ピアジェ ALTIPLANOウォッチの解説

altiplanoはpiaget(ピアジェ)が製造した時計であり、2017年、時計史を彩るマスターピースが60周年を迎えております。南米アンデス山脈の高原地帯から命名されたその時計は、驚くほど薄く、エレガントです。

1957年に誕生し、それまでの機械式時計は複雑であることが重要視しれてきましたが、ピアジェは技術力と探究心を薄型時計に全て向けてきました。ピアジェは創業から優秀なムーブメント製造会社として時計市場の中で秀でるために薄型時計の個性を極めていきました。

最初に登場したドレスウォッチは厚さ2mmの極薄で手巻きムーブメントを搭載しています。エレガントな佇まいにセレブたちが魅了されていきました。60周年記念に作られたモデルは当時の空気感を纏いつつピアジェをつける行為自体が特別なことであることも受け継がれています。

ピアジェは極薄のムーブメントが必須であり、限られたスペースに100を超える部品を組み込むためには時計、製造、組み立て全てがハイクオリティでハイレベルでなければいけません。

9pを搭載した薄型のドレスウォッチは話題性があり、世界中のVIPをもてなしたことから愛好家は増え続け、1960年には厚さわずか2.3mmの驚異的な極薄自動巻きムーブメント12pを搭載するドレスウォッチも完成しています。

このサイズでも約36時間のパワーリザーブを備えてるため機能面でも優れていました。記録的な数値だけではなく美しさや実用性の高さでも評価されてきました。だからこそ60年たった現在でも価値は失われておりません。

2010年以降は時計業界がエレガント志向になったブームの中でも実現可能なエレガントを追求し続けて受け継がれています。

TIMEX Camperのつくる時計の特徴

piaget altiplanoの特徴はジュエリーウォッチと呼ばれるエレガントな佇まいです。ムーブメントが薄ければデザインや素材に凝ってもエレガントさが失われることはありません。

手巻きの9pと12pによって様々なウォッチを作ってきたピアジェは1976年には当時の世界最薄クオーツムーブメント7pを発表するなど時計業界の環境が変化しても薄型の概念を貫き通してきました。

現代のアルティプラノも創造性を発揮する場として高い評価を得ています。繊細なスケルトンムーブメントに対して、ジェムセッティングを行なったりラピスラズリなどのオーナメンタルストーンでマルケトリダイヤルを作ったりあるいはガラスモザイクでピアジェローズを描いたりと、職人技でアートピースのような時計を作っています。

ダリ金貨を使って製作した薄型のウォッチなどサルバードダリとコラボもしています。薄型時計は他にもありますが、精度や持続時間といった実用性は保ちつつ、ケースフォルムやカラーリングでエレガントを追求しているのはアルティプラノだけです。

ひとつでふたつのマニュファクチュールというユニークな体制を生み出し、メゾンを孤高の存在へと押し上げています。創業当時から変わらないメッセージこそがアルティプラノを歴史に名を残すことを可能にしています。

TIMEX Camperの価格帯

価格帯
TIMEX Camper

\1,000,000~\4,000,000

piaget altiplanoの価格帯は100万前後から400万となります。アルティプラノG0A39111は厚さ3.65mmの世界最薄手巻きウォッチです。価格帯は350万前後でピアジェのラグジュアリーウォッチとジュエリーは個別に製作されています。

約48時間という十分なパワーリザーブも実現しています。アルティプラノG0A40013は400万前後の価格帯でムーブメントにケースを一体化させひとつの単位として設計し78個のダイヤモンドをセットしたピンクゴールド製ケースを設計されています。

文字盤側に受けを配置するためにムーブメントの構造を反転させるという技術面でもデザイン面でも効果的なアプローチがなされています。メカニズム全体と針を固定するシステムでテンプ自体の中には納め、時、分表示はオフセンター表示になっています。