この記事では、折りたたみ傘の選び方やメンテナンス方法について解説します。

折りたたみ傘は頻繁に使うものではありませんが、天気が悪い日はもちろんのこと、雨の予報が出ている時は必ず持ち運ぶものです。

普段は使わないものであるからこそ、おしゃれアイテムとしても折りたたみ傘は役立ちます。

たくさんの種類があるため迷ってしまいますが、用途やシチュエーションに応じて自分に合った折りたたみ傘を選ぶことが重要です。

この記事を通して、自分の好みに合った折りたたみ傘を検討することが出来ます。

折りたたみ傘の選び方

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

折りたたみ傘のおすすめ品

折りたたみ傘を選ぶ時には、総合的に選ぶことが大切です。

たくさんの商品がありますが、それぞれに特徴や個性があり、持ち運びのしやすさ大きさなども多くの種類ががあります。

ご自身のTPOやシチュエーションに合わせたデザイン性や価格も考えて探すことが大切です。

持ち運びのしやすさ

朝、出かける前に雨の予報が出ている時に、気軽に持ち運びがしやすいというポイントはとても重要です。

普段からいつ雨がふっても大丈夫なようにバッグに入れておいても、気にならない大きさや重さであれば安心できるでしょう。

折りたたみ傘であるため、閉じるとコンパクトになりますが、収納するケースがどのようなものかも考慮するとさらに良いでしょう。

ケースにはポーチ型になっている折りたたみ傘と同じ素材のものや、革やプラスチック製などのケースになっているものもあります。

ポーチ型や革製のケースを使用したあとは、濡れているためそのままバッグに入れにくいですが、プラスチック製や防水性のものは、気にせずバッグに収納できるという利点があります。

折りたたみ傘は閉じると高さが約35cm位になるものが多いですが、さらにコンパクトな20cm弱になるものもあります。

普段から持ち歩いたり旅行などで持ち物が多い場合はとても便利です。

開いた時の大きさ

折りたたみ傘を開いた時にどのくらいの大きさになるかは、しっかりと考慮しておく必要があります。

雨が降っている時に自分が濡れないのはもちろんですが、荷物などが濡れない大きさなのかも重要です。

折りたたみ傘を開いた時に直径が100cm前後あれば、自身とハンドバッグやビジネスバッグ等の小さな荷物は濡れずに済みます。

中には90cm以下のの小さなものもありますが、この場合は荷物が濡れてしまったり折りたたみ傘を持っていない側が濡れてしまう場合があるでしょう。

どのくらいの大きさが適正なのかは、身長の高さや体の大きさによって変ってきます。目安として身長が160cm~170cm位であれば、直径が100cmが目安です。

折り畳み傘の直径ばかりではなく、開いた時の柄の長さもあわせてチェックすることが大切です。

折りたたみ傘の中には、収納時を出来るだけコンパクトにするために、柄の長さが極端に短いものもあります。

あまりにも短い場合は、折りたたみ傘をさす時に腕を常に上げた状態にしないとならないため疲れやすくなります。

柄の長さは55cm以上あると無理なく持つ事ができ、長時間安定して折りたたみ傘を持つ事ができます。

折れにくいかどうかなどの強度

折りたたみ傘が、突風などに強いかどうかや経年劣化により壊れにくいかということも大切です。

強度や強さを測る目安として、折りたたみ傘の骨組みの素材や、骨組みが何本あるかがある程度の目安になります。

素材はスチール製やアルミ合金製、グラスファイバーやカーボンを使用したものが一般的です。

この中でも、グラスファイバーやカーボンを使用した骨組みは経年劣化にも強く、強度も強く風などにも強く折れにくい素材と言えます。

骨組みは一般的に8本や10本、12本で構成されて作られています。

骨組みは多ければそれだけ強度が高く、突風や強風に強いため、折れにくく長持ちさせることが可能です。

どのメーカーやブランドの傘も目安として、グラスファイバー製の10本の骨組みの場合、風速12m/sの突風でも折れずに耐えられるようになっています。

価格

折りたたみ傘を選ぶ時には、大きさや強度などはもちろん重要ですが、価格も気になるところです。

一般的に骨組みがグラスファイバー製のもので、傘の材質が撥水加工された物だと、3,000円~10,000円位の価格帯が多くなります。

安い価格帯で1,000円台の折りたたみ傘もありますが、大きさが不十分だったり材質的に強度が弱いものが多いため、長く愛用するには向いていません。

ハイブランドの折りたたみ傘もあり、10,000円以上するものもあります。こちらは機能面や材質面というよりもファッションアイテムとしての折りたたみ傘というものが多くなります。

