この記事では、アイライナーについて解説します。
アイライナーは目の印象を変えるメイクアイテムです。
アイライナーを使うことで、表情を優しく見せたり、力強くクールに見せることができるなど、大きく自分のイメージを変えることができるでしょう。
目の印象を変えたいという方は、この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

そもそもアイライナーとは何か?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ペンシルタイプのおすすめ品

アイライナーは、アイラインを描くときに使うメイクアイテムです。

目の形を大きく、くっきりと見せるための線を目のふちに描くときに使います。
アイライナーを引くことで、目力を演出することができます。

アイライナーの種類

タイプ特徴メリット・デメリット
ペンシルタイプペンシルタイプは、形と使い方が鉛筆と同じようになっているのが特徴鉛筆のように芯があり、初心者でも使いやすいのがメリットです。
しかし、鉛筆と同じように削る手間がある点や、肌にやさしくするために柔らかすぎて折れやすいといったデメリットがあります。
リキッドタイプリキッドタイプは、液を塗りつけてアイラインを描くタイプ肌にアイラインが密着しやすいため、しっかり乾かすことでアイラインを長くキープできることがメリットです。
色の調整がしやすいといった特徴もあります。
デメリットは使い慣れるまでは失敗が多くなり、アイラインを引くのが難しい点でしょう。
一度失敗してしまうと、直すことが難しいのもデメリットです。
ジェルタイプジェルタイプはペンシルタイプやリキッドタイプの特徴も兼ね備えているメリットは、描いたアイラインが落ちにくく、にじみが少ないことでしょう。
なめらかにアイラインを描くことができます。
しかし、肌の状態によってはにじみが起きたり、種類によっては乾燥が速いため、早く使い切ってしまわないと使えなくなるというデメリットがあります。

アイライナーの選び方

アイライナーには3つの選び方があります。
「顔に合う色」「なりたい目」「コストパフォーマンス」です。
以下では、自分にあったアイライナーの選び方について解説します。

自分の髪などに合った色を選ぶ

魅力的な目は、自分の体の色に合わせることが重要です。

髪や肌、目の色に自然に合う色を選ぶと、バランスが良いでしょう。

自分の理想の目を作れる種類を選ぶ

たれ目や涙袋、大きな目などの、自分が理想とする目を描けるタイプを選ぶのがよいでしょう。

使い慣れることができれば、リキッドタイプが細やかな線を描くことができるため、いろいろな目に挑戦することができます。

価格で選ぶ

普段からアイラインを描きたい人は、価格で選ぶことをおすすめします。

各メーカーが低コストで優秀なアイライナーを発売しているため、使い続けることのできる価格のアイライナーを選ぶとよいでしょう。

アイライナーの初心者向けの使い方

アイラインを引くときには、大きめの鏡と、リカバリー用の綿棒を準備しましょう。
鏡に向かったら視線を下のほうに向けて上まぶたを指で軽く上に持ち上げながら、ゆっくりとアイラインを引いていきます。
目尻から中央まで、逆に目頭から中央まで引いて、中央の重なった部分はなじませます。
ペンシルタイプが初心者には扱いやすいです。
ペン先をまつげの下からあてて、まつげと眼とのすき間を埋めるようにして、できるだけ細く引いていきます。

描き方効果
一重の方はアイラインが適度に見えるように描く一重の方は、アイラインが適度に見えるように描くのがポイントです。

一重の方は、しっかりアイラインを描かないと、アイラインが隠れて見えなくなってしまいます。
細い線を描いたあとにまつ毛のすき間を埋めていき、アイラインが隠れず太すぎずを目指すとよいでしょう。
二重の方は柔らかくナチュラルに仕上げる二重の方は、キツイ印象や厚化粧に見えないように、柔らかくナチュラルに仕上げるのがポイントです。

目や髪の色に合わせたアイライナーを使って、細めの線を描き、最後にぼかすことでナチュラルな印象にできます。
奥二重の方は細く描き目尻に向かって強調するとよい奥二重の方はまぶたでアイラインが見えなくなってしまいがちです。

細く描き、目尻に向かってアイラインを強調するように描くと効果的に見せることができます。

ペンシルタイプのおすすめ品

ナチュラグラッセ アイライナーペンシル

ナチュラグラッセ アイライナーペンシルは、アイラインが描きやすく、芯が柔らかくて痛みを感じる人が少ないペンシルタイプのアイライナーです。

にじみが少なく、肌の保湿・保護成分も含まれていて、非常に使いやすい品です。

created by Rinker
ナチュラグラッセ(naturaglace)
¥2,400 (2022/09/25 23:51:35時点 Amazon調べ-詳細)

