スマホにストラップをわざわざつけるのは、かっこよくないと思う人もいるでしょう。また、iPhoneにはホールがないので、あきらめていませんか?ここでは、スマホにストラップは必要なのか、ストラップホールがなくてもつける3つの方法などをご紹介します。ストラップのメリットと方法がわかれば、すぐにでもつけたくなります。

スマホストラップは必要?

特にiPhoneユーザーはホールがないこと、iPhoneのスタイリッシュさが好きなことから、ストラップをつけていない人が多いでしょう。スマホストラップのメリットは、大きくいうと2つあります。

ひとつは、使用中の落下防止になることです。丁寧に使っているつもりでも、指の間からスマホが落ちてしまうことがあります。使っている場所によっては、床や地面がかたく、液晶画面のガラスが割れたり、ひびが入ってしまったりすることがあります。スマホは、側面からの衝撃でも割れることもあるので、落下は避けたいでしょう。

ストラップをつけて指や腕に通しておけば、万が一すべってしまっても、床などに落下するのを防ぐことができます。

もうひとつのメリットは、たとえ短めのストラップだとしてもつけておけば、ポケットやバッグから出しやすくなります。ポケットなら、ストラップをひっぱってスマホを滑り出させることが可能です。

また、バッグの中からは取りやすいだけでなく、ストラップの長さによっては、中から見つけやすくなることメリットもあるでしょう。

ストラップホールがなくてもつけられる

iPhoneなど一部のスマホにはホールがないものがあるので、ストラップをつけることをあきらめている人もいるでしょう。スマホ自体にホールがなくても、ストラップをつけるおすすめの方法が3つあります。

iPhoneでストラップホールをつくる

ここでは、iPhoneのストラップホールをつくるアタッチメントのご紹介をします。

iPhone6以降では、ホームボタン下の側面のLightningコネクタのところに2つのねじがあります。
このねじのところに専用のアタッチメントをつけてホールをつくります。様々なメーカーからアタッチメントが出ています。

たいていは、アタッチメント、専用の小さなドライバー、iPhoneのジェネレーションによってスペアのねじなどがセットになっています。アタッチメントはドライバーを使い、向きを間違えないようにつけるのに、わずか数分の作業でしょう。

ひとつ注意したいのは、アタッチメントをつけるためにねじを外すので、改造とみなされることもあり、Appleでの正規の修理を受けられなくことがあります。修理の際には、アタッチメントを外して正規のねじに戻せば、修理を受けられたというケースもあるようですが、自己責任でアタッチメントを使用しましょう。

アタッチメントは、1,500円ほどでアマゾンでも入手可能です。首から下げるタイプのストラップを使い人におすすめの方法です。

スマホ アップル/iPhoneとは 歴史と特徴 価格帯の解説

iPhone用のストラップ付ケース

iPhoneに限らず、ホールをつけたい時に一番簡単で安全な方法は、ホールがあるスマホケースを使うことでしょう。シンプルなケースでも手帳型でも、ホール付きのケースは意外と揃っています。自分のスマホの機種にあったケースを探すようにしましょう。

例えば、iPhone Xの手帳型ケースのおすすめには、こちらがあります。

男性でも女性でもカラーを選べば使いやすいシンプルなデザインです。カメラはもちろん、Appleマークも見えるようになっています。わずか1,000円ですが、ハンドメイドの丁寧な作りのケースで、内側には便利なポケットもついています。

横置きスタンドして手の機能もあるので、机やテーブルにおいて動画などを見るにも便利です。付属のストラップは、短めのものですが、好みの長さのものに簡単に交換もできます。

もうひとつのおすすめのホール付きストラップは、シリコン製のおしゃれなデザインのものです。

ケースが滑ると感じる人や汚れなどが気になる人におすすめです。

シリコンのネット上のケースがしっかり本体をホールドさせてくれるだけでなく、首から下げられる長さのストラップ付きなのが、アクティブな男性にもおすすめです。シリコンなので、iPhoneだけでなく4~6インチの他メーカーのスマホにも対応します。こちらも、価格は1,000円のプチプライスです。

iPhone用のコネクターをつかう

iPhoneのデザインをできるだけ損なわないようにストラップをつけたいなら、Lightningコネクタに差し込むだけで装着できるタイプのアタッチメントがおすすめです。

おすすめの一品は、首下げるタイプのシリコン製ストラップがついた一品です。
[amazonjs asin=”B016UHE75K” locale=”JP” title=”Simplism Lightningコネクター用ネックストラップ ブラック TR-LSI-BK”]

下げている時にスマホが抜けないように工夫されているのはもちろん、解除ボタンを押さないと外れないようになっているのも安心できるでしょう。ストラップにはイヤフォンは落ちるのを防ぐために、コードを通すことができるループまでついています。

充電する時にはアタッチメントを外さなければいけない手間はありますが、iPhoneのデザインを大切にしたいなら、このアタッチメントもおすすめです。価格は、1,200円ほどです。豊富なカラー展開もあるので、女性でも男性でも好みのものがみつかるでしょう。

スマホストラップのまとめ

  • スマホストラップのメリットは、大きくいうと2つあります。
  • ひとつは、使用中の落下防止になることです。ストラップで落下による、液晶画面のひびや割れを避けることができます。もうひとつのメリットは、ポケットやバッグから出しやすくなります。ポケットなら短め、バッグの中なら長めのストラップでもいいでしょう。

ストラップホールがなくても、スマホにストラップをつけるには3つの代表的な方法があります。

  • iPhone 6以降なら、Lightningコネクタ両端のねじをつかってアタッチメントを固定する方法があります。アタッチメントは、Amazonなどで入手可能で、数分でつけることができます。改造と見なされることがあるので、自己責任で使うようにしましょう。
  • 一番簡単で安全な方法は、ホールがあるスマホケースを使うことでしょう。シンプルな片面ケースから手帳型、シリコンのネット状のものなど豊富にあるので、自分のスマホの機種にあったものを探しましょう。
  • iPhoneのデザインをできるだけ損なわないようにストラップをつけたいなら、Lightningコネクタに差し込むだけで装着できるタイプのアタッチメントがおすすめです。解除ボタンを押さなければ本体から外れないようになっているので、安心して使えます。