この記事は、フライパンについて解説をします。

フライパンは、その人の目的や環境によって選ぶものが違います。適正な素材、サイズ、付加機能を比較して選ぶのがよいです。しかし、素材ごとの特徴や、どんなサイズが適正なのかを知らない方も多いでしょう。

フライパンの購入を検討している方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

フライパン選びは目的と環境に合わせる。

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

手軽に購入できるおすすめのフライパン3選

フライパン選びで重要なのは目的と環境です。

例えば、1回の料理に何人分の料理を作るのか、キッチンはIHなのか、ガスなのかなど、自分の置かれた環境にマッチしたフライパンを選ぶ事が大切になってきます。

また、どんな料理をするかによって、フライパンの素材を選択すると良いでしょう。蒸し料理をしたい場合には蓋も必要になってきます。

その他に、手入れや収納の事を考えて選ぶのも大事です。自分はマメに手入れできるか、それとも手軽に済ませたいかによっても選択が変わります。収納のスペースも考え、取っ手の取り外しが可能かどうかもチェックしましょう。

アウトドアにも便利!ダッチオーブンの選び方やおすすめ商品を紹介
溶岩石プレートってなに? 溶岩石プレートの選び方やおすすめ商品を紹介
ホットプレートのおすすめの品とそれぞれの特徴 選び方のコツを解説

フライパンの選び方

素材の種類で選ぶ

フライパンの素材には、主に5種類の金属が使われています。ステンレス、鉄、アルミニウム、チタン、銅の5種類です。5種類の素材はそれぞれ重さ、熱の伝わりやすさ、手入れの手間、値段、丈夫さに違いがあります。

下記では、素材ごとの特徴などを解説いたします。

ステンレス

ステンレス製のフライパンの特徴は、錆や汚れに強く丈夫なことです。手入れが簡単なのも特徴です。また、熱が冷めづらく保温性が高い為、余熱での料理に向いています。

デメリットは、熱が伝わりにくいので温まるのに時間がかかります。重さも重いので扱いが大変です。油を使わないと焦げ付きやすいので、注意が必要です。

鉄製のフライパンは高温に強く、高い温度の調理に向いています。手入れをすれば長く使えるのも特徴です。フライパンの表面に油をなじませる油慣らしをすると長持ちします。

デメリットは、手入れに少し手間がかかるところです。購入後のフライパンは防錆加工がされているため、熱で加工を焼き切る空焼きが必要となります。

また、重量が他の素材と比べて重いので、注意が必要です。

アルミニウム

アルミニウム製のフライパンは、他の素材と比較して軽いことが特徴です。熱伝導が良いため、弱火でも十分料理が出来て、エネルギーの節約が可能になります。

デメリットは熱伝導が良いので、持ち手まで熱くなってしまう事や、食材がくっつきやすいことです。高火力では変形を起こす可能性があるので注意が必要でしょう。

チタン

チタン製のフライパンは、錆に強く耐久性があるのが特徴です。アルミニウム製と同じくらい軽いので、手軽に使用できます。

デメリットは、熱伝導が悪く高火力を必要とする料理に向かないことです。チタン製のフライパンはデメリットが少ないのですが、その分価格も高額となります。

銅製のフライパンは、調理時に銅に含まれる銅イオンが溶け出し、殺菌効果を発揮するのが特徴です。錆にも強く、熱伝導が良い素材です。

デメリットは素材が衝撃に弱いため、変形を起こすことがあります。また、重いので少々扱いにくいでしょう。値段も高額となっています。

コーティングの有無で選ぶ

フライパンにはコーティングのあるものとないものがあります。

コーティングの特徴を理解して、自分のニーズに合うフライパンを選びましょう。フライパンにコーティングをした場合、手入れが簡単になったり油を使用しなくてもよくなります。

しかし、強火で料理するとコーティングが剥がれてしまうので効果が弱まります。そして、フライパン自体の寿命を短くしてしまうのです。

もし、強火で料理したり長くフライパンを使いたい人は、手入れが必要ですがコーティングのないフライパンを使用しましょう。

サイズは何人分の料理を作るかで選ぶ

フライパンには色々なサイズがあります。

18cmのフライパンから大きなものは30cm以上のものもあります。サイズ選びに大事なのは家族構成です。

例えば1人暮らしの方は小さなフライパンでも不自由することはないでしょう。しかし、4人家族が小さなフライパンで満足するのは難しいです。料理が1度で終わらなくなるためです。何人分の料理を作りたいかでフライパンのサイズを決めましょう。

重さは軽いものがおすすめ

1回の料理ならフライパンの重さはあまり気にならないでしょう。しかし、毎日料理をすると、お皿に移す時など重さが苦痛になる場面があります。素材ごとに重さも違うため、購入時には一度持って比較することをおすすめします。

自分の条件内のフライパンで、より軽い物を選びましょう。

IH対応かどうかで選ぶ

現在、IHクッキングヒーターは普及が進んでいます。火を使用しないことから安全性が高く、電気なのでエネルギーコストもガスよりは安くなります。

新築住宅やアパートでも標準的に設置されているので、フライパンを購入する時はIH対応かを確認する必要があるでしょう。安全性を認証したSGマークにIHと記入してあればIH対応のフライパンです。

