皆さんはご自分が入っている携帯通話プランをきちんと把握できていますか?

日本の携帯通話料金はシステムが非常にわかりずらいと言われています。さらに他国に比べ料金も高額なことで、昨今社会問題にもなっている「携帯通話料金」ですが、今回はそんな携帯料金の確認方法をキャリア毎にご案内致しますので、これを機会にご自身のプランを見直すきっかけにしてみてください。

携帯料金確認で使用状況を把握しよう

おそらく、各キャリアごとにキャンペーンやサービスが打ち出されていて、加入したプランによる自分の携帯電話支払い状況は一体何がどうなっているのか よく把握できていない人がほとんどなのではないでしょうか。

「少しでも安くサービスを利用できていればいい」という意見が大半だと思いますが はたしてどれだけのユーザーが「少しでも安くサービスを利用できている」のでしょうか。

しかしここで問題なのは TVコマーシャルなどで大々的に宣伝されているお得なキャンペーンに加入したはいいが、ある日突然知らぬ間にサービスが終了されていて、思いもかけない高額料金が請求されてしまった、などという事態が発生することもあるという事です。

記憶に新しいところでは、ソフトバンクがアメリカでの通話・データ通信などを無料でローミング利用を可能としたオプションサービス「アメリカ放題」と銘打ったサービスに起こった問題です。

ソフトバンクがこの「アメリカ放題」の 申し込み不要・月額利用料無料キャンペーンを終了していたにもかかわらず、キャリアがユーザーにその旨の周知を徹底していなかったことで 知らずにそのままサービス利用を継続し、高額請求されてしまったユーザーがいたことです。

結果的にはキャリア側が折れる形となりましたが、このような事態は未然に防ぎたいものです。

そのためには「毎月の請求金額とその内訳けを把握」することが大切です。
しかし面倒でついつい明細書に目を通さないまま何ヶ月も過ぎてしまうのが実情でしょう。
この「面倒なこと」を習慣化することをオススメします。

例えば WEBから簡単に確認できれば 毎日メールをチェックするついでにさっと料金と内訳確認もできるでしょう。
次の項目では 各キャリアごとの携帯料金確認方法をご案内致します。

auの携帯料金確認方法

WEB de 請求書(請求内容をWEBで確認する方法)
スマートフォン・ケータイ・パソコンからMy auへログインして、毎月の請求金額を確認できます。
月々の請求金額が確定したら、指定のメールアドレスへの通知が可能。毎月忘れず金額の確認ができて安心です。

「WEB de 請求書」で確認できることの詳細

  • 過去3ヵ月分の通話明細の確認が お申し込みにより可能です。
  • 請求金額の内訳:過去6ヵ月分の請求額を一覧で確認可能です。
  • 過去6ヵ月分の請求書の保存・プリントアウトをPDFファイルでダウンロード可能です。
  • 過去18ヵ月分の領収書の保存・プリントアウトをPDFファイルでダウンロード可能です。
  • ただし領収書の確認については 料金の支払いを口座引き落としに設定している場合に限ります。
    クレジット支払いの方は 領収書の代わりとなる支払証明書をご要望ください。

SoftBankの携帯料金確認方法

請求額・請求内訳を「My SoftBank(オンライン)」から確認できます。

iPhone・スマートフォン・4G ケータイ・AQUOS ケータイでの確認方法

STEP①My SoftBank へアクセスし、ログイン後に「○月ご請求」を押します。
STEP②「請求書をみる」を選択します。
STEP③ここでご請求金額をご確認いただけます。(「前月」を押すと、最大過去6ヵ月分の請求金額の確認が可能です)

パソコン・iPad での確認方法

STEP①My SoftBank へアクセスし、ログイン後に「○月ご請求合計」を選択します。
STEP②「請求書をみる」を選択します。
STEP③ここでご請求金額をご確認いただけます。(「前月」を押すと、最大過去6ヵ月分の請求金額の確認が可能です)

3G ケータイ(ガラケー)での確認方法

STEP①端末の「Y!」ボタンを押し、「設定・申込」を選択します。
直近のご請求金額をご確認いただけます。
(過去6か月分のご請求金額をまとめて確認される場合は手順「2」へお進みください)
STEP②「[1]利用料金の確認」を選択します。
STEP③「[1]オンライン料金案内」を選択します。
STEP④利用規約をご確認の上、「利用規約に同意(暗証番号の入力)」を選択します。
STEP⑤暗証番号入力画面にて暗証番号(4桁の半角数字)を入力のうえ、「次へ」を選択します。
STEP⑥「もっとみる」を選択します。
STEP⑦ここで請求金額の確認ができます。
さらに「該当月」を選択すると、請求内訳をご確認いただけます。

請求書の発行

請求書の発行・送付は「請求書オプション」(発行手数料200円/月)への申し込みが必須です。
請求内容は 過去6ヵ月分までの請求内訳にて パソコン、携帯電話から確認ができます。

パソコンからの確認なら 印刷も可能なのでオススメです。

通話明細書(月額200円)を別途契約すれば、請求金額・内訳に加えて通話先の電話番号や通話時間など、さまざまな利用明細の確認が可能です。

docomoの携帯料金確認方法(説明)

ドコモユーザーが料金を確認する方法や管理するためのサービスをご案内します。

・NTTファイナンス Webリビング

NTTファイナンスからの月々の請求金額や請求内容をインターネット上のWebサイトからまとめて確認できるサービスです。
サービスご利用には申し込みが必要となります。
”Webリビング”ログインIDの申し込みには Webリビング上での申し込みと電話での申し込みがあります。

・ドコモご利用額お知らせメール
前月の利用額を ユーザー指定のメールアドレスへメールでお知らせするサービスです。
毎月10〜18日頃に 前月分の利用額をメールで知らせてくれます。サービスご利用には申し込みが必要です。
月額使用料は無料。

Y!mobileの携帯料金確認方法(説明)

24時間契約内容の変更・料金の確認ができるオンラインサイト”My Y!mobile”で 各種料金の確認が可能です。
利用料は無料。
また、”請求金額お知らせメール”でも確認できます。
”My Y!mobile”からサービスのご利用登録をすると、請求金額を登録したメールアドレスへ知らせてくれます。
また 契約中の料金プランの契約更新月とその翌月に契約更新時期を知らせてくれます。
・請求書での確認
毎月の利用料金請求内訳の郵送サービスです。
請求書を発行する場合は 事前の申し込みが必須です。

携帯料金確認のまとめ

  • 携帯料金を無駄のない必要最低限の出費にするためには まず「毎月の請求金額とその内訳けを把握」することが大切です。
  • 内訳け確認を確実に習慣化するためには 各キャリアが提示しているWEB明細がオススメです。
  • 請求書を発行する場合は料金が発生しますので その点でもWEB明細がコスト削減からもオススメです。
  • ランニングコストはできるだけ抑えたいもの。便利な通知システムも利用しながら、時にはプランの見直しも検討しましょう。