京セラ/DURA FORCE PROの概要と歴史

京都府京都市伏見区に本社を構える持つ京セラ株式会社が提供しているスマートフォン「DURA FORCE PRO」は、工事現場などの過酷なビジネスシーンでも使うことができるスマートフォンです。

京セラでは、常にユーザーに喜んでもらうことを考えた製品・サービスを提供する「お客様第一主義」をテーマととらえている企業です。もともとは、京都セラミック株式会社として創設されましたが、1982年10月に「京セラ株式会社」へ社名を変更しています。

「新たな価値をいつも最先端で創造し続ける」というブランドステートメントのもとに最新の製品を提供し続けています。そんな京セラが提供するスマートフォンの中でも、特に過酷な環境で使うことができるのが、 DURA FORCEPROです。

DURA FORCE PROは、風雨、浸漬、粉塵、落下/衝撃、振動、太陽光照射、湿度、高音/低音、低圧、塩水噴霧、氷・低温という16項目の米国国防総省の耐久試験をクリアした性能をもった強靭設計を搭載しています。

さらに、頑丈な堅牢性だけではなく、ビジネスシーンの現場で活躍するさまざまな機能を搭載しています。もともとは海外向けのスマートフォンとして作られていましたが、この度、日本でも販売が開始されました。

2018年03月14日のリリースで、SIMフリー高耐久スマートフォンとして多くの現場から注目されているスマートフォンです。個人での購入だけではなく、法人で購入することも可能です。

京セラでは、今までも堅牢性の高い、水槽に落としても壊れないスマートフォンなどを発表してきました。それほどの技術を持つ京セラのプロ向けスマートフォン、是非職人にこそおすすめしたいスマートフォンです。

京セラ/DURA FORCE PROの特徴

京セラ(KYOCERA) 「DURA FORCE PRO」の特徴は、やはり高耐久スマートフォンであることでしょう。また、作業時にもすぐ操作ができるようにローブタッチ&ウェットタッチ対応です。

これは、軍手やゴム手袋をつけたままでの操作や、濡れた手のままで操作することも可能です。米国国防総省の耐久基準MIL-STD-810Gの16項目だけではなく防水規格IPX5/8と、防塵規格IP6Xをもクリアしています。

ダイレクトボタンを搭載しているため、端末の側面部分のボタンを押すだけで、アプリが起動できるなど非常に便利です。

工事現場などの騒音があふれる場所でも、100dB以上の大音量を実現しているため、着信・ハンズフリー通話を大音量フロントデュアルスピーカーで利用することが可能です。

現場での撮影をする際には、135度のワイドアングルカメラを搭載し、手軽にきれいな映像を撮影し、現場から会社に送信するなどのビジネスシーンで役立つ機能が搭載されているスマートフォンです。

便利で頑丈なだけではありません。指紋センサーを搭載しており、片手だけでのロック解除が可能です。指紋センサーを利用したセキュリティなので、他人に開けられる危険もありません。

まさに、ビジネスシーンで使ってほしいスマートフォンです。

京セラ/DURA FORCE PROの価格帯

価格帯
京セラ/高耐久性スマートフォンDuraForce PRO KC-S702
¥79,920~81,294

金額自体は、10万円未満で購入することが可能です。2018年3月14日に発売された最新のスマートフォンですが、現場などでの使用を考えているため、法人での購入が多いようです。

最大待ち受け時間はなんと690時間と長く、SIMフリーですので、格安SIMの利用も可能です。

高いところから落としても壊れる心配のなく、水の中に落としてしまったとしても問題ない頑丈なスマートフォンは、現場で働くプロにはぜひ愛用してほしい機能が豊富に搭載されている職人のためのスマートフォンです。