電動スケボーとは、ストリートアイテムのスケートボードに、電動モーターを搭載したものです。

電動スケボーは、ただ単に見た目のデザインや軽さだけではなく、バッテリーやスピードなど、通常のスケボーに加えていくつか選ぶポイントがあります。

ここでは、電動スケボーは日本で利用できるかの注意点の選び方や、おすすめ商品をご紹介いたします。

購入を検討されている方や、電動スケボーを実際にお探しの方は、ご参考ください。

電動スケボーは日本で使えるのか

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

電動スケボーの商品紹介

スケボーの本場でもあるアメリカの一部の州では、電動スケボーによる公道走行は合法化されていますが、日本においては電動スケボーによる公道走行は禁止されています。

電動スケボーは車両扱い

電動スケボーはモーターを原動力として走行するため、日本の道路運送車両法において電動スケボーの立場は、原動付自転車(原付バイク)と同等の扱いになります。

つまり公道カートなどと同じジャンルに分類されるため、電動スケボーは車両として扱われることになります。

公道で走行するためには、ナンバーの取得、免許など、いくつかの条件を満たす必要があり、車両扱いになるため、電動スケボーでの歩道の走行も禁止されてます。

公道で使用した場合は?

もし仮に誤って電動スケボーで公道を走行した場合は、道路運送車両法の安全基準に適合していないため、整備不良車両運転が適用、道路交通法の違反として処罰される可能性があります。

罰則としては、整備不良車両運転の場合は、「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」そこからさらに電動スケボーでは自動車損害賠償責任保険や自動車損害賠償責任共済の契約をすることができません。

これら強制保険の契約を締結していない罰則として「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が適用されることもあります。

さらに最悪の場合、電動スケボーは原付バイクと同じ扱いになるため、原付免許が必要となり、所持していない場合は「無免許運転」となり、検挙された場合は「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」が科せられます。

日本では私有地で楽しもう

何かと制約の多い電動スケボーですが、日本国内においても身近な場所で電動スケボーは楽しめます。

  • 私有地
  • 専用パーク
  • サーキット

これらの場所であれば、電動スケボーを楽しめます。

身近な所でいえば、私有地である大型の駐車場や公園、空き地などでは許可を取ればOKです。

最近ではセグウェイや電動スケボーを対象にした専用パークや、モータースポーツ用のサーキット場などでも楽しむことができます。

電動スケボーを選ぶ時のポイント

冒頭でもあったように、電動スケボーは通常のスケボーに比べ選ぶ要素が多く、ここで紹介する選ぶポイントは電動スケボーの性能に直結する部分も多いです。

まず、電動スケボーの選び方を項目別に解説いたします。

バッテリー容量

電動スケボーは搭載しているバッテリーによって、スピードや走行距離、充電時間などが異なります。

バッテリー性能が高ければ高いほどスピードが出て、走行距離も長く充電時間も短いです。

バッテリーの目安としては、1回の充電で20km以上の連続走行を基準として、自分に合ったバランスの良い電動スケボーを選びましょう。

スピード

電動スケボーのスピードは時速10Km~20Km程度が目安と申しましたが、最近であれば時速50km程出る電動スケボーも発売されてます。

これはのモーターが高性能化したことが要因としてあり、モーターがそのものが性能にも直結するので、選ぶ上で重要なポイントともいえるでしょう。

ただし、時速50kmともなると原動付バイクと同等のスピードです。

危険度も増すことになるので、速ければ良いというわけでもなく、自分の体感に合ったスピードの電動スケボーを選ぶことが大事になります。

初心者の方であれば、まずは速度の小さい電動スケボーから始めるのが一番でしょう。

持ち運びやすさ

電動スケボーは基本的に外で使うため、使用する際に持ち運びは必須になります。

電動スケボーの中には一般的な大きさあってもバッテリーが小さく軽いものもあるため、購入する際に電動スケボーの重量は忘れずチェックしておきましょう。

安定性で選ぶ

スケボーはバランス感覚と安定感のあるライディングがものを言う競技であり、それは電動式であっても同様のことが言えます。

電動スケボーを選ぶ際は、上記にあったバッテリーやスピードに加え、ボードそのものの安定性も非常に重要なポイントといえるでしょう。

安定性を重視して電動スケボーを選ぶ際は、ボード面積の広いものや、タイヤが太くて大きいものほど安定性を保ったまま走行することができます。

その分全体の見た目のバランスが悪くなったり、スピードが落ちてしまうこともあり、一長一短といえるでしょう。

電動スケボーの商品紹介

Cool&Fun HB11 電動スケートボード

最大時速22km、走行距離は12~15kmの初心者向けの電動スケボーです。

耐荷重も110kgまで対応でき、全長も長い目に設計されているので、安定感もあります。リモコンによる遠隔操作や速度調整も可能なので、機能性にも優れたモデルです。

ロングボードクルーザースケートボード

初心者向けに設計された軽量タイプの電動スケボーです。

使いやすい液晶画面が搭載されたリモコンで、走行距離やバッテリー寿命、スピード設定などが簡単に確認でき、初心者向けと上級者向けのライディングモードがあるため、レベルに応じてモードを変更できます。

enSkate Woboard mini スケートボード

4段階のスピード調整が可能な電動スケボーで、初心者から上級者まで幅広く対応できるモデルです。

各パーツの交換も手軽に行え、洗いやすい仕様にもなっているので、メンテナンスも楽に行うことができます。

電動コンプリートスケートボード LEDライト/Bluetoothオーディオ内蔵

最大時速35kmまでのスピード、各制御装置の搭載など、バランスのとれた性能を持った電動スケボーです。

バランスが良いだけではなく、LEDライトとBluetoothオーディオを内蔵しているので、夜間での使用も安心して行え、Bluetoothオーディオで快適なライディングを楽しめます。

電動キャスターボード スケートボードデッキ

親しみやすいウッド調のボードを採用した電動スケボーで、価格帯も他のモデルに比べ安くコスパに優れたモデルです。

4スピードエルゴノミックリモートや、液晶画面を備えた使いやすいエルゴノミックリモコンなど、価格帯や機能性を見ても、初心者におすすめのモデルと言えます。

電動スケボーのまとめ

  • 電動スケボーを選ぶ際は、バッテリー、スピード、安定性を重視し、それに加えて自分好みのデザインで選ぶのがポイントです。
  • 電動スケボーは時速50km以上のスピードが出るモデルもあるので、使用の際は事故や怪我などに注意して使用しましょう。
  • 日本での電動スケボーの公道走行は禁止されているので、私有地や専用パークなど、電動スケボーを使用しても良い場所で必ず使用し、また使用の際は、その場所のルールやマナーなどを必ず守りましょう。
商品一覧