この記事では、一人暮らしでテーブルを選ぶポイントをはじめとして、おすすめブランド品を解説しています。

一人暮らしでは、限られたスペースを有効に使うことを考慮しながらテーブルを選ぶことが大切です。

この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

一人暮らしでテーブルを選ぶポイント

部屋の広さを考慮して選ぶ

一人暮らしでテーブルを選ぶ際には、部屋の広さを考慮して、圧迫感のないサイズにすることが大切です。

一人暮らしの場合、多くはスペースの限られたワンルームや1Kですが、家具や壁との空間は、最低でも60㎝程度空けるとよいでしょう。

食事の際に必要なテーブルのサイズは40㎝四方ほどです。

実際にテーブルをおく際には、来客がある事も考慮しながら、間取り図にレイアウトを書き込んでみるとよいでしょう。

使用時の高さを考えて選ぶ

ワンルームや1Kでは、いくつもの家具を置くことはできません。

一人暮らしで使うテーブルは、食事や書き物、パソコン作業など、多目的な使用に適した高さを選ぶ必要があります。

一人暮らしの場合に選ぶテーブルは、フロアに直接座る場合は35cm、ソファや椅子と組み合わせる場合は、40~45cmほどが目安です。

テーブルで作業する時間が長い場合は、ダイニングテーブルと椅子という組み合わせも選択肢のひとつでしょう。

収納機能の有無を確認して選ぶ

一人暮らしで使うテーブルには、引き出しや収納スペースが付属していると便利でしょう。

ワンルームや1Kの場合、リビングスペースにはテレビのリモコンやスマートフォンの充電器を置き、本や文房具といったさまざまな小物を置くことになりますが、収納機能があれば、すっきりと片付けることができます。

必要なものをすぐ手の届く場所にまとめておけるのもメリットでしょう。

テーブルを収納することも考える

一人暮らしでは、テーブルがコンパクトに折りたためるかどうかもチェックしておく必要があります。

テーブルは常に置いたままでもよければ問題ありませんが、スペースの限られたワンルームや1Kでは使わないときには片付けておきたいこともあるためです。

そこで折りたたみ式のテーブルであれば、脚を取り外す必要もなく、簡単に収納できて便利です。

部屋の雰囲気に合うものを選んで選ぶ

部屋の中心に置かれるテーブルは、部屋の雰囲気に合わせた形や色を選ぶことも大切です。

テーブルが四角いと、違和感なくすっきりと部屋をコーディネートすることができます。

部屋に置かれる家具の多くは、直線的なものが多いためです。

一方、丸みのあるテーブルであれば、四角いものよりも部屋が優しい印象になり、人数を問わずテーブルを囲むことができます。

色に関しては、淡い色味の家具の中にあえて濃い色のテーブルを置くといった工夫をすることで、部屋の印象を引き締めることが可能です。

部屋を広く見せたい場合は、ガラスなどの透明なテーブルを選ぶのもよいでしょう。

一人暮らしのテーブルにおすすめブランドと製品

LOWYAは時代のトレンドを捉えた品が多い

LOWYAは、時代のトレンドを捉えたおしゃれなテーブルが魅力です。

コストパフォーマンスが高く、低価格でありながらも飽きのこない上質な家具が少なくありません。

デザイナーズショップであれば高価なデザインのテーブルも、LOWYAであればリーズナブルなアイテムを見つけることが出来ます。

VEGA CORPORATION LOWYA リビングテーブルは高級感がある

VEGA CORPORATION LOWYA リビングテーブルは、ワンルームでもおしゃれなテーブルを置きたいという方におすすめのリビングテーブルです。

天板の裏など、目に付きにくい箇所まで高級感ある化粧仕上げが施されています。

LOWYA 折り畳みコーヒーテーブルは簡単に折りたたむことができる

LOWYA 折り畳みコーヒーテーブルは、ワンルームでのメイン使いにぴったりのコーヒーテーブルです。

長方形であるため、楕円のテーブルよりもスペースを無駄なく使うことが出来ます。

簡単に折りたたむこともできるため、広いスペースを確保したいときには、ちょっとした隙間に収納する事も可能です。

ニトリはどんな部屋にも馴染みやすい品が多い

どんな部屋にも馴染みやすく、シンプルなデザインのアイテムが多いのがニトリです。

テーブルも伸縮や折り畳みなどの機能性が重視されたものや、耐久性に優れたリーズナブルなアイテムが多く取り揃えられています。

ニトリ センターテーブルは狭いスペースにも置きやすい

奥行き40cmとスリムな設計で、広いスペースが取れないワンルームでも置きやすいセンターテーブルです。

天板の下の収納棚は手が届きやすく、かごなどを置いて小物をまとめることができます。

ナチュラルなカフェ風のたたずまいのおしゃれな品です。

IKEAはリーズナブルでアフターサービスもよい

IKEAはスウェーデン発祥の家具メーカーです。

リーズナブルでおしゃれなデザインと、アフターサービスのよさで日本でも人気のブランドです。

テーブルも斬新なデザインが多いため、部屋の雰囲気を大きく変えることができるアイテムも豊富です。

IKEA VITTSJÖは汚れに強くお手入れも簡単な

IKEA VITTSJÖは、強化ガラス製のテーブルトップで汚れに強く、お手入れも簡単なコーヒーテーブルです。

収納棚はブラックブラウンと、ブラックのリバーシブルで使うことができます。

足の高さを微調整できるため、安定性も高い事が魅力です。

IKEA KVISTBROは部屋中どこでも使える

IKEA KVISTBROは、バスケット状の収納付きでさまざまなものを入れたり、あえて何もいれずに広々とした空間も演出できるリビングテーブルです。

コーヒーテーブル、サイドテーブル、ベッドサイドテーブルなど、部屋中どこでも使う事ができます。

テーブルトップに指を入れる穴が開いており、収納の際の取り外しも簡単な品です。

created by Rinker
イケア
¥9,120 (2020/09/28 18:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

ベルメゾンは品質の高さが魅力

ベルメゾンでは、ソファーの前に設置するローテーブルを多く取り扱っています。

テーブルは部屋の中でも主役となるアイテムですが、ベルメゾンは部屋の主役にふさわしい品質の製品が豊富です。

ローテーブル以外にも、デザイン性を重視した製品から、耐久性に優れた製品もある事が魅力です。

ベルメゾン 折りたたみ式リビングテーブルはこたつのように使える

ベルメゾンのこの品は、天板が外れ、こたつのように布団を掛けられるため、ホットカーペットの熱を有効に使えるテーブルです。

丸みを帯びたデザインで、こたつのようなコードやヒーターがないため見た目がすっきりとしています。

天板は布団をはさんでも、ずれにくい安定感のある仕様です。

ベルメゾン リビングテーブル ナチュラルは小物を収納できる

ベルメゾン リビングテーブル ナチュラルは、丁寧に仕上げられたディテールに繊細さが感じられるデザインのリビングテーブルです。

引出し付きでテーブルの上のリモコンなど、小物ををすっきりと片付けることができます。

部屋の雰囲気に合わせてナチュラルとダークブラウンの2色から選ぶことができます。

一人暮らしのテーブルについてのまとめ

  • 一人暮らしのテーブルを選ぶポイントには、サイズ、高さ、収納機能の有無、テーブル自体を収納できるかなどのほか、部屋の雰囲気も考慮する必要もあります。
  • 一人暮らしのテーブルにおすすめなブランド・メーカーには、LOWYA、ニトリ、IKEA、ベルメゾンなどがあります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
イケア
¥9,120 (2020/09/28 18:26:21時点 Amazon調べ-詳細)