この記事では、マットレスの効果やメリット、おすすめの商品を紹介します。

1日の1/3は睡眠時間であるため、健康的な生活を送る上で、マットレス選びは重要なポイントです。

マットレスの品質や価格帯はさまざまで、数多くのメーカーから販売されています。

健康的な睡眠を送るには、自分に合ったマットレスを選ぶことが大切です。

この記事を読むことで、自分に合ったマットレス選びの検討が出来ます。

そもそもマットレスとはなにか?

マットレスとは、ベッドの上や敷き布団の下に敷くことで、睡眠姿勢をラクにすることができる製品です。

基本的には、ベッド用と敷き布団用の2種類に分かれており、ベッド用の場合は、厚みがありバネを使用したスプリング仕様のマットレスが一般的です。

敷き布団用の場合は、高反発や低反発のウレタンフォーム素材のものが多く、厚みはないものの、体の負担を軽減する特殊構造の製品が多く販売されています。

マットレスは身体への負担を減らせる

マットレスの役割は、睡眠時に体の負担となる背中や腰などに掛かる負担を軽減する事です。

体圧を分散することで、頭・肩・背中・腰・お尻・足を疲れにくく、休める状態にしてくれます。

体の沈みを支えてくれるため、正しい寝姿勢を保つことも可能です。

寝返りのしやすさもマットレスの特徴でしょう。

寝ている間に負荷が掛かって身体が痛くなりやすい方や、疲れてしまう方におすすめです。

マットレスの選び方

どのようにマットレスを使うのかによっても、素材や形状など選ぶポイントはさまざまです。

人によって硬さや感触など、寝心地の感じ方が異なるため、マットレスの選び方は人によって異なります。

自分に合ったマットレスの選び方をおさえておくことがポイントです。

用途で選ぶ

ベッド用にするか、敷き布団の上に敷くのかによって、マットレスの選び方は異なります。

スプリングマットレスは、どちらの場合でも使うことができ、比較的薄手のウレタンフォームマットレスは、敷き布団の上に敷くのに最適です。

厚さは5cm以上がおすすめで、腰やお尻などに床の固さを感じる場合は、10cm程度の厚さが良いでしょう。

素材で選ぶ

マットレスの素材は、「スプリングタイプ」「ウレタンフォーム」「樹脂系」の3種類に分かれます。

スプリングタイプ
スプリングタイプはやや硬めですが、バネが入っているため弾力性があり、コイルの中は空洞になっているため、通気性が良いというメリットがあります。

スプリングタイプの中でも、「ボンネルコイルマットレス」「ポケットコイルマットレス」「高密度連結スプリングマットレス」と種類も細かく分かれています。

ウレタンフォーム
ウレタンフォームには、「高反発」「低反発」の二つがあります。

高反発は適度な硬さがあるため、体圧を分散させてラクな寝姿勢をサポートしてくれます。

点で支えてくれるような、波形状のものが多く、低反発は、衝撃吸収素材で体が沈み包み込んでいく寝心地が特徴です。

長時間の睡眠でも疲れにくく、安定した寝心地を維持することができます。

樹脂系マットレス
樹脂系マットレスは、網目構造の特殊構造が特徴的で、体を支えてくれる上、寝返りもしやすいことが魅力の素材です。通気性が良く、洗うことができるのも魅力でしょう。

