空気を入れるだけで簡単に使えるエアーベッド。キャンプなどでよく利用されていますが、普段使いにもおすすめの商品となっています。

寝心地も良く、使わない時は畳んで収納も可能です。この記事では、そんなエアーベッドの魅力や選び方、またおすすめの商品を紹介いたします。

エアーベットの魅力ってなに?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめシングルエアーベッド

エアーベッドは、普通のベッドと変わらない使い心地ですが、お手頃な価格で手に入る点が最大の魅力です。

また、空気の量の調節も可能で、空気を抜けば持ち運びも非常に便利となっています。

ここからは、エアベッドの魅力について詳しく解説をいたします。

普通のベッドよりも価格が安い

エアーベッドの価格は大きさなどにもよりますが、数千円のものがほとんどです。

普通のベッドなら安いものでも2~3万円、一流メーカーだと20万円以上するものもあります。

シングルサイズのエアーベッドは8,000円前後が多く、クイーンサイズでも12,000円程度と魅力的な価格です。また、アウトドアや災害など非常時にも使える便利で簡単なつくりのものなら、2,000円ほどから販売されています。

災害時にも使用できる

エアベッドは、空気を抜けば簡単に片付ることができ、使いたい時に膨らませるだけですぐ設置が可能です。

非常用に常備しておけば災害時の避難所やテント、車中泊の際などに便利ですよ。

緊急時や災害時に必須!揃えておきたい防災グッズの選び方やおすすめ品を紹介!
非常食ってなに?賞味期限切れを防ぐ方法とおすすめの品を解説
様々な場面で使える!1人用テントの選び方とおすすめ品10選を解説

柔らかさを好きなように調節できる

空気の量を調節することで硬さが選べる点も魅力の一つです。

普通のマットレスだと、思っていたより硬かったり柔らかかったりとピッタリの硬さを選ぶのは大変ですが、エアーベッドはその日の体調や使う人の好みに合わせて自由に調節することが可能となっています。

エアーベッドは目的別に選ぶ

エアーベッドは、様々なサイズや機能、仕様、性能など多くの種類が販売されていますよ。

使う目的や用途に合わせたものを選びましょう。以下では、エアーベッドの選び方について解説をいたします。

状況に合ったサイズで選ぶ

自宅や来客用などで使用する場合、快適に寝るなら大きめのものがよいでしょう。

アウトドアやレジャー用に販売されているものは小さめのサイズが多く、普段使いにはあまり向いていません。また、キャンプなどで使用する場合はテントの大きさなども確認しましょう。

電動ポンプの有り無し

使用頻度が高い場合は電動式がおすすめです。

手動式は浮き輪に空気を入れるようなタイプで、サイズが大きいとかなり大変な作業になります。エアーベッドにポンプが内蔵しているタイプや、エアーポンプがセットになって販売されているもの、別売りになっているものもあるため購入の際は必ず確認しましょう。

また、アウトドアや非常時用などに購入する時は、電源が使えない場合もありますので手動式や充電式ポンプなどがおすすめです。

持ち運びのしやすさから軽量の物がおすすめ

アウトドアに使用する場合は、小さく折りたためて軽量のものがおすすめです。

丸めながら空気を抜くタイプや、エアーポンプが内蔵されていないものなどは比較的小さくなり軽量です。持ち運び専用のバッグがついたものもあります。

引っ越しなどの移動も簡単で搬入経路も気にならず、来客など部屋を広く使う時は片付けるなど使い分けることができます。

耐久性能を重視する

エアーベッドは小さな穴でも使用不可能となります。毎日使う場合は、なるべく丈夫な素材のものを選びましょう。

常に空気を入れた状態で使用する場合、少しずつ空気が抜けてきますので定期的な空気の入れ直しも必要です。

購入する際の注意点

下記では、エアーベッド購入の際に、注意しておきたいポイントをいくつかご紹介いたします。

厚さと表面の生地

厚さは空気の量である程度は調節できますが、各商品で適度な厚さが決められていますのでチェックしましょう。

厚くなるほど寝心地は良くなる傾向です。自分に最適な寝心地のために必要な厚さがあるかどうかも確認することが大切です。

素材は樹脂製がほとんどですが、表面の生地は素材そのままのビニール製やフロック加工されたベロア調のようなものがあります。ベロア調などフロック加工がされていると、そのまま寝転んでもヒヤッとしません。

