この記事では、スマホのタッチパネルと、ノートパソコンのタッチパッドが反応しない時の原因と対処方法を解説します。

この記事を読むことで、自分の問題に合った対処方法を試すことが出来ます。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ

目次

タッチパネルの仕組みは2種類

タッチパネルを備える機器は、指の触れている位置を座標として識別しており、仕組みは「抵抗膜方式」と「静電容量方式」の2種類です。

抵抗膜方式は、画面の表面に透明なボタンスイッチが敷き詰められています。

指でタッチするとボタンスイッチが押されることで電気が流れ、タッチされた位置をX軸Y軸の座標として位置を検知する仕組みです。

指でタッチした特定の場所1点だけが識別されるため、複数箇所をタッチしてもボタンスイッチは動作しません。

1点だけが識別される特性から、指で直接タッチするだけでなく、手袋をしたままのタッチやペン先でのタッチにも動作します。

抵抗膜方式のタッチパネルが採用されているのは、主に医療機器や設備機器、計測器のような産業用機器のパネル、コピー機、カーナビなどです。

静電容量方式はタッチパネル全面が静電気のような微弱な電気を帯びています。

人間の身体は電気を通すため、指でタッチしたタッチパネルの部分から電気が指の方へ流れることで電気が変化します。

機器本体が指でタッチした部分をX軸Y軸の座標として識別できるのは、タッチパネル表面の電気の変化を検知しているためです。

静電容量方式は複数の座標を検知できるため、指1本でタッチしているのか、2本でタッチしているのかを識別できます。

静電容量方式のタッチパネルが採用されているのは、主にスマホやタブレットなどです。

 

スマホのタッチパネルが反応しない

以下では、スマホのタッチパネルが反応しない時の理由と解決方法を紹介します。

指の乾燥が原因

指先が乾燥していると、スマホのタッチパネルが反応しないことがあります。

冬場になるとスマホの電話が鳴っていても指が反応せず電話に出られなかったり、メールの送信ボタンを押しても反応しなかったりなどという経験をした人も少なくないでしょう。

乾燥によって指先の水分量が少なくなると、タッチパネル上の電気が指に流れにくくなり、指の触れている座標を識別できなくなるためです。

簡単な対策として、ひとつは、手洗いやウェットティッシュ等で指先を少し湿らせてから、タッチする方法です。

もうひとつは、スマホの画面をリフレッシュさせる方法です。一旦、待機状態として暗くしたのち、再び画面を点けることで、タッチパネルが認識できる可能性があります。

汚れが原因

汚れが電気の流れを滞らせてしまうことで、タッチパネルが反応しないことがあります。

スマホのタッチパネルが汚れていると、その表面に電気を均一に溜められなかったり、指でタッチした部分から電気が流れなかったりするためです。

画面を傷つけないような柔らかい布や専用のスマホクリーナーなどでタッチパネル表面の汚れを取り除くと、表面の電気が均一化されて指のタッチに反応するようになります。

保護シートが原因

販売されている保護シートは対応するスマホの機種毎にあります。

タッチパネルに貼られた保護シートの上からでも指のタッチが検知できるように、スマホのタッチパネルの感度は高く設定されています。

適用外の保護シートを貼ると、シートの厚みによって指のタッチを検知できなくなることがあります。

保護シートをタッチパネル表面に密着して貼り付けていなかったり、保護シートが古くなって劣化したりすると、保護シートとタッチパネルとの間に空気が入ってしまい、指のタッチを検知できません。

貼っている保護シートは剥がして新しい保護シートをしっかりと密着させて貼ることが大切です。

アプリを開きすぎている事が原因

たくさんのアプリを開いた時は、画面を切り替えた際にアプリが直ぐに動くように、アプリの状態が記憶されていく場所がスマホ内キャッシュメモリです。

道案内のような地図アプリは画面に表示されていない時も、バックグランドで動作し続けています。

指のタッチに反応しなくなるのは、スマホ内部で各々のアプリ状態を記憶管理し続け、バックグランド動作が行われるアプリは動作し続けて、タッチパネルの反応に割り当てるための必要なメモリが少なくなることも原因です。

スマホをサクサク操作できるようにするために、当面使わないアプリを終了させるとよいでしょう。

それでもタッチパネルの反応が遅い時は、スマホを再起動させることでスマホ内キャッシュメモリをリフレッシュさせることが出来ます。

ノートパソコンのタッチパッドの場合

ノートパソコンの操作で、マウスからタッチパッドに切り替えた時や何かの操作後に、タッチパッドが動かない時があります。

タッチパッドが動かない主な原因を三つ解説します。

タッチパッドを有効にする方法

タッチパッドが汚れている時は、まず汚れをきれいに落とし、次にタッチパッドの設定が有効になっているか確認します。

タッチパッドを有効にするには、ノートパソコンの種類によりますが、[Fn]キーを押しながら、[F5]キーを押すことで行います。

[F9]キーや[F3]キーに設定されている機種や、タッチパッドの有効/無効用の専用キーが付いている機種もあるため、使っているノートパソコンの取扱説明書を確認するとよいでしょう。

Windows OS上の設定状態を確認することも大切です。Windowsボタンからコントロールパネルを開いて「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

中に表示された「デバイスとプリンター」の項目にある「マウス」をクリックしてマウスのプロパティを開き、「デバイス設定」のタブを選んで、「Synaptics TouchPad…」が無効になっていないか確認をする事が大切です。

無効になっている時は、「有効」をクリックして最後に「適用」をクリックするとタッチパッドの設定が有効になります。

有効にしてもタッチパッドが動かない場合は、デバイスドライバが壊れている可能性があります。

このような時は、タッチパッドの制御プログラムを再インストールすることで解消されることがあります。

Windowsボタンからコントロールパネルを開いて、「プログラム」の「プログラムのアンインストール」をクリックするとよいでしょう。

プログラム一覧の中から、「Synaptics Pointing Device Driver」を見つけて右クリックで「アンインスール」を選択します。

アンインストールが実行されると、タッチパッドの制御プログラムが削除されたのちに、自動的に再インストールまでされます。

タッチパネルについてのまとめ

  • タッチパネルの仕組みには抵抗膜方式と静電容量方式がありますが、スマホは静電容量方式が採用されています。
  • スマホのタッチパネルが反応しない時は、「指先を湿らせる」「タッチパネルの汚れを取る」「保護シートを交換してタッチパネルと保護シートの間に空気の層を作らない」などの対策をします。
  • ノートパソコンのタッチパッドが反応しない時はタッチパッドの汚れを取るとともに、タッチパッドの設定を確認して、無効になっている時は有効にします。