機能面や強度だけで考えると3,000円~5,000円位のものが種類も多く、満足できる折りたたみ傘が多くあるため、これを基準に御自身のTPOに合わせて選ぶと良いでしょう。

デザイン性

折りたたみ傘のデザインは、傘の部分と柄の部分のデザインで使用するシチュエーションを考慮するとよいでしょう。

傘の部分は無地のものが多いですが、無地の場合は通勤やビジネスシーンなどにはスタイルに関係なく合わせやすくなります。

また、ちょっとしたお出かけやどのようなスタイルにも合わせやすく、様々なシチュエーションで持ち歩くことができます。

ほかに普段使い用や、特別な時に使用するものとして選ぶ場合は、様々なデザインが施されているものも多くあるため、御自身のファッションスタイルにあわせて選ぶと良いでしょう。

柄の部分は折りたたみ傘を選ぶ際に意外と見落としがちになるため、柄のデザインもしっかり見ることが大切です。

多くは基本、楕円形の形状のものが多いですが、大きさや質感、色など様々なものがあるため、傘の部分と合わせて考慮することが大切です。

折りたたみ傘のメンテナンス方法

使用した後は必ず風通しのよい場所で陰干しする

雨の日に使用した後の折りたたみ傘は、カビや汚れなどによる劣化を防ぐ為にも、必ず風通しのよい場所で陰干しすることが必要です。

水滴がついており、そのままケースに入れておくと、カビが生えやすくなるため注意が必要です。

カビや外での汚れは材質を劣化させる原因にもなる上、材質によっては骨組みの部分が錆びてしまうなど、折りたたみ傘の寿命を縮めてしまいます。

そうならないためにも、雨の日に使用した後は必ず、傘を開き風通しの良い場所で陰干詩をする事が大切です。

直射日光は折りたたみ傘の材質を傷めたり、色褪せが起こったりする場合があるため注意が必要です。

定期的に洗浄した方がよい

折りたたみ傘は、使用しなかったとしても定期的に洗浄した方が良いでしょう。

使用していなかったとしても、カビや嫌な臭いの元となるモラクセラ菌が付着してしまいます。

洗浄のしかたはそれほど難しいものでもなく、おしゃれ着用の中性洗剤と柔らかいタオル、洗面器があれば大丈夫です。

お風呂場や庭などで洗面器に水を入れて、おしゃれ着用の中性洗剤を入れ、その洗浄液で折り畳み傘を撫でるように洗っていきます。

汚れの気になる箇所や骨組みの下部分は重点的に洗うように注意が必要です。

洗浄した後に、バケツに重曹を溶かした水を作り、閉じた状態で2時間位つけておくと、防カビ効果があったり、モラクセラ菌を死滅させて傘を開いた時の嫌な臭いを防いでくれます。

また、洗浄の後は直射日光に当てたりそのまま放置したりせずに、必ず風通しの良い場所で陰干しすることが大切です。

折りたたみ傘のおすすめ品

Hr.MAGIC CARBONSTEEL gemは丈夫で高いデザイン性が魅力

ヨーロッパの傘老舗ブランドのドップラー社製のHr.MAGIC CARBONSTEEL gemは1、00kmの風にも耐えることが出来たという耐久性と、高いデザイン性が魅力の折り畳み傘です。

