ジョワイユ JOYの概要と歴史

ジョワイユからは、非常に格安なテレビが続々と発売されています。

ジョワイユがテレビを発売するに至った経緯は、価格対効果です。価格の割に機能が充実した製品を発売したいというコンセプトの下で、JOYというテレビが登場しました。

JOYの中で一番古い製品は、2,016年の11月に発売されています。39.5インチという、比較的珍しい大きさのテレビです。壁掛けにも対応している他に、緊急放送を通知してくれる機能も備わっています。またARCにも対応しているテレビになります。ちなみに型番は40TVPVRです。

ジョワイユでは、それ以外にも様々なJOYのテレビを発売しています。現に2,018年の5月にも、32VHD184という製品を発売しています。

上述の2,016年に発売したテレビに対して、様々な見直しが行われた結果、ポート数を増やすのが望ましいという着想がありました。2,018年に発売されたジョワイユのテレビは、多彩なポートが実装されています。

2種類のHDMIポートに対応している他に、2,016年にはなかったダブルチューナーも内蔵されているテレビです。ただし2,016の製品と同じく、壁掛けにも対応しています。

また消費電力も、40TVPVRは改善されています。40TVPVRの場合は、待機電力は0.5ワットという製品であるのに対して、32VHD184は0.3ワットになります。つまり省電力の設計になっているテレビです。

2,016年が一番古いのですから、比較的最近登場したテレビではあります。必要最小限の機能は備わっている上に、価格帯も格安で、価格対効果が優れているテレビと言えます。

ジョワイユ JOYの特徴

ジョワイユによるJOYというテレビは、その価格と機能に大きな特徴があります。他社と比べると、明らかに格安なテレビである事は間違いありません。
JOYというテレビは複数発売されています。

いずれのテレビも、価格は10万円を超えていません。中には、2万円台のテレビも存在します。

その価格自体が、JOYというテレビの大きな特徴です。そもそもテレビ自体は、JOY以外にも沢山あります。ジョワイユ以外のメーカーからも多くのテレビは発売されていますが、価格がかなり高めな製品も多く見られます。

中には、数百万円を超えるテレビもあります。しかしJOYの場合は、上述のような価格設定です。

価格が安いからと言って、クオリティーが悪い製品ではありません。最新のモデルならば、2種類のポートが実装されていますから、テレビとしての機能は十分に果たしてくれます。

また最新のJOYのテレビは、メディアプレイヤーの機能も実装されています。外部のメディアに保存されたデータを、そのテレビで再生できる機能も備わっています。

価格は低めであるにもかかわらず、十分な機能が完備されているテレビになります。価格対効果が優れている点は、JOYの特徴です。

ジョワイユ JOYの価格帯

価格帯
ジョワイユ JOY
¥22,000~47,000

JOYの最新の製品は、49VHD184です。2,018年の5月半ばに発売されたテレビですが、価格は約47,000円に設定されています。49インチで1インチあたりの価格は約950円台になります。

ただし、それは49インチの製品の話で、他のサイズもあります。それぞれ価格設定は異なり、32インチなら約22,000円です。しかし43インチの製品は37,000円ですから、大きな製品ほど価格は高めではあります。ですからJOYのテレビは、いずれも5万円未満になります。

ちなみに2,016年に発売されたモデルは40TVPVRになり、価格は31,000円に設定されています。JOYのテレビは、22,000円から47,000円という価格帯になります。