コンデジは、価格もリーズナブルで持ち運びがしやすいため初めてカメラを使う方にも最適です。手軽に写真を撮りたい方や、サブカメラが欲しい場合にコンデジを利用する方が増えています。

コンデジは、最近の機種だと多彩な機能が搭載されているうえに、高級モデルも多いです。ですから、コンデジだと写りが悪いのでは?と感じる方にも満足する商品が見つかりやすくなっています。

一方、多種多様なコンデジが取り揃えられているため、コンデジに詳しくない方から見るとどれを選ぶべきか悩んでしまうことも少なくありません。
コンデジを選ぶ際は、きちんと選び方や比較するポイントなどを知っておくことが大切です。

そこで今回は、コンデジの選び方のポイントなどを詳しく解説します。おすすめの商品も紹介するので、コンデジを購入する際に参考にしてください。

そもそもコンデジとはなにか?

コンデジとは、「コンパクトカメラ」のことです。レンズ一体型のカメラで、レンズ交換をする必要がありません。

最近のコンデジは、ミラーレスや一眼レフに負けないくらい多機能な商品が増えているため、注目を集めています。

サイズもコンパクトで軽量なうえ、持ち運びがしやすいのでカメラ初心者の方にも人気が高いです。

コンデジのメリットは小さくてリーズナブルなこと

コンデジのメリットは、「コンパクトで軽い」「レンズの交換が不要」「撮影が簡単にできる」「価格がリーズナブル」だと言えるでしょう。

一眼レフやミラーレスより小さいのに、画質面ではスマホより優秀です。

それに加えて、撮影方法自体はスマホ並に簡単となっています。また、他のカメラより価格が安価なので手に入れることが比較的簡単です。総合的に評価すると、コンデジはカメラ初心者に最適だと言うこととなります。

「綺麗な写真を残したいけど、腕には自信がない」と考えている方に最適です。そしてコンデジは、リーズナブルな価格設定なのでサブカメラに利用されることもあります。

コンデジとミラーレスの違い

コンデジとミラーレスの違いは、「レンズ交換の有無」と「AF速度」です。コンデジは、レンズ一体型なのでレンズ交換ができません。

一方、ミラーレスや一眼レフは、撮影シーンに合わせてレンズを交換することができます。ただし、レンズ交換ができる分コストがかかると言うデメリットもあります。

コンデジの場合、レンズ交換ができない代わりにズーム機能などに特化していることが多いです。また、AF速度が優れているのはミラーレスや一眼レフとなります。

しかし、像面位相差AFとコントラストAFが備わっている「ファストハイブリッドAF」などの機能が搭載されているコンデジが、最近発売されています。

ですから、商品によってミラーレスや一眼レフにAFのカバー範囲が劣っていないコンデジもあります。AF速度が気になる方は、購入する前に要チェックです。

コンデジの選び方

コンデジを選ぶ際は、「撮像素子」「機能」「焦点距離」を必ず確認しましょう。綺麗な写真を撮影したい、カメラ初心者だから簡単に撮影できるコンデジが欲しい場合は、この3つのポイントは重要です。

下記に、各ポイントについて具体的に解説します。

コンデジの選び方:撮像素子

コンデジを選ぶ際に重要なポイントの1つなのが、撮像素子です。

現在最もスペックが高いのは、撮像素子の大きい「フルサイズ」、次に「APS-C」となっています。特に高画質な写真を撮りたい場合は、撮像素子が大きいコンデジがおすすめです。

一方、機能面が優秀なほど価格も高くなるので、予算と折り合いを付けることも必要と言えます。

コンデジの選び方:機能

コンデジの機能は、手ブレ補正や夜景モードなどが搭載されていることが多いです。自分が使いたい場面や用途を想像し、なるべくそれに合った機能を搭載しているコンデジが良いでしょう。

例えば、水辺での撮影をすることが多いなら、防水機能や水中撮影ができる商品が最適です。また、カメラ初心者で手ブレが少なくない場合は、手ブレ補正があるカメラが向いています。

そしてSNSに写真をアップする方なら、Wi-Fiでデータを飛ばすことができる「ワイヤレス機能」が搭載されていると便利です。

コンデジの選び方:焦点距離

コンデジは、レンズの交換ができません。ですから、レンズの焦点距離を確認することが必須です。一般的な焦点距離は、28〜50mm程度となっています。

この数値が小さいほど、視野角が広くなるので風景を撮影したい場合は、数値が小さいコンデジを選びましょう。逆に、400mm以上の望遠レンズだと被写体をズームできるため、野鳥の撮影などに適しています。

コンデジのおすすめ

ニコン デジタルカメラ COOLPIX P900

価格は、52980円です。最大の特徴は、2000mm相当の超望遠「光学83倍ズーム」と「ダイナミックファインズーム」が搭載されていることでしょう。

さらに、光学ズームと電子ズームを使えば、332倍の約8000mm相当をズームできます。天体撮影も簡単にできる優れものです。

もちろん、被写体に1cmまで近づくことができるマクロ撮影なども搭載されているので、色んなアングルに挑戦することもできます。

created by Rinker
ニコン
¥46,680(2019/03/26 15:45:30時点 Amazon調べ-詳細)

ソニー Cyber-shot DSC-HX90V

価格は、42796円となります。本体サイズ102×58.1×35.5mm、重量約245gとコンパクトで軽量な商品です。

持ち歩きに最適なだけではなく、ポップアップ式の有機ELファインダーを内蔵するなど使い勝手も優秀な一面があります。

また、コントロールリングを回すだけで14段階の焦点距離を固定させられる「ステップズーム」など、機能面も優れています。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥26,245(2019/03/26 15:45:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥58,680(2019/03/26 15:45:32時点 Amazon調べ-詳細)

キャノンのコンデジおすすめ

キャノンは、高級なモデルからリーズナブルなモデルまで幅広くラインナップされているメーカーです。コスパも優秀なキャノンのおすすめコンデジを紹介します。

キヤノン デジタルカメラ IXY 650

価格は、16250円です。

被写体を検知して自動でズームすることができる「オートズーム機能」が搭載されています。

また、シーンによって自動でブレを補正する機能「マルチシーンIS」や「こだわりオート」など、初心者でも綺麗に撮影できる機能が多数です。

難しいとされる暗い場所での撮影も、この商品を使えば簡単にできるでしょう。

キヤノン デジタルカメラ PowerShot G7 X Mark II

価格は、54000円となります。

1.0型センサーと映像エンジン「DIGIC7」を搭載しているため、高画質でクリアな写真を撮ることが可能です。

また、明暗差の激しいシーンにも強くブレの補正や追尾・検出機能まで搭載しています。

タッチで簡単にシャッターを切る操作をすることもできるので、難しいアングルの撮影も簡単にできます。

コンデジについてのまとめ

  • コンデジとは、コンパクトカメラのことを指しています。
  • 最大のメリットは、コンパクトで価格がリーズナブルなことでしょう。カメラ初心者の方にも、扱いやすいです。
  • コンデジとミラーレスの違いは、「レンズ交換の有無」と「AF速度」です。
  • 購入する際は、「撮像素子」「機能」「焦点距離」をチェックしましょう。
  • 一般的な焦点距離は、28〜50mm程度となります。