また、開閉どちらもボタン一つでワンタッチで出来るようになっていて利便性も高い事が魅力です。

小宮商店 ミラトーレ折りたたみ傘は丁寧に作りこまれた上品さが特徴

小宮商店が、昭和初期から傘を作り続けている小宮商店のミラトーレ折りたたみ傘は、高い撥水性と丈夫さが特徴の折りたたみ傘です。

アフターケアもしっかりしており万が一故障した場合は1年間無料修理してくれます。

一本一本丁寧に作りこまれており、憂鬱な天気の日でもワンランク上の上品さを演出してくれます。

クニルプス T.220は機能性・デザイン性共にレベルが高い

クニルプス T.220 折りたたみ傘は、機能面・耐久性。デザイン性が総合的にレベルが高くなっている折りたたみ傘です。

機能面ではワンタッチで開閉出来、セーフティーシャフト機能が安全面もカバーしています。

傘の骨組みの箇所によって違う部品の素材を使用し、優れた耐久性を実現しています。

一見無地ですが。光が当たると模様がさりげなく浮かび上がるデザインが遊び心を刺激する折りたたみ傘です。

フルトンG323 Junbo-1は多きくカバーできる品

フルトンG323 10259 Fulton Junbo-1は、開いた時の直系が125cmあるため、体の大きな方や、大きな荷物を持ち運ぶときも雨に濡れないようしっかりカバーしてくれます。

大型ではありますが、デザイン性は気品があり、海外セレブにも人気の高いブランドです。

Mujina MJ-1032はUV加工もしてある晴雨兼用タイプ

Mujina MJ-1032は、雨の日ばかりではなく、UPF40+でしっかり紫外線を防いでくれるため、日傘としても使用出来ます。

骨組みの素材は、グラスファイバーを使用しており強度も心配いりません。シンプルなデザインでもあるため、ビジネスや普段使いどちらにも使えるのが魅力の折りたたみ傘です。

男性に人気の折りたたみ傘

Knirps X1はどんな場面でもワンランク上に見せてくれます

Knirps X1は、質感、デザインが素晴らしく、ビジネスや特別なシチュエーションでも持っているだけで、ワンランク上の雰囲気を感じさせてくれる折りたたみ傘です。

もちろん機能や材質、大きさもすばらしく、出来る男性に人気が高い折りたたみ傘です。

Nu-Rain W0101は高い撥水性が魅力でビジネスマンに人気

Nu-Rain W0101は、ノンコーティングでありながら、特殊技術で高密度に織り上げあられた撥水性、耐水性の高さが人気の折り畳み傘です。

コスパも良く、柄の部分のグリップデザインと素材の握りやすさで、長時間の使用も疲れにくい設計になっています。

TOTES 20167523BLKは直径124cmの大きさが魅力

TOTES 20167523BLKは、開いた時に直径124cmの大きさがあり、大柄な男性やリュックや大きな荷物もしっかり雨から守ってくれる折りたたみ傘です。

「二重フラップ構造」という特殊な作りになっており、風の強い日に傘がひっくり返りにくい構造になっているのも魅力です。

女性に人気の折りたたみ傘

solshade 完全遮光折りたたみ傘は女性らしいフリルデザイン

solshade 完全遮光折りたたみ傘は、直径100cmの開いた時の大きさと完全遮光、UVカット率99.9%で雨の日も日傘としても使えるのが魅力の折り畳み傘です。

骨組みの素材にもグラスファイバーが使用され耐久性も高く、女性らしいフリルデザインも魅力です

TOTES ds-tt8374miniはコンパクトで持ち運びに便利

TOTES ds-tt8374miniは、収納時の高さが150mmというスマホとほぼ変らない大きさで、バッグに入れておいても気にならないコンパクトさが人気の折りたたみ傘です。

収納時はコンパクトですが素材もしっかりしており、紫外線カット加工もされているので日傘としても使用できます。

イザブレラ SPJ1000-JR028-0はワインボトルのような可愛いデザイン

イザブレラ SPJ1000-JR028-0は、収納時はまるでワインボトルのようなデザインが魅力の折りたたみ傘です。

雨の日に濡れたままケースに入れて、そのままバッグに入れても大丈夫なのが魅力です。

パステル調のカラーバリエーションも6種類あるため、雨の日もおしゃれに彩ってくれます。

折り畳み傘についてのまとめ

  • 折り畳み傘は大きさや機能面、素材やデザイン、価格帯や強度など、御自身のTPOに合わせて総合的に選ぶことが大切です。
  • 使用後は必ずメンテナンスが必要で、カビや汚れは劣化を早めるため、必ず開いて風通しの良い場所で陰干しするとよいでしょう。
  • しばらく使用しない時でも定期的に洗浄し、汚れやカビを綺麗にしておくことで長持ちします。また洗浄の後、重曹を使うと開いた時の嫌な臭いを防止すると共にカビを防いでくれます。
商品一覧
ご紹介している商品一覧