また、アウトドアに使う場合は地面などからの湿気もありますので、ビニール製か上面だけフロック加工のものがおすすめです。

収納性を確認

空気を抜いて畳むとかなり小さくなります。畳んだ時、収納スペースに収まるかを確認しましょう。

収納用のバッグなどが付属しているものもありますよ。

空気の出し入れの仕方に注意

AC電源での電動式なら約1~5分で完成します。空気を抜く作業が電動でできるタイプもありますよ。

また、電動式の場合は掃除機のような大きな音がします。使用する時間帯などにも注意が必要です。

おすすめシングルエアーベッド

ここからは、使いやすいシングルサイズのエアーベッドから、おすすめの商品をご紹介いたします。

エアーベッド Sable シングルサイズ

電動ポンプが内蔵されたタイプで、約3~5分で空気の出し入れが完了できます。

厚さは48㎝で、内部は大きな空気の柱が並んだ構造で安定感もあります。肌に触れる表面はソフトフロック加工で肌触りも良く、付属の収納袋もあるため便利です。

インテックス (INTEX) エアーベッド ツインコンフォート シングルサイズ

電動エアーポンプ内蔵で空気の出し入れは、わずか2分30秒ほどです。ダイヤルを回すだけの簡単なタイプで、厚さは46㎝あります。

表面と側面はフロック加工で使い心地も良く、傷や摩耗から守ってくれますよ。収納や持ち運びに便利なキャリーバッグ付きです。

LANGRIA ベッド エアーベッド

エアーポンプ内蔵で空気の出し入れは3~5分程度で完了します。内部の支柱は8字型で身体をしっかりと支えてくれる構造です。

素材の厚みは0.6㎜あり耐久性も良く、空気漏れも防ぐシームレス仕上げとなっています。収納用の専用ポーチも付いていますよ。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション クイックエアベッド シングル

厚さは25㎝と少し薄めですが、パワーエアーポンプ内蔵で50~60秒で注入完了します。ビニール製のクリアコイルが内蔵されており寝心地も良く耐久性もあります。

表面は高級感のあるベロア調仕上げで心地よい肌触りです。サイドはスケルトンになっており、オシャレなデザインとなっています。

INTEX プライムコンフォート エアーベッド シングル

厚さ51㎝の2層構造で、高強度のポリエステル繊維が張り巡らされたファイバーテック構造です。体のカーブにフィットし、沈み込みも防ぎますよ。

内蔵された電動ポンプで完成まで約2分30秒となっています。収納袋や補修用シールなども付属しており、お値段は少し高めですが満足いく商品です。

enkeeo エアーベッド

エアーポンプは電動式が内蔵されており3~5分で出来上がります。特殊なフチ構造で安定性があり、端に腰掛けてもベッドが斜めになりません。

厚さは48㎝、素材の厚みは0.6㎜と耐久性も良く表面は吸水速乾性もあるフロック加工がされています。軽量タイプで収納バッグも付属しているため持ち運びに便利です。

FIELDOOR エアーベッド シングルサイズ

幅74㎝、厚さ23㎝と少し小さめですが、アウトドアや非常時用に便利です。室内でもお昼寝用やソファーの代わりに使えます。

電動ポンプはコンセント式と乾電池式のどちらかを選べます。膨らむまでの時間はコンセント式は約1分、乾電池式なら約3分です。表面はベロア調の優しい肌触りとなっています。

まとめ

  • 使い心地が良く、普通のベッドよりもリーズナブルなエアーベッド。空気の量を調節すれば、お好みの柔らかさに変えることができます。
  • 空気を抜けば小さくたため、収納や持ち運びも簡単。非常時や来客用にも便利です。
  • 日常的に使うなら大き目のサイズがおすすめで、電動式のポンプがあれば空気の出し入れもスムーズに行えます。
  • 使用するライフスタイルに合わせた用途のものを選んでください。また購入の際には厚みや生地、収納場所なども考慮しましょう。