THREE スリー メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル

メズモライジングのこの品は、色の種類が多く、ブラシでぼかすことでアイシャドウとして使うこともできる使いやすいアイライナーです。

芯も柔らかく、ラインの調整が自由にできるため、初心者でも長く使用することができるでしょう。

リキッドタイプのおすすめ品

アディクション リキッドアイライナー

アディクション リキッドアイライナーは、発色がよく、色のバリエーションがあるアイライナーです。

Kパレット リアルラスティグアイライナー24hWP

Kパレットのこの品は、ウォータープルーフで目元がにじみにくく、細やかなラインも描きやすいリキッドタイプのアイライナーです。

金額もリキッドタイプでは低めであるため、使いやすい一品です。

ジェルタイプのおすすめ品

キャンメイク クリーミータッチライナー02 ミディアムブラウン 単品 0.08g

キャンメイク クリーミータッチライナー02 ミディアムブラウン 単品 0.08gは、人気のジェルタイプのアイライナーです。

アイラインの描きやすさ、キープ力、にじみにくさなど、全体的にバランスが取れていることから人気の商品となっています。
また、商品の持ちもいいため、一度買うと長く使い続けることができるでしょう。

KATE シャープロックジェルペンシル

KATE シャープロックジェルペンシルは、細いラインが描けて、下まぶたのアイラインが描きやすいジェルタイプのアイライナーです。

ペンシル型ですが、ジェルタイプなので描き心地はなめらかで、細い線も描くことができます。
描きやすさや描き心地を重視したい人におすすめの品です。

プチプラのおすすめアイライナー

スプリングハート ロングラスティングアイライナー

スプリングハートのこの品は、プチプラ価格のペンシルタイプでは、にじみにくさと描きやすさが魅力の品です。

しかし、長時間使用しているとにじみができてしまうため、アイライナーをつけている時間を考えて使うとよいでしょう。

セザンヌ 極細アイライナーEX

セザンヌ 極細アイライナーEXは、極細なので思い通りのラインが描きやすくウォータープルーフ+湿気プルーフなので夏にもピッタリの製品です。

コストパフォーマンスがよく、ムラになりにくいのにお湯で落とせる優れもの。

デパコスのおすすめアイライナー

メタリックライナー[アイライナー]

LUNASOL メタリックライナーは、筆が極細でとても描きやすく、ラインの太さも自由にできる製品です。

最大の特徴がであるメタリックな質感が、クールな雰囲気を演出し、ワンランク上のアイメイクを演出してくれます。

CHANEL スティロ ユー ウォータープルーフ

CHANELのこの品は、にじみにくく、芯が柔らかくて描きやすいペンシルアイライナーです。

落ちにくさにも定評があり、しっかりメイクをしたいときに活躍するでしょう。

リキッドブラシペンアイライナー (EDGE BROWN)

NARS コーライナーは、描き心地がとても柔らかく、力を入れなくてもサラッときれいに描けるペンシルアイライナーです。

目力アップのための、目元を少しくすませたスモーキーアイメイクをするときにピッタリのアイライナーです。

created by Rinker
SISTER ANN
¥792 (2022/09/25 23:51:41時点 Amazon調べ-詳細)


参考動画 【初心者向け】メイク講師が教えるアイラインの引き方

あわせて読みたい

 

アイライナーについてのまとめ

  • アイライナーは目の形を変えることで、顔の表情を自分の理想に近づけるためのアイメイクアイテムです。
  • アイライナーの種類には、使いやすい「ペンシルタイプ」細やかな調整のできる「リキッドタイプ」ペンシルタイプとリキッドタイプの両方の性能を持った「ジェルタイプ」の3種類があります。
  • アイライナーを選ぶときのポイントは、キレイに魅せるための「顔に合う色」理想の「なりたい目」使い続けることのできる「コストパフォーマンス」を基準にするといいでしょう。
  • アイライナー初心者の方のアイラインを描くコツは、一重、二重、奥二重と、まぶたのタイプに合った描き方をすることです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
ナチュラグラッセ(naturaglace)
¥2,400 (2022/09/25 23:51:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SISTER ANN
¥792 (2022/09/25 23:51:41時点 Amazon調べ-詳細)