この記事では、カジュアルな革靴の魅力や、選ぶ際のポイントを解説します。

Tシャツやデニムなど、ラフでカジュアルなファッションを引き締め、清潔感や落ち着いた雰囲気の演出が可能なアイテムが革靴です。

この記事を読むことで、カジュアルな革靴の魅力を理解することができ、カジュアルファッションにぴったりの革靴の購入を検討することができます。

革靴はカジュアルな服装にも合わせることができる

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

カジュアルな革靴のおすすめ10選

一般的には、スーツや礼服などフォーマル系の正装に合わせることが多い革靴ですが、カジュアルなコーディネートにあわせることで、ラフなイメージを引き締めた印象にすることができます。

また、清潔感のある落ち着いた雰囲気を演出することもできるでしょう。

現代では、普段着での出社を許可している企業も少なくありませんが、カジュアルすぎる服装はよく思われない場合もあります。

カジュアルな服装に合う革靴は、そんなカジュアル過ぎず、フォーマル過ぎない場面で活躍するアイテムです。

オシャレは足元から!革靴の魅力と選び方のポイント おすすめ品7選
パンプスとハイヒールの違い 足の形の種類 選び方やおすすめ商品10選を解説

革靴を選ぶ際の注意点

革靴を選ぶ時は、必ず自分に合ったサイズを選ぶ事が重要です。

サイズ選びは革靴に限った話ではありませんが、同じサイズでも製法や素材や、足の特徴により履き心地に違いが生まれます。

可能であればお店で試着したり、通販であればレビューを参考にするなど、履き心地を事前に確かめることにより、靴ずれなどのトラブルを避けることができます。

また、より長持ちする革靴を選びたい場合は、アッパー素材(靴の上部)が合皮ではなく、本革でできた革靴が耐久性が高いためおすすめです。

カジュアルに履ける革靴を選ぶ際のポイント

色は定番のブラックやブラウンがおすすめ

カジュアルな革靴を選ぶ際の色は、合わせやすい定番のブラックがおすすめです。

よりカジュアルにしたい場合はブラウンやベージュも選択肢に入れるなど、その時のファッションに合った革靴を選ぶことにより、全体的にバランスよくまとめることができます。

つま先のデザインをチェックする

カジュアルな革靴選びの際は、つま先のデザインがシンプルなものがおすすめです。

ビジネス用やカジュアルなコーディネートなど、幅広いファッションに合わせるためには、つま先が尖ったポインテッドトゥのタイプなど、主張が強いデザインのものは避けるとよいでしょう。

最初はつま先に装飾やステッチが施されていない、シンプル且つ万能なデザインであるプレーン・トゥタイプの革靴がおすすめです。

シューレースホールの様式を確認する

カジュアルなファッションに合わせる革靴の場合は、シューレースホールが「外羽根式」の品がおすすめです。

「シューレースホール」とは靴紐を通す穴のことで、靴紐部分と靴の甲が一体化した「内羽根式」と、靴紐が独立している「外羽根式」の2種類があります。

内羽根式はフォーマル、外羽根式はカジュアルな印象を与えるため、購入の際には、カジュアルなコーディネートに馴染みやすい外羽根式がおすすめです。

自分の好みのデザインや形で選ぶ

最終的には、自分が気に入ったデザインや形を選ぶことが大切です。

購入の際には、革靴単体のデザインはもちろん、合わせたい服装のファッションをイメージして選ぶのがおすすめです。

紐を使用しない革靴もおすすめ

カジュアルファッションには、靴紐がないタイプの革靴もおすすめです。

正式なビジネスシーンなど、正装の場にはNGとされる靴紐がない革靴「ローファー」や、ベルトで留める「モンクストラップ」タイプは、カジュアルなファッションでは合わせやすいためおすすめです。

