SONY Cyber-Shot(DSC)シリーズ(コンデジ)とは

SONYのCyber-Shot(DSC)シリーズは、SONYのデジタルカメラです。

初代のCyber-Shotは、DSC-F1で1996年に発売を開始しました。Sonyでは、Cyber-Shot以外にもデジタルマビカなどのデジタルカメラを製造していましたが、現在はCyber-Shotに統一されています。

2010年に発売を開始されたCyber-Shotモデルには、メモリースティックDuoとSDメモリカードが対応されています。

SONYと提携しているカール・ツァイスのライセンス許諾生産品がデジタルカメラのレンズ部分に使われているのが特徴です。

SONYらしさを持つデザインが採用されており、独創性溢れるデザインのモデルが多いのが特徴です。

業界初ではありませんが、SONYが採用したレンズ部分を回転させてアングルを変えて撮影をするデザインなど他のメーカー製品に影響を与えてきました。

その後、2005年にコニカミノルタと提携し、デジタル一眼レフカメラの共同開発をはじめます。

Cyber-Shotシリーズの特徴として、型番にDSCという型番から始まります。

どれもそのシリーズごとの特徴を持っており、どのように使用したいかと言う点からシリーズを選択するといい様になっています。

シリーズには、Fシリーズ・Dシリーズ・Sシリーズ・Pシリーズ・Uシリーズ・Vシリーズ・T/TX/TFシリーズ・W/WXシリーズ・Lシリーズ・Mシリーズ・MDシリーズ・H/HXシリーズ・Nシリーズ・R/RXシリーズ・Gシリーズ・QXシリーズなどがあります。

見分け方は、型番の表記で、初代はFシリーズですが「DSC-F」と表記されています。

SONY Cyber-Shot(DSC)シリーズ(コンデジ)のカメラの特徴

SONYのコンパクトデジタルカメラCyber-Shot(DSC)シリーズは、デザインも上品なものが多く幅広い年代に愛されているカメラです。男性女性どちらでも使うことができる色展開も特徴です。

また、カメラとしての機能も非常にすぐれており、どの機能を使いたいのかで使用するカメラを選択するのがおすすめです。

大型センサーモデルは、妥協しない高画質を楽しめるモデルです。高倍率ズームモデルは、距離が離れている被写体でも難なく撮影できる高倍率ズームができるモデルです。

スタイリッシュコンパクトモデルは、シンプルなデザインのモデルで、かんたん手軽さが特徴のシンプルなデジタルカメラです。レンズスタイルカメラシリーズは、スマートフォンとつながる新スタイルカメラと呼ばれています。SONYならではの斬新な機能をもった新しいデジタルカメラです。

コンパクトでシンプルな誰でも気軽に持って歩くことのできるコンパクトデジタルカメラのCyber-Shot(DSC)シリーズですが、SONYだからこそできる技術が豊富に詰まっているカメラなのです。

画素数はシンプルコンパクトでも2010万画素、光学8倍ズーム、CCDセンサーなど様々な機能が備わっています。

SONY Cyber-Shot(DSC)シリーズ(コンデジ)のカメラの価格帯

SONY Cyber-Shot(DSC)シリーズ(コンデジ)のカメラの価格帯
¥15,000円~¥190,000円

スタイリッシュコンパクトモデル:約15,000円
高倍率ズームモデル:約26,000円~約50,000円
大型センサーモデル:約80,000円~約190,000円

SONYのCyber-Shot(DSC)シリーズは、それぞれ特徴が違うモデルで機能によって金額も変わってきます。オープン価格で販売されているものも多いので、今回はソニーストアの金額を調べました。

もっとも手軽でシンプルなDSC-W830なら20,000円以内で購入できるのは嬉しいですね。シンプルといっても、2010万画素で8倍ズームが可能です。
高倍率ズームで50倍ズームが可能なDSC-HX400Vは、約50000円程度で購入が可能です。

大型センサーモデルであるDSC-RX0は、約80,000 円となっており、魅力的なカメラとなっています。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