スマホを買い換えると、それまで愛用していたスマホケースが使えなくなってしまうことがあります。ケースもいっしょに買い換えるとしても、SIMフリーのマイナーなスマホには専用品がないことも多いです。

逆にメジャーなスマホの専用ケースはバリエーションが多すぎて、「帯に短し、たすきに長し」で、好みの品物を探し出すのが面倒になってしまうことも少なくありません。

そんな場合には、全機種対応のマルチケースを検討してみてはいかがでしょうか。スマホケースが全機種対応であれば、機種変のたびにケースまで買い換える必要はなくなります。そこで、ここでは吸盤でスマホを固定する全機種対応の手帳型スマホケースに焦点を当てて解説します。

スマホケースは固定用吸盤つき手帳型も便利

全機種対応のスマホケースには共通する特徴がふたつあります。ひとつは、サイズがちがうスマホを固定する方法として吸盤か粘着シートを使用していること、もうひとつは手帳型のケースが多いことです。

粘着シートタイプは吸着力がとても強く、一度スマホを貼りつけてしまうと簡単には外せなくなります。逆に言えば、外したいときに外れないというトラブルが起きる可能性があります。

粘着シートに何年も貼りつけていると密着力がますます強まり、力ずくではがそうとすると、スマホやケースを壊してしまうこともあります。一方、吸盤のスマホケースは、そこまで吸着力が強くありません。

機種変するときも簡単に外せますし、ケースを継続して使用することもできます。吸盤を使うスマホケースは手帳型が多く、厚みがあってかさばりますが、クレジットカードなどを収納できるポケットがあったり、女性用にミラーがついていたり、財布を兼用できるものもあります。

またケースを横にして開くとスマホスタンドになるものもあります。スマホカメラで写真を撮りたいときには、ケースを折り返したりスライドさせたりすることで、吸盤にスマホをつけたままでもカメラが使えるように工夫されているものもあります。

全機種対応型のスマホケースは、サイズ的に大きすぎたり小さすぎたりすることがありますが、サイズさえ合えば、機能的で使いやすいものがたくさんあります。

スマホケースの吸盤を復活させる方法

「吸盤」と聞くと、買った直後はしっかりくっつくけど、長く使っているうちにだんだん外れやすくなる、と思っている方も多いのではないでしょうか。実を言うとスマホケースの吸盤も使っているうちに外れたり、吸着力が弱まったりするのは決して珍しいことではありません。

一方で、外れやすくなった吸盤の吸着力を取り戻すための裏技もあります。ここではそんな裏技をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

接着面にハンドクリームを塗って吸盤を復活させる

吸盤の吸着力が落ちてきたら、まず接着面(凹面)を清潔な布できれいに拭いてください。次にハンドクリームをほんの少しつけて、接着面に薄くまんべんなく塗りましょう。ハンドクリームは吸盤の内側に空気が侵入するのを防ぎ、吸着力を高める効果があります。

ただしハンドクリームの成分によっては、スマホの背面にしみや跡をつけてしまう可能性があります。スマホに吸盤の跡をつけたくない方は、後で説明する吸盤接着用の補助シールを貼るとよいでしょう。

吸盤を温めると吸盤を復活できる

吸盤を長く使用しているうちに変形して吸着力が衰えたり、素材が劣化して固くなってくることがあります。

そんなときには、吸盤をドライヤーで温めてからスマホを貼り付けると、吸着力が高くなります。また吸盤をケースから取り外すことができる場合は、吸盤を80度ぐらいの熱めのお湯に入れ、じっくり温めてみるのも良いでしょう。

吸盤接着用シールを貼って吸盤を復活させられる

スマホに吸盤がつきにくい場合は、吸盤接着用シールをスマホの背面に貼ると、吸着力がアップします。この吸盤接着用シールは「吸盤保護シール」「吸着力補助シート」などの名称で、ホームセンターや100均などで販売されています。

これらのシールはもともとや吸盤がつきにくい壁紙などに貼って吸着力を高めるためのアイテムですが、スマホにも有効です。しかも、このシールはスマホの保護にも役立ちます。前にも説明したように、吸盤の粘着力を強くするためにハンドクリームを塗る場合には、スマホを汚さないためにもぜひ利用したいアイテムです。

吸盤接着用シールがない場合には、荷造り用の透明テープでも代用は可能ですが、荷造りテープは接着力が強く、時間がたつとはがれにくくなるので、スマホに貼ることはあまりおすすめできません。スマホ本体に貼るシール類は、はがしやすいものを選んだほうが貼り直しも簡単ですし、シールの粘着剤がスマホについて困ることもなくなります。

吸盤は劣化する

吸盤はそれ自体の粘着力によってガラスやタイルに吸着している、と考えている方も多いようですが、そうではありません。

吸盤の吸着力は、吸盤自体の弾力性と復元力による接着面の内と外の気圧差によって保たれています。そのため吸盤の内部に水や空気が入ってしまうと、吸着力は一気に失われ、簡単に外れるようになってしまいます。

吸盤はつけっぱなしにするよりも、むしろ数ヶ月おきに外して、盤面をきれいに清掃してつけ直すほうが、吸着力が長持ちします。また吸盤に使われる塩化ビニールなどの素材も、使用時間や環境によって劣化が進行し、固くなったり、べとつくようになったりすることがあります。

スマホケースの吸盤は直射日光や風雨にさらされることはありませんので、利用環境としては劣化しにくいほうだと言えますが、一般的に吸盤の寿命はおおむね3年と考えた方が良いでしょう。もしもお使いのスマホケースが3年以上前のものであれば、買い替えのご検討をおすすめします。

吸盤付き手帳型スマホケースのまとめ

  • 全機種対応型のスマホケースの大半は手帳型で、吸盤や粘着シートを使ってスマホを固定するタイプが多い。
  • 粘着シート型のスマホケースは吸着力が強すぎてスマホを外しにくいことがあります。
  • 吸盤の吸着力は劣化しやすいが、ハンドクリームを塗ったり、温めたりすることで吸着力を取り戻すことができます。
  • 吸盤自体も劣化は避けられないので、3年程度で買い換えるのが良いです。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