ノイズキャンセリングは、周囲の雑音を遮断して、より良い音楽を聴くことができる、イヤホンやヘッドホンに搭載された機能です。

ここでは、ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンの選び方や、これぞ最強と言えるおすすめ商品を紹介していきます。

ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンの選び方

ここからは、ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンの選び方を、項目別に紹介していきます。

用途で選ぶ

どのような状況や用途で音楽を楽しむのかを事前に把握し、それに適した商品を選ぶことが重要になります。

例えば、音質を重視するのであれば「ヘッドホン」がおすすめですし、持ち運びを重視するのなら携帯性の高い「イヤホン」がおすすめです。

ヘッドホンの特徴で選ぶ

低音の広がりが良く、室内、室外どちらにいても迫力のある音楽を楽しむことができるのが特徴です。

ヘッドホンには主に「密閉型」「開放型」の2種類がありますが、ノイズキャンセリングを重視する場合は、「密閉型」を選ぶのがおすすめです。

イヤホンの特徴で選ぶ

音質はヘッドホンよりもやや落ちますが、持ち運びや使い勝手などは携帯性の高いイヤホンの方が、ヘッドホンよりも優れています。

ヘッドホンと同様に、イヤホンにも、耳の穴にフィットする耳栓タイプの「カナル型」、耳の穴にかぶせる「インナーイヤー型」の2種類があり、ノイズキャンセリングを重視する場合は「カナル型」がおすすめです。

ノイズキャンセリングのレベル調整機能の有無で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンやヘッドホンの中には、搭載されているノイズキャンセリングのレベルを調整することができるものもあります。

状況や環境によってレベルを調整することができ、それぞれの状況や環境に適した音楽を聴くことができるので、レベル調整機能が付いている商品は便利で使い勝手良いです。

20~30段階など細かくレベル調整できるものや、ノイズキャンセル事態をオン・オフできたりもするので、これら機能が搭載されている商品を選びましょう。

連続再生時間で選ぶ

ノイズキャンセリングが主に役立つのは外出時に音楽を聴いている時なので、その商品の「連続再生時間(バッテリー持続時間)」は重要なポイントです。

基本的に連続再生時間は長ければ長いほどおすすめで、目安としてはイヤホンで「4~8時間」、ヘッドホンで「20時間程」を目安にして選べばいいでしょう。

使いやすさと連続再生時間のバランスを考えた際は、Bluetoothに対応したワイヤレスタイプも便利です。

ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンのおすすめメーカー

ノイズキャンセリングはいわばそのメーカーの「技術」そのものであり、ヘッドホンやイヤホンに搭載するには、高い技術力が必要となります。

よって作ることができるメーカーは限られてくるため、事前に主なメーカーを把握しておけば、ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンを購入する際の選ぶポイントにもなります。

現在、ノイズキャンセリングを得意とする主なメーカーは、「BOSE」と「SONY」の2メーカーです。

BOSE製は細かい音域の遮断が可能

アメリカ合衆国に本社を置く、スピーカーを主にした音響機器メーカーです。

ワイヤレスヘッドホン・イヤホンに定評があり、ノイズキャンセリングを搭載したヘッドホン・イヤホンは、高音域まで遮断でき、微妙なレベルの調整を手動で行えるなど、高性能な製品を多く取り扱っています。

SONY製は自動でその場に適した調節

言わずと知れた世界トップレベルの技術力を誇る、日本を代表する世界的なメーカーです。

SONYの独自技術である「AIノイズキャンセリング」は、AIによってその場に応じたノイズキャンセリングを自動で設定し、発せられる音の種類、状況などに応じて、その場に適した調整を自動で行ってくれます。

ノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめ

ここからは、おすすめのノイズキャンセリングヘッドホンをいくつか紹介していきます。

SONY WH-1000XM3

  • メーカー SONY
  • タイプ 密閉型
  • 連続再生時間 30時間(ノイズキャンセラーOFF時は38時間)
  • 機能 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1 ワイヤレス対応

ソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」が搭載されたヘッドホンで、ノイズキャンセリングの性能は業界最高クラスと定評があります。

ノイズキャンセリング機能を使い手の装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」は、例えば、飛行機に搭乗中など気圧の変化に対してもノイズキャンセリングを最適化してくれ、状況や環境に応じた音を自動で最適化し、聴き手に提供してくれます。

SONY h.ear on 2 Wireless NC WH-H900N

  • メーカー SONY
  • タイプ 密閉型
  • 連続再生時間 28時間(ノイズキャンセラーOFF時は34時間)
  • 機能 Bluetooth ワイヤレス対