こちらの記事は2020年10月14日に加筆修正いたしました。

ゲームのセーブデータや音楽、動画など大切なデータをしっかり保存できるのがUSBメモリです。USBメモリがあれば、データの保存ができるだけではなく持ち運びや受け渡しをすることもできます。

USBメモリは、主にパソコンのデータバックアップや移行に利用されることが多いです。しかし、パソコンだけに限らずUSBメモリに対応している機器は存在しています。

例えば、ゲーム好きに欠かせないPS4にもUSBジャックがあります。PS4にUSBメモリを差し込むことにより、パソコンと同様の使い方でデータの移行などを簡単にすることが可能です。

また、あらかじめUSBメモリに音楽データを保存しておけば、PS4でも音楽を楽しめます。一方、USBメモリの種類は多種多様なうえに、中にはPS4に対応していないUSBメモリもあります。

ですから、選び方のポイントや推奨されるUSBメモリのサイズなどを知っておくことが大切です。そこで今回は、USBメモリに焦点を当てて詳しく解説します。

是非、参考にしてください。
エレコムノック式ホワイトが本体に対して厚く挿入ができないと問い合わせがあり、記事から削除いたしました。
DOREKAUを参考にご購入いただいた方にはご不便をおかけし申し訳ありません。お詫びとともに訂正させていただきます。
併せてDOREKAUではユーザーからのおすすめ品や感想も受け付けています。よろしければお問い合わせ欄からご連絡いただければと思います。

PS4にUSBメモリを使うメリット

PS4にUSBメモリを使用する一番のメリットは、大切なセーブデータをしっかり保存できることでしょう。ゲームのセーブデータは、自分が時間をかけて積み上げてきた努力の結晶と言っても過言ではありません。

そのセーブデータが熱や衝撃などにより、突然消えて修復不可能…と言う事態を防ぐことができます。また、USBメモリに音楽データや動画データを入れておけば、PS4でも視聴可能です。

それに加えて、USBメモリがあるとパソコンにデータを移行したい場合、簡単に手っとり早くすることができます。ですから、外付けHDDと比較してもUSBメモリを利用するほうがメリットが多いと言うことです。

購入する際は、コンパクトサイズのUSBメモリが持ち運びしやすいのでおすすめとなっています。

中には、紛失しにくいようにストラップホールが付属されている製品や抜き差ししやすいリングつきのUSBメモリもあるため、選ぶ際に要チェックです。

PS4に推奨されるUSBのサイズ

PS4に推奨されているUSBのサイズかどうかも、購入する前に確認しましょう。PS4(PS4 Pro)本体は、USBジャックに溝が存在しており厚みがありすぎると上手に差し込めないことも少なくありません。

現在、公式のホームページで推奨されている厚みは、「8mm以下」です。USBメモリを選ぶ際は、本体の厚みをチェックすることと余計な付属品がないかを見る必要があります。

また、PS4の本体がUSB3.0に対応しているので、サイズと一緒に転送速度が速いUSB3.0に対応したUSBメモリかどうかもチェックすることがおすすめです。

PS4向けUSBメモリの選び方

PS4向けのUSBメモリを選ぶ際は、上記に述べたサイズだけではなく「価格」と「容量」も確認することが必須です。USBメモリは、データの受け渡しなどにも利用されるため、なるべく手頃で自分の用途に合っているものを選ぶ必要があります。

その際に、「価格」「容量」をチェックしておけば、自分に合ったUSBメモリが選びやすいです。次に、各ポイントについて具体的に説明します。

価格で選ぶ

USBメモリの用途によりますが、PS4に使用する製品はそんなにハイスペックである必要はないと言われています。PS4のセーブデータは、パソコンの膨大なデータに比べて容量をとらないことが多いためです。

ですから、パソコンと合わせて使う場合や音楽データなどをたくさん保存する、と言う方以外は低価格でコスパが良いUSBメモリが適しています。

最近のUSBメモリは、低価格でも防水・防塵仕様の製品が多く取り揃えられているため、安くて丈夫なUSBメモリも珍しくありません。

また、高級なUSBメモリでも保存環境が整えられていない場合だと永久的にデータが保存できるわけではない、と言うことも留意しましょう。

容量で選ぶ

PS4で使用するUSBメモリは、自分の使用用途によって必要となる容量が違います。例えばスクリーンショットやゲームのセーブデータのバックアップ・移動であれば、大容量でなくても問題はありません。

