最近は携帯電話の複数持ちをしている人も少なくないようです。プライベート用とビジネス用など、人それぞれライフスタイルに合った持ち方をされています。

けれど複数持ちとなると端末コストもバカになりません。なので 新品ではなく「白ロム」と呼ばれる端末を購入する人も年々増えているようです。

パフォーマンスに問題なければ端末は代金を押さえてお得に使用できればいいですね。けれど「白ロムって、なんとなく聞いたことはあるけれど、何のことかよくわかっていない」という人が多いのではないでしょうか。

そこで今回はこの「白ロム」端末についてのあれこれをご紹介いたします。白ロムについて知るには 合わせて「黒ロム」や「赤ロム」の言葉と意味も知っておく必要があります。

白ロムの説明後に「黒ロム」「赤ロム」の説明も詳しくご案内いたします。

そもそも白ロムとはなにか?

白ロムとは、「SIMカードが入っていない端末」のことです。要するに「回線契約がされておらず電話番号登録がされていない携帯電話・PHS端末のこと」になります。

SIMカードを抜いた状態のSIMカード対応機種端末を 一般的に「白ロム」といいます。

黒ロムはSIMカードが入っている端末

白ロムとは反対に SIMカードが入っている(電話番号登録があるということ)端末を「黒ロム」と言います。

白ロム:SIMカードなし、黒ロム:SIMカードありと覚えておくといいでしょう。

赤ロムは制限のある端末

白ロム・黒ロムを先にご説明しましたが、「赤ロム」と言う言葉も存在します。

白か黒でSIMカードの有無(電話番号登録の有る無し)がわかる訳ですが、では この「赤ロム」とは一体なんでしょうか。

これは 「端末を毎月分割払いで購入した場合(割賦と言います)、分割支払い中に端末を売却してしまい、更には分割代金を支払わない人が

いた場合、携帯キャリア会社がその端末にネットワーク制限をかけて通信できないようにする」ことを「赤ロム」と呼びます。

要は きちんと支払いが完了していないにもかかわらず端末を売却してしまう「レッドカード」状態だと覚えておくといいでしょう。「赤ロム」状態になると、SIMカードを入れても通信できなくなります。

また赤ロム設定は スマートフォン個々に割り当てられた”IMEI”という固有番号を使用して、キャリアが制限をかけます。

白ロムの入手法

白ロムの入手方法はいくつかありますが 中古のスマートフォンショップで購入するのが最も一般的です。

もしくはフリマ・オークションサイトで売り出されていることもありますので、そういったサイトでの購入に抵抗がなければチェックしてみましょう。思わぬ格安プライスがつけられていることもあるでしょう。

これらの入手方法以外では 知人から譲り受けるという手もありますね。

白ロムの保証

では白ロムに保証はあるのでしょうか。白ロムにも もちろん新品未使用のものはあります。しかし基本的には中古品が多く出回っています。
ここで気になるのが「保証」ですが、もちろん1年のメーカー保証は付いています。

例えばiPhoneなら シリアルナンバーから保証の確認ができます。メーカー保証以外でも中古スマートフォン販売ショップが店独自でつけている保証などもあります。

万一に備えて、中古保証は是非加入しておかれることをオススメ致します。

白ロム購入時の注意点

白ロム端末を購入するときに最も注意すべきことは「赤ロム」になっていないか、という点です。

先に述べたように、赤ロムになっていると キャリアからネットワーク制限がかけられていて通信ができない状態になっているからです。

けれど最近ではほとんどのショップでは 赤ロム保証をしてくれるようですので その点安心ですね。

具体的には 白ロム購入から無期限で 赤ロムになった場合「同一製品もしくはそれと同等の製品に交換してくれる」という保証でになります。

ここで押さえておきたいポイント:念のために赤ロム保証は必ずチェックしておきましょう。

特にフリマサイトやオークションサイトで購入する際には 個人間取引きなので”赤ロム”になった場合にはどうしようもないからです。

購入して手元に届けられた時点では赤ロムになっておらず 適正な評価をつけた後、その後赤ロムになる可能性もあります。

白ロムのデメリットを上げるなら、この「赤ロムになる可能性がある」という点が最大のデメリットになります。

その次に来るのが「SIMロック」です。白ロムと言えどもSIMロックはかかっています。例えばauの白ロムならauのSIMしか使用できません。NTTドコモでもまた然りです。

ソフトバンクの白ロム端末でauやドコモのSIMは使用できないです。

これはSIMにロックがかかっているためです。しかしSIMロックを解除することで使用できるようになるケースもあります。

白ロム売却時の注意点

白ロムであっても 売却時には注意が必要です。

スマートフォンを新しく購入した際、今まで使用していた古いスマートフォンを売却したいと考えることもあると思います。

その際には まずはSIMカードを抜く前にスマートフォンの「バックアップ」を取るのを忘れずに行いましょう。加えて「初期化」もお忘れなく。

iPhoneで例を上げると、iCloudやiTunesでMacにバックアップをとります。Androidの場合はGoogleにバックアップを取ることになります。
バックアップが取れたら 次に「初期化」を行います。

その次に 端末からSIMカードを抜き取ります。この際Android端末でMicroSDを挿せるものであれば、MicroSDも忘れずに抜き出しましょう。

最後に付属品のチェックをして終了です。買い取り店に持って行く場合、付属品がきちんと揃っているかも重要になりますので、できるだけ全部揃えた状態にしておきましょう。

オークションサイトでの売却でも付属品で、価格が左右されるので付属品はとっておきましょう。

白ロムについてのまとめ

  • ・白ロムとは、「SIMカードが入っていない端末。すなわち回線契約がされておらず電話番号登録がされていない携帯電話・PHS端末。」のことです。
  • 黒ロムとは、SIMカードが入っている(電話番号登録があるということ)端末のことです。
  • 白ロム端末購入時の注意点:どのキャリアの白ロムかを必ず確認する。赤ロムになっていないかの確認と赤ロム保証の確認もします。
    白ロム売却時の注意点:SIMカードを抜く前に必ずバックアップを取り初期化を行います。

  • 新品の端末でなくても 白ロムだと中古ショップであっても良いものがあったりして お得に手に入れられるでしょう。
    また、昔使用していたお気に入りのスマートフォンを再び使えるようにしたりと、様々な楽しみ方もできます。
  • 格安SIMを買ってプライベート用・ビジネス用と使いわけて 複数持ちも容易になります。
  • 今後益々白ロムが普及されることでしょう。白ロム・黒ロム・赤ロムをセットで覚えて 今後の白ロム購入・活用にお役立てください。
  • あなたの日常に白ロムをフル活用して、便利でお得な端末ライフを送リましょう。