今まで本格的なカメラと言えば一眼レフでしたが、最近小型でデザインがオシャレなミラーレスを使う人が増えてきました。

一眼レフとミラーレスは何が違うのか、一眼レフが向いている人はどんな人なのか、ミラーレスが向いている人がどんな人なのかなどが疑問点としてあげられます。

この記事では、一眼レフとミラーレスの違い、一眼レフがおすすめな人、ミラーレスがおすすめな人について説明します。

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフとミラーレスには、幾つかの違いがあります。基本的なカメラの構造が違いますし、幾つかの特徴があります。

一眼レフとミラーレスの構造の違い

一眼レフカメラでは、ファインダーを覗いて写真をとりますが、ミラーレスカメラでは、電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを見て写真をとります。

一眼レフカメラとミラーレスカメラとでは、構造上幾つか違う部分があります。もう少し詳しく言うと、一眼レフカメラでは、カメラの中にあるミラー(レフ)にレンズがとらえた景色をペンタ―プリズムで反射させ、さらに光学ファインダーからその景色をみます。

一方、ミラーレスカメラでは、ミラーは無く、レンズが捉えた景色をイメージセンサーで映像に変換し、それを電子ビューファインダーや液晶ディスプレイに写します。

また、肝心の画質については、一眼レフの方がいいのではと思っている方が多いかもしれませんが、現在ではほとんど変わらないと考えていいでしょう。

一眼レフとミラーレスの使用感の違い

一眼レフカメラとミラーレスカメラとでは、使用感が違います。両者はそもそも構造が違いますので、その大きさや重さに差が出るでしょう。

ミラーレスカメラは、一眼レフにあるミラーや光学ファインダーがないため、コンパクトで軽量という特徴があります。

日常的に持ち歩き、思いついた瞬間にカバンから出してすぐ撮影できるのは、ミラーレスカメラのメリットです。初心者にとって気軽に持ち運べますので、ミラーレスカメラの方がおすすめです。

最近は、コンパクトで色々なカラーバリエーションが楽しめるオシャレなミラーレスが次々と発売されています。これからカメラをはじめたい女性にも大変人気があります。

小型なのでバックにそのまま入る大ききであり、シュチュエーションに応じてレンズを変えて本格的な写真が撮影できるのです。

一眼レフがおすすめな人

プロのような写真を自分で調整して撮りたいと思っている人は、デジタル一眼レフカメラがおすすめです。

何と言ってデジタル一眼レフはレンズの種類が豊富ですし、妥協しないで本当に綺麗な写真を撮りたい場合には、デジタル一眼レフが良いでしょう。

ミラーレス一眼と一眼レフの性能差はほとんど無くなってきていますが、それても動く被写体を撮影する場合には、まだ一眼レフの方が優れています。

また、バッテリーが長持ちするのも一眼レフの利点です。ミラーレスに比較すると少し重くなりますが、写真の撮り方など色々情報が多いのも一眼レフでしょう。

初心者におすすめの一眼レフ

おすすめしたい初心者向けの一眼レフを幾つかご紹介します。

EOS Kiss XS (キヤノン)

一眼レフと言えば、キヤノンのEOSシリーズを思い浮かべる人も多いと思います。国内のユーザの約半数がキヤノンのモデルを利用しているでしょう。コンパクトなEOS Kissシリーズからプロ用のモデルまで幅広いラインナップも人気の秘訣です。

その中で初心者向けに特におすすめの一台が「EOS Kiss X9 」です。一眼レフでありながら、非常にコンパクトで軽量です。キヤノンによると、重さ453gとデジタル一眼レフカメラの中で世界最軽量です。

初心者にも分かりやすいように、シャッターを押すだけで綺麗な写真が撮れる他、ビジュアルで分かりやすい説明画面になっています。

液晶画面が上下左右に動かせる設計になっている他、スマートフォンとも常時連携ができます。使いやすい操作性と上位機種に負けない高画質で、大変人気がある機種です。

*ワンポイント*
小型で使いやすく、さらに高性能なキャノンEOS Kiss XS。初心者の一眼レフにぴったりの一台です。

D5600 (ニコン)

キヤノンの次はやはりニコンです。長年2大メーカーとしてカメラ業界を牽引してきた両社ですが、ニコンからは、D5600をおすすめします。

画素数2416万とこれも先ほどのキヤノンに負けず劣らずの高画質です。実際の色合いに忠実なのがニコンの特徴ですので、ニコンの色合いが好きという方は、こちらがおすすめです。

