TISSOT(ティソ)とは

TISSOT(ティソ)はスイスの老舗時計メーカーです。

創業は1853年にさかのぼり、スイス人のシャルル・ティソ親子によって創業されたのが始まりです。TISSOTの150年以上の歴史は他の高級腕時計メーカーに全く劣りません。

日本でも有名なオメガとロレックスはそれぞれ1848年と1908年創業です。この超有名ブランド2つと比較すれば、TISSOTが老舗で信用に値することが理解できるでしょう。

創業されてすぐのTISSOTは伝統的な時計作りを行っていましたが、息子のシャルル=エミール・ティソの代になってからのTISSOTはスイスの老舗時計メーカーとは違った路線を歩み始めます。

他のメーカーが手作りにこだわり続ける中、TISSOTは生産数を増やすために製造方法に改良を加え、より近代的な産業としての時計メーカーに成長し、一時は世界で最も出荷数の多いメーカーとなりました。

また、TISSOTは生産数だけでなく、時を刻む正確さにも定評があります。0.001秒という差が勝敗を分けるスポーツ業界で、公式時計として採用時計として採用されているのがその証拠です。

バイクレースの最高峰「MotoGP」、アメリカで最も人気のあるモータースポーツ「NASCAR」、世界最大のスポーツイベントと呼ばれる自転車レース「ツール・ド・フランス」など、数多くの世界的スポーツの公式時計になっています。

「TISSOT」は、他者を寄せ付けない圧倒的な正確さと、革新的な生産性から生み出される低価格を武器に躍進を続ける時計メーカーです。

TISSOT(ティソ)のつくる時計の特徴

TISSOT(ティソ)を代表する、伝統的なブランド「トラディション」で、由緒ある時計メーカーにふさわしい古き良き腕時計の形を、現代まで受け継いだ貴重なモデルです。

また、1916年に誕生し100年以上の歴史を誇る「バナナウォッチ」もTISSOTを語る上で外せない存在になります。

トラディション
トラディションは数多くのバリエーションが存在するのが特徴です。また、海外にいても自国の時間を表示する「GMTモデル」や、月・日・曜日を針で示す「パーペチュアルカレンダー」など、自分の好みに合ったモデルを選択できます。
バナナウォッチ
バナナウォッチは100年以上の歴史を誇る、長方形型の腕時計です。長方形型と言えばフランク・ミュラーを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、フランク・ミュラーは1991年創業と非常に若いメーカーであり、この独創的な形を表現したのはTISSOTが先です。

TISSOT(ティソ)の腕時計のおおまかな価格帯

TISSOT(ティソ)の腕時計 価格帯

\20,000~\200,000

TISSOT(ティソ)の腕時計の価格帯は、約2万円~20万円程度まで幅広くラインナップされています。非常に長い歴史を誇る老舗時計メーカーの割には、非常に買いやすい良心的な価格設定です。

トラディションは3万5千円~8万8千円前後になります。ベルトも金属製と革製から選べ、盤面もシンプルなものから内部機構が覗けるオープンハートまで様々なデザインが豊富なモデルです。

バナナウォッチは4万6千円~5万8千円前後になります。盤面には時針と分針だけで、日付表示どころか秒針まで取っ払った非常にシンプルなデザインが特徴的なモデルです。長さが42mmと大きめですが幅は27mmと小柄なので、腕が細い女性でも自然にフィットします。