ガスの人もIH対応を選択すれば、引っ越しなどの際にも対応が可能です。

取っ手がとれるかどうか

現在、多くのフライパンが取っ手の取り外しに対応しています。取っ手を取り外すことによってメリットがあるからです。

例えば、収納時に取っ手が外せると収納スペースが小さくて済みます。また、フライパンを洗うときに、取っ手の付け根まで簡単に洗う事が可能です。

収納スペースに困っている方は、一つの解決策として取っ手の取れるフライパンを考えてみましょう。

フライパンの蓋が一緒にある事のメリット

フライパンで料理をする時に蓋が必要になる場合があります。蒸し料理をする時は、フライパン内に気密性を持たせなくては意味がありません。

蓋が付いていないフライパンに兼用の蓋を使用してもよいのですが、やはり最初から蓋がセットになっているものの方がサイズがピッタリしているので気密性は高いです。

蓋とセットで販売している場合は、専用の蓋を使うと良いでしょう。

手軽に購入できるおすすめのフライパン3選

T-fal(ティファール) / グランブルー プレミア フライパン D55106

ティファールの5層のチタンプレミアコーティングで驚異の耐久性を実現したフライパンです。

お知らせマークが余熱完了・適温を教えてくれて初心者も使いやすいフライパンとなっています。

パール金属 / フライパン ストロングマーブル HB-1225

フライパンの内面と外面にマーブル加工が施されており、汚れが落ちやすくお手入れ簡単なフライパンです。

フライパンの重量も軽く、手軽に使えます。値段も安いので初心者におすすめです。

北陸アルミ / フライパン センレンキャスト 26cm

軽くて丈夫なフライパンです。フライパンの内側には熱伝導性に優れたリップルウエーブ加工が施してあります。熱が素早く均一に伝わり調理スピードもアップします。

16サイズ展開しているので、どんな大きさにも対応可能です。

北陸アルミ フライパン センレンキャスト 26cm 「ガス火専用」
created by Rinker
北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)
¥2,998(2019/11/14 17:07:52時点 Amazon調べ-詳細)

大手メーカーの代表的なフライパン3選

リバーライト 極

日本で有名なリバーライトの鉄製フライパンです。独自に開発した窒化処理技術の加工が施してあります。軽い上にとても頑丈で、錆びにくく、高い熱伝導性を保ったフライパンに仕上がっています。

また、お手入れが非常に簡単になっている優れものです。鉄製のフライパンに必要な、空炊きや油慣らしがいりません。鉄製のフライパンを探している方におすすめです。

T-faLティファール インジニオ・ネオIHルビー・エクセレンス セット3

ティファールは世界で初めて、こびりつかないフッ素樹脂加工のフライパンを作ったフランスのメーカーです。皆さんも1度は耳にしたことがあるはずです。

6層コーティングが施されたフライパンは定番のベストセラー商品になります。22cmと26cmのフライパンと取っ手1本がセットになったものです。ティファールが初めての人にもおすすめできます。

ヴェーエムエフ(WMF) プロフィレジスト 片手フライパン 24cm

ヴェーエムエフ(WMF) はドイツの認知度NO1の台所用品メーカーです。デザインがシンプルで洗練されたフライパンが特徴です。その中でも1番お洒落なデザインなのがプロフィレジスト 片手フライパンになります。

焼き目をつけたいステーキやグリル料理におすすめのフライパンです。

特殊三層構造とハニカム構造のノンスティックコーティングが、食材をくっつきにくくしてくれます。また、余計な油や肉汁をはけさせ、表面はカリっと中はジューシーに仕上げてくれます。

プロが愛用するおすすめのフライパン3選

アカオアルミ DONフライパン

ペペロンチーノなどのパスタ料理は、油と水分を合わせる乳化がポイントです。アルミのフライパンは乳化をさせるのに適してることから、イタリアンシェフに愛用されています。

熱伝導がよく熱ムラがないので、料理の仕上がりがよくなります。使いこなせれば最強のフライパンでしょう。

レミ・ヒラノ レミパン ブラウン

料理研究家平野レミが考案した有名なレミパンです。蓋をしながら水を入れられるという他のフライパンにはない機能があります。

蓋が自立できて便利に使用できます。

レミ・ヒラノ レミパン ブラウン・RHF-202(1コ入)
created by Rinker
¥11,000(2019/11/15 05:51:23時点 楽天市場調べ-詳細)

柳宗理 鉄フライパン 25cm フタ付き

プロが愛用する鉄のフライパンの中でも、初心者にも扱いやすいフライパンです。

その秘密は、表面がデコボコしたファイバーライン加工にあります。焦げにくくこびりつきにくいため、初心者でも重宝するでしょう。

左右の注ぎ口は食器に移す時はもちろん、蒸し焼きにする際に付属の蓋を回転させ、空間を作り蒸気を逃がすのにも役立ちます。プロのように鉄のフライパンを使用してみたい方におすすめです。

フライパンについてのまとめ

  • フライパン選びは、自分の目的や環境に合ったものを選びましょう。IH対応の不可や、取っ手の取り外し可能など細かいところもチェックの必要があります。
  • 素材の特徴を把握する事が大事です。素材ごとに価格、重さ、手入れのしやすさ、熱の伝わり方と比較する項目がたくさんあります。自分に必要な特徴を備えた素材を選択してください。
  • コーティングのメリット、デメリットも把握して素材に足りない要素を付け加えると、自分の理想のフライパンに近づきます。
  • サイズは料理の量で適正なものを選びましょう。重さは軽めのものが手軽に使用できます。
  • 蓋は専用のものが気密性に優れています。可能な限りセットで購入しましょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
北陸アルミ フライパン センレンキャスト 26cm 「ガス火専用」
created by Rinker
北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)
¥2,998(2019/11/14 17:07:52時点 Amazon調べ-詳細)
レミ・ヒラノ レミパン ブラウン・RHF-202(1コ入)
created by Rinker
¥11,000(2019/11/15 05:51:23時点 楽天市場調べ-詳細)