風景写真などに向いていると言われています。またスマートフォンに写真を自動転送するなどの最新機能も揃っています。

操作性も素晴らしく、ものづくりにこだわったニコンならではの一台になっています。

*ワンポイント*
ニコン好き一眼レフ初心者におすすめしたいのが、D5600。風景写真好きにもおすすめです。

ミラーレスがおすすめな人

本格的な一眼カメラにしたいけど、小さい方がいいという方には、ミラーレス一眼がおすすめです。

デザインが可愛い機種が沢山出ていますので、カメラ好きの女性にも人気になっているのです。小さくてもレンズを変えて本格的な写真を撮ることもできるのです。

気軽に持ち歩いて、スマホよりは綺麗な写真を撮りたい人

ミラーレスカメラは、何と言っても小型で軽いので、気軽に持ち歩いて色々な場所で写真が撮りたい人におすすめです。

多くの機種でスマートフォンと連携が可能なので、ミラーレスで撮影した写真や動画をすぐにSNSにアップすることもできます。

今までデジカメやスマートフォンで写真を撮ってきたけれど、もう少し綺麗な写真を撮りたいと思っている人にもミラーレス一眼はおすすめです。

難しいセッティングが苦手な人

一眼カメラといってもミラーレス一眼は、大きさも小さいですし、初めて写真を撮っても綺麗に写せるようにセッティングされています。

機械が苦手だったり、難しいセッティングが得意でないと思っている方も使うことができます。ミラーレスカメラに少し慣れてきて、レンズを交換してプロの様な写真を撮影したくなっても大丈夫です。

運動会や発表会などでは、望遠ズームを接続して遠くかたの写真や広角ズームで迫力のある写真なども撮影可能です。

初心者におすすめのミラーレス

人気が上昇しているミラーレスですが、初心者におすすめしたい機種を幾つかご紹介します。

PEN E-PL9(オリンパス)

初心者向けのミラーレスカメラとしてまず最初におすすめしたいのが、オリンパスのPENシリーズです。

PENシリーズの最新機種であり、2018年3月発売の「PEN E-PL9」です。見た目がとても可愛らしく女性向けに作られたおしゃれなカメラで、宮崎あおいのCMでも有名です。

アートフィルターやアドバンストフォトモードなどの色々な表現の写真を撮影できる他、Wi-Fiなどでスマートフォンと連携できる機能も付いています。

レンズを変えることで、プロのような撮影も可能ですし、バックに入るくらいの大きさなので、撮影して直ぐにインスタグラムなどSNSに投稿することも可能です。

多彩なモードと交換レンズなどを使ってインスタ映えする素敵な写真もすぐに撮影できるのです。また静音シャッターも付いており、周りが静かな場所でシャッター音を気にする必要がなく、細かな機能も充実しています。

初めてなので、どれにしたらいいか分からないと思ったら、まずこれにすれば間違いないという一台です。

*ワンポイント*
可愛らしいデザインでコンパクトなミラーレス一眼。モードも多彩で女性の初心者におすすめの1台です。

LUMIX GX7 Mark II(パナソニック)

次におすすめしたいミラーレスは、パナソニックの「LUMIX GX7 Mark II」です。カメラ本来のクラシカルな外観が特徴です。

4Kフォトとオートフォーカスのスピードなど基本性能が非常に優れています。コンパクトなサイズで、初心者でもプロ志向の方でも満足できる一台になっています。

*ワンポイント*
クラシカルな外観と4Kフォトが特徴的な本格派。コンパクトで高性能なミラーレス一眼です。

一眼レフとミラーレスの違いについてのまとめ

  • ここまで知っておきたい一眼レフとミラーレスの違いについてさまざまな説明を行ってきました。
  • 一眼レフとミラーレスには、次のような違いがある。
  • ミラーの有無など構造上に違いがある。
  • 一眼レフは、重くて大型であるが、ミラーレスは軽くてコンパクト。
  • プロのような写真を自分で調整してとりたい人や動いているものをとりたい人は、一眼レフがおすすめです。
  • 気軽に持ち歩いて、スマホりは綺麗な写真を撮りたい人や難しいセッティングは苦手な人は、ミラーレスがおすすめです。
  • 初心者におすすめの一眼レフにキヤノンの「EOS Kiss X9」やニコンの「D5600」があります。
  • 初心者におすすめのミラーレスにオリンパスの「PEN E-PL9」やパナソニック「LUMIX GX7 Mark II」がある。