高反発か低反発で選ぶ

高反発のマットレスは、沈み込まずに跳ね返す力が特徴で、寝返りを楽に行うことが出来ます。

手で押した後は、すぐに元通りになるのが高反発の特徴です。

低反発は柔らかく、体の形状に合わせてフィットするように沈み込んでくれます。

包み込まれる寝心地が特徴で、眠る際に、落ち着きや安定感を求める方におすすめです。

低反発は手で押した後、元に戻るのがゆっくりであることが特徴です。

通気性や速乾性で選ぶ

マットレス本体は、洗うことができない構造の製品がほとんどであるため、通気性や速乾性は、清潔な睡眠環境を保つためにも大切なポイントです。

寝ている時間は、汗の放出量多いため、通気性が悪いと汚れやニオイだけでなく、マットレスの劣化にも影響があります。

サイズを確認して選ぶ

マットレスのサイズには、通常の布団のように、シングル・セミダブル・ダブルという3サイズ展開が一般的です。

マットレス選びには、高さやサイズにも注意することがポイントです。

ベッド用は基本的に厚手のもので、布団の上に敷くマットレスは、3~5cm程度の厚みの品が多く販売されています。

寝心地抜群マットレスのおすすめ

MyeFoam マットレスは快適な環境を保ちやすく手軽に敷ける

MyeFoam マットレスは、敷き布団やベッドのマットレスの上にも手軽に敷ける高反発マットレスです。

専用収納袋がついており、ロール状に巻いてコンパクト収納や持ち運びも可能です。

厚さは3cmと薄型ですが、高反発ウレタンフォーム素材であるため、しっかりとした寝心地をしています。

抗菌・防ダニ加工が施されており、安心できる睡眠環境が特徴です。

通気性も良く、丸洗いできるカバーもついています。

タンスのゲン ボンネルコイルマットレスは高密度のコイルが魅力

タンスのゲン ボンネルコイルマットレスは、厚さ17㎝のベッド用ボンネルコイルマットレスです。

身体への当たりの少ないコイル形状で、体圧を高密度のコイルで支えてくれます。

ボンネルコイルの側地には、ボリュームたっぷりのキルティング生地を使用しており、ふんわり気持ちの良い寝心地で、快適な睡眠生活を送ることが出来ます

ショップジャパン トゥルースリーパーはフィット感が高い

ショップジャパン トゥルースリーパーは、ロングセラー商品で、多くの方から反響を集めています。

高性能な低反発素材「ウルトラヴィスコエラスティック」を採用しており、体のフィット感も抜群です。

弾力性や復元力も高く、柔らかく体を包み込んでくれる品です。

アイリスオーヤマ エアリーマットレスは通気性と耐久性が高い

アイリスオーヤマ エアリーマットレスは、新素材「エアロキューブ(R)」を採用した、アイリスオーヤマのエアリーマットレスです。

弾力性のあるチューブ状の繊維が絡み合って、「3次元スプリング構造」を実現しています。

体圧分散に優れており、通気性や耐久性も良く、理想的な寝姿勢で睡眠をとることができます。

本体も丸洗いできるため、いつでも清潔に保てるのが嬉しいポイントでしょう。

西川 エアー01は睡眠へのこだわりの詰まった品

西川 エアー01は、高額な商品ではありますが、快適な眠りに変えるためのこだわりが詰まっている品です。

特殊な凸凹構造による点で体を支えてくれる上、体圧分散に効果的です。

ウレタン素材の硬さは、お好みに合わせてハードとベーシックが用意されています。

圧迫感のないリラックスした寝姿勢と、寝返りのしやすさもAIRならではの特徴があります。

フランスベッド ラクネスーパープレミアムは薄手のスプリングタイプ

フランスベッド ラクネスーパープレミアムは、老舗寝具メーカー「フランスベッド」のスプリング入り敷き布団です。

数少ない薄手のスプリングタイプのマットレスであるため、しっかりとした寝心地が好きな方におすすめです。

通気性や耐久性にも優れており、お手入れも簡単で、長く愛用することができます。

JingXiGuoJi 高反発マットレスは竹炭による消臭や抗菌が魅力

JingXiGuoJi 高反発マットレスは、高反発素材に竹炭を練り込んだマットレスです。

体の負担になるような沈み込みを抑え、支えられているような寝心地を実現しています。

竹炭は消臭や抗菌に良いとされており、清潔な睡眠環境を整えてくれます。

コンパクトに収納ができ、スポーティーなデザインが特徴です。

Sweetnight 二層構造マットレスは二層構造が特徴

Sweetnight 二層構造マットレスは、ウレタンフォームの低反発と、高反発の2種類を組み合わせたマットレスです。

この二層構造は、柔らかすぎず硬すぎず、体のフィット感と理想的な寝姿勢のバランスをとる事ができます。

丸ごと洗えるインナーカバーがついているだけでなく、特殊技術により通気性も高く、防ダニ抗菌加工が施されています。

エアウィーヴ ホテル仕様マットレスは体に優しい寝心地が魅力

エアウィーヴ ホテル仕様マットレスは、マットレスのブランドとして確立された「エアウィーヴ」の商品です。

特殊なエアファイバーを使っており、薄手でもしっかりとした作りで体に優しい寝心地を実現しています。

頭から肩、肩から下半身と、マットレス1枚で2種類の硬さを調整しています。

寝返りも打ちやすく、ホテルのような寝心地が特徴です。

CoolTry 電動エアーベッドマットレスはコンパクトに収納できる

CoolTry 電動エアーベッドマットレスは、スイッチを入れてわずか3~4分で完成する電動エアーベッドです。

空気の出し入れが簡単で、使わない時にはコンパクトに収納可能です。

来客の際にも便利で、お好みに硬さに調整できるのも魅力でしょう。

厚みがあり、これ1つでベッドのマットレスの役割をしてくれます。

CoolTry エアーベッド マットレス シングル サイズ 耐荷重300kg 長さ191×幅99×厚さ38 電動ポンプ内蔵 高反発 極厚 膨脹式 折り畳みベッド 収納袋付き 寝具 マット
CoolTry

マットレスについてのまとめ

  • マットレスは、ベッド用と敷き布団用の2種類に分かれ、快適な眠りをサポートしてくれます。
  • マットレスの効果やメリットは、睡眠時に体の負担となる背中や腰などに掛かる負担を軽減してくれることです。
  • 体圧を分散することで、頭・肩・背中・腰・お尻・足を支えて楽な寝姿勢を保つことができます。

マットレスの選び方は、人によって硬さや感触など寝心地の感じ方が違うため、素材や形状など、選ぶ際には以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 用途で選ぶ
    ベッド用が敷き布団の上に敷くのかによってマットレスが異なります。
  • 素材で選ぶ
    マットレスの素材は、「スプリングタイプ」「ウレタンフォーム」「樹脂系」の3種類があります。
  • 高反発か低反発
    高反発は、沈み込みを軽減し跳ね返す力あるため寝返りがしやすいことが魅力です。低反発は、柔らかく包み込むような素材で、体の形状に合わせてフィットします。
  • 通気性や速乾性
    一年中使うマットレス本体は、洗うことができない構造のものがほとんどのため、清潔な睡眠環境のためにも通気性や速乾性は大切なポイントです。
  • サイズの確認
    シングル・セミダブル・ダブルの3種類が定番です。厚みのチェックにも注意が必要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
CoolTry エアーベッド マットレス シングル サイズ 耐荷重300kg 長さ191×幅99×厚さ38 電動ポンプ内蔵 高反発 極厚 膨脹式 折り畳みベッド 収納袋付き 寝具 マット
CoolTry