一方、ゲーム内部の録画機能を駆使して保存した動画などがある場合、大容量のUSBメモリがおすすめです。

その他でも、音楽データを大量に保存・持ち運びがしたいときは、USBメモリの容量が大きいほうが良いでしょう。ただし、パソコンにすぐ動画や音楽データを移行するのであれば、大容量でなくても構いません。

自分の用途と照らし合わせて、購入するUSBメモリの容量を決めることが重要です。

厚さは8mm以下のものがおすすめ

PS4の公式サイトでは、厚さ8mm以下のものが推奨されています。

そのため、PS4にUSBメモリを使用する場合は8mm以下のものを購入するのがおすすめです。

PS4のUSBポートには小さい溝が付いているため、8mm以上の形状のものを使用してしまうと、引っかかったり、破損の恐れがあります。

PS4用のUSBメモリを購入する場合は、厚さを必ずチェックしてから選びましょう。

転送速度で選ぶ

USBメモリには転送速度の規格があり、USB2.0、USB3.0、USB3.1が主流となっています。

転送速度の規格数値が高いほど、転送速度が速いため、PS4の様々なデータを迅速に保存したい方はUSB3.0以上のものを使用するとよいでしょう。

また、USB3.0や3.1の製品の中でも読み込み、書き込み速度に違いがあるため、購入する際に読み込み、書き込み速度もチェックするのがおすすめです。

耐久性で選ぶ

USBメモリの耐久性が弱いと誤って落としてしまっただけで破損してしまい、データが完全になくなってしまうリスクも高いです。

そのため、USBメモリを持ち運ぶ機会が多い方は、耐久性に優れているものを選ぶのがおすすめです。

地面に落としても破損しにくい製品や、水に強い製品など様々な種類があります。

自分の環境や持ち運ぶ方法に合わせて選ぶとよいでしょう。

USBメモリのおすすめ

IODATA U3-AL16GR

IODATA U3-AL16GRは、USB 3.1 Gen 1に対応しているため、PS4のデータをすばやく転送することができます。

写真データや音楽データなど幅広い種類のデータを保存し、持ち運ぶことが可能です。

また、スライド式なため、キャップの紛失を回避することができ、片手で気軽に使用できます。

容量は、16GBと32GBの2種類から選べるため、自分が必要な容量を選択するとよいでしょう。

SONY USM16W3B

SONY USM16W3Bは、最大160MB/sの高速データ転送を可能にしており、データをすばやく移動させたい方におすすめです。

メタルボディを採用しており、スタイリッシュでオシャレな見た目をしています。

また、この商品を購入した方は、データ復旧ソフトをダウンロードできるため、万が一、データが消えてしまった場合でも復旧させることができます。

おすすめのシリコンパワーのUSBメモリ

シリコンパワー SP064GBUF3J50V1T

シリコンパワー SP064GBUF3J50V1Tは、亜鉛合金製なため、指紋や傷が付きにくい破損のリスクが少ない仕様です。

COBという技術を採用することで、水や衝撃に強い耐久力を実現しています。

シンプルでオシャレなデザインをしているため、キーケースなどに収納しても違和感がないでしょう。

シリコンパワー SP032GBUF3B02V1K

シリコンパワー SP032GBUF3B02V1Kは、わずか8gと非常に軽量でありながら、256GBまでの大容量を実現しています。

ストラップホールが付属しているため、ストラップやキーホルダーなどの小物を付けて持ち運ぶことが可能です。

USB3.1とUSB3.0に対応しており、PS4のデータを高速で転送することができます。

ps4 usbメモリについてのまとめ

  • PS4にUSBメモリを使うと発生する主なメリットは、「セーブデータを保存できる」「パソコンにデータを移行しやすい」「コンパクトサイズだと持ち運びが簡単」の3つです。
  • PS4に推奨されているUSBメモリの厚みは、8mm以下となっています。それ以上厚みがあると、上手く抜き差しができない場合があるので注意しましょう。
  • 余計な付属品などがある場合も、PS4に差し込めない場合があります。
  • 選び方のポイントは、「サイズ」と合わせて「価格」と「容量」も確認することです。
  • 使用用途によって、必要となるデータ容量も変化します。