え、3Dメッシュ加工により通気性にも優れた敷きパッドです。

シングルサイズで2,000円前後とお手頃価格でコスパが高く、2019年6月時点のAmazon「ベッドパッド・敷きパッド」のベストセラー商品となっています。

システムK サラッと快適ひんやり敷きパッドは汗がべとつきにくい

システムKのサラッと快適ひんやり敷きパッドは、Q-max値0.336のひんやり感と、熱を発散させる「吸湿速乾」機能を持っているため、汗をかいてもべとつきにいことが特徴です。

抗菌・防臭加工もされており、洗濯機で丸洗いも可能であるため、清潔に使えるのも嬉しいポイントです。

綿製接触冷感の寝具でおすすめの品2選

西川リビング ベッドパッド リバーシブルはオールシーズンで使える

寝具の大手有名メーカー、西川リビングのリバーシブル敷きパッドは、表地・裏地・中ワタ全てが綿100%の、天然素材の敷きパッドです。

綿100%であるため、吸水性や通気性、肌触りは申し分なく、リバーシブルでシーズン問わず使うことができます。

リビングデイ コットン100% 接触冷感敷きパッドは耐久性が高い

リビングデイ コットン100% 接触冷感敷きパッドは、肌に優しいコットン(綿)100%に、Q-max値0.39の接触冷感をあわせ持った敷きパッドです。

2重ダイヤキルティング加工で、耐久性を向上させているため、子供やペット用にもおすすめです。

リネンの接触冷感おすすめの品2選

Cadeau屋 リネン100%シーツは長く愛用できる

Cadeau屋のリネン100%シーツは、吸水性や通気性、速乾性に優れたシーツです。

使えば使うほど馴染んでいくリネン素材特有の楽しさもあり、厚手なのでしっかりとした使用感で、長く愛用できるシーツを探している方におすすめです。

エムール リネン100% 敷きパッドは使い心地が良い

エムールのリネン100%敷きパッドは、表地がリネン100%の使い心地の良い敷きパッドです。

リネンの特徴である通気性や吸水性に加え、肌触りもサラッとしており、始めてリネン素材を試してみる方にもおすすめです。

created by Rinker
エムール
¥5,840(2019/06/26 21:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

接触冷感についてのまとめ

  • 接触冷感素材の寝具は、触るだけでひんやりとした涼しさを与えてくれ、快適な睡眠をサポートしてくれる暑さ対策のアイテムのことで、エコな暑さ対策として注目を集めています。
  • 商品選びの際は、Q-max値や防臭・防菌加工のチェック、各素材の特徴をよく理解し、ご自身の用途や目的にあった商品を選ぶ事が重要です。