カジュアルな革靴に合うファッション

カジュアルな革靴は、シャツやデニムパンツなどのカジュアルファッションや、クラシックなアメカジスタイルに合います。

セミフォーマルなジャケパンスタイルや、ノーネクタイ半袖シャツを基本としたクールビズの時など、大人のファッションなどにも幅広く合わせることができます。

カジュアルな革靴のおすすめ10選

ドクターマーチン CORE 1461は耐久性の高い品

ドクターマーチンの1461は、もともと、耐久性の高い労働者の靴として売られていましたが、深みのあるクラシックなデザインと履き心地の良さで人気の品となりました。

1961年に製造された歴史のある革靴で、製造年月日が名前の由来にもなっており、ドクターマーチンのシンボル的な革靴です。

リーガル 56HRはカジュアルでシンプルなローファー

リーガル 56HRは、カジュアル感の強いシンプルなローファータイプの革靴です。

カジュアルファッションに合わせやすいことが特徴で、履き心地の良さも魅力です。

Visionreast ビジネスシューズは年齢を問わずおすすめの品

Visionreast ビジネスシューズ は、外羽根が広めのプレーントゥタイプの革靴です。

ビジネスシューズとしてはもちろん、シンプルなシルエットはカジュアルなファッションにも合わせやすく、年齢を問わずおすすめの革靴です。

サンエープラス 2671はコスパがよい品

サンエープラスの2671は、値段の割にしっかりとした作りでお手頃価格の製品です。

カジュアルな革靴の入門用や、急な冠婚葬祭用にもおすすめでしょう。

防滑ソールで雨の日でも滑りにくいため、実用性も高い製品です。

クラークス UK100はカジュアルで歩き疲れしづらい

クラークス UK100はカジュアルなデザインであるため、ラフなファッションと相性の良い品です。

靴底には、柔軟性とクッション性のある素材を採用しており、長時間歩いても疲れにくいのが魅力です。

季節や天候を気にせずに使えるのも魅力でしょう。

KIXSTAR カジュアルシューズは幅広い場面で使える

KIXSTARのカジュアルシューズは、通学・通勤や散歩用、軽いスポーツにも使えるマルチなシューズです。

豊富なカラーでカジュアルスタイルはもちろん、セミフォーマルなジャケパンスタイルにも相性抜群です。

ダンロップ コンフォートウォーカーCF008はコスパが高い

ダンロップの人気シリーズ コンフォートウォーカーCF008は、安価・高機能でコスパの高い革靴です。

撥水加工や軽量設計で実用性が高く、ビジネススタイルにもカジュアルスタイルにも使うことができます。

幅広な設計であるため、足幅の広い方や甲高の方でも安心です。

Forucreate レースアップシューズはデザインとカラーの豊富さが特徴

Forucreate レースアップシューズは、渋めのデザインと、しっかりとした靴底が特徴の革靴です。

カラーが豊富なため、四季を通して楽しむことができます。

ロックポート World Tour Classicは歩きやすさが特徴の品

ロックポートのWorld Tour Classicは、ウォーキングプラットフォーム製法と呼ばれる特許技術が、優れた安定性と、歩行時の足への負担を軽減してくれる革靴です。

デニムや細身のパンツなどの、カジュアルファッションとの相性も良く、シーンを選ばない事が魅力の万能シューズです。

BERLIFOOTWEAR レースアップシューズはコスパが高い

BERLIFOOTWEARのレースアップシューズは、お手頃価格ながら天然牛革を使用した、カジュアルファッションにぴったりの革靴です。

この値段で本革を使用しているのは珍しく、スエードの質感がカジュアルファッションとの相性も良い、コスパが高いおすすめシューズです。

カジュアルな革靴についてのまとめ

  • カジュアルファッションを引き締め、清潔感のある大人の落ち着いた雰囲気を演出することができるのが、カジュアルな革靴の魅力です。
  • カジュアルファッションに革靴を合わせる時は、カラーはシンプルなブラックやブラウンのものを、つま先のデザインも個性的すぎないプレーン・トゥのものが、さまざまファッションに対応できるためおすすめです。
  • 商品選びの際は、サイズのチェックやお好みデザインを選ぶ事はもちろん、お気に入りのファッションに合わせた革靴選びをするのがおすすめです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