デスクで作業していると、自然と置くものが増えていきます。例えば、パソコンやマウス、そして資料や飲み物などを置くことが多いです。しかしそのままにしておくと、パソコンやキーボードにマウスパッドなどがスペースを占領してしまい、どんどんスペースの幅が狭くなる可能性があります。

デスクのスペースが狭くなると、作業しにくいですし窮屈に感じることもあるでしょう。そんなときにおすすめなのが、キーボードアームです。

キーボードアームとは、折りたたみ式や伸縮式などのアーム式トレイであり、パソコンの上にキーボードを乗せるものです。

キーボードアームを使用すれば、デスク周りが広くなります。必然的に作業効率が自然に上がり、感じていた窮屈さもなくなるでしょう。キーボードアームには色々と種類があり、自分に合ったものを購入できます。

そこで今回は、キーボードアームのメリットやおすすめ商品などを紹介します。

キーボードアームのメリット

キーボードアームのメリットの要点を、簡単にまとめます。

キーボードアームでデスクを広く使用できる

キーボードアームの最大の特徴と言っても過言ではないのが、デスクの上を広々と使えるようになることです。

キーボード自体の横幅が大きいので、意外とデスクの場所をとってしまいます。ですが、キーボードアームを使えば、デスクのスペースを確保することが可能です。
デスクのスペースを広くすることで、資料なども見やすくなります。

キーボードアームは使わないときは収納できる

キーボードを使わないときは、キーボードアームを利用することで隅に収納できます。

キーボードに埃などがたまりにくくなり、長持ちします。また、ジュースなどをこぼした際にキーボードを汚してしまう心配もありません。

作業中に、飲み物をこぼしてしまうことは珍しいことではないです。そこで、キーボードアームを使うことにより、アクシデントを防ぐこともできます。

キーボードアームで配線がすっきりする

パソコン用のデスクは、配線がぐちゃぐちゃになっていることが多いです。

その分、スペースも狭くなり作業効率も悪くなることも少なくありません。しかし、キーボードアームを使えば、十分なスペースを確保できるので作業もしやすくなります。
また飲み物をこぼしたときに、配線が濡れてしまうこともないでしょう。

つまり、キーボードアームを使用することでストレスフリーで作業できると言うことです。スペースが窮屈だと、思った以上に作業がしにくくなり資料なども見えにくいこともあります。

ですから、キーボードアームを使うとスペースを確保できるので、自然と資料も見えやすくなります。

キーボードアームの選び方

キーボードアームの選び方を紹介します。選び方のポイントは、基本的に3つあります。

まず、アームの可動範囲を確認しましょう。なるべく可動範囲が広いほうが、収納などがしやすいです。逆に、可動範囲が狭いと使い勝手が悪くなってしまいます。

次に、耐荷重も見ます。耐荷重が低いと、上に乗せているものが落下したり重さでキーボードアームが変形する恐れがあります。怪我をする可能性もあるので、耐荷重が高いものを選ぶようにしましょう。

最後は、つけやすさも重視します。設置がしやすいと、機器が苦手な人でもキーボードアームを簡単に使いこなすことが可能です。

特にキーボードアームを使ったことがない初心者は、設置に手間取ってしまう可能性も高いのでなるべく設置が簡単なものを選びましょう。また、設置が簡単なキーボードアームは、付け替えもしやすいので移動も楽になります。

キーボードアームを購入するときは、この3つのポイントは必ずおさえておきましょう。

この3つのポイントを見た後に、価格やデザインなどを見ていくと使いやすいキーボードアームに出会いやすいです。気をつける点は、価格が安いからと可動範囲などが狭いものを選ばないようにすることと言えます。

快適なデスク環境を形成したいなら、価格の面などを妥協することも大切です。

キーボードアームのおすすめ

キーボードアームは、色んな種類があります。どれを選ぶかは自分次第ですが、初めて使用する人だと悩んでしまうことも少なくありません。ですから、購入するときの参考になるようにいくつかおすすめのキーボードアームを紹介していきます。

サンワサプライ ノートパソコンアーム CR-LANPC1

6980円と、買いやすい価格です。クランプ式で、設置がとても簡単だからキーボードアームを初めて使う人でも安心だと言えます。

棚板は30度、机上なら80~280mmまで動かせるので、スペースも有効活用できます。

エルゴトロン Neo-Flex アンダーデスクキーボードアーム

23855円と少しお高めですが、機能性に優れています。頑丈なスチール製なので、落としたりしてもすぐには変形しません。設置も、初心者でも簡単にできます。

椅子にキーボード・マウスアームがついたおすすめ

椅子にキーボード・マウスアームが付いていると、肩こりなどに悩んでいる人でも楽に作業をこなすことが可能です。

身体を椅子に預けることができるので、負担も軽くなります。この章では、椅子にキーボード・マウスアームが付いているおすすめの商品を記述します。肩こりなどに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

DN-913987 オフィスチェア装着型 ノートPCテーブル

価格は、7407円と機能性抜群なのに安価です。肘掛に装着できるマウスパッドが付いてきます。椅子つきなので、負担の少ないキーボードアームを購入したい!と考えている人におすすめです。

チェアデスクPlus

価格は、9800円です。マウスアームつきで、スペースを広々と確保できます。また、キーボードアームは自由自在に動かすことが可能です。

エルゴトロンのおすすめキーボードアーム・ワークステーション

エルゴトロンは、快適なオフィス空間を形成することをモットーとしており、キーボードアームの製作などに力を入れています。キーボードアームに限らず、昇降デスクなども製作しているので知っている人も多いのではないでしょうか。

キーボードアームだけでなく、ワークステーションも品質が良いと人気が高いです。この章では、エルゴトロンのおすすめキーボードアームやワークステーションを紹介します。

エルゴトロン LX キーボード用アーム トレイ付

高級なので、価格は73085円とかなりお高めです。しかし、機能性に優れておりデザインもメタリックでおしゃれになっています。

可動域が広く、動かしやすいです。

エルゴトロン WorkFit-A 座位・立位両用 ワークステーション

76725円となっています。特許を取得しているCF技術によって、キーボードとディスプレイの位置をワンタッチで動かせます。

また、アームは180度回転式なので位置調節も楽です。スペースを確保しやすいので、コーヒーを置くこともできます。

キーボードアームについてのまとめ

・デスクで作業するときは、なるべくスペースを確保することが大切です。
・スペースを確保したいなら、キーボードアームを使用しましょう。
・キーボードアームの最大のメリットは、「デスクを広く使用できる」・「収納できる」・「配線を片付けられる」ことです。
・キーボードアームを選ぶときは、「アームの可動範囲」・「耐荷重」・「設置のしやすさ」を必ず確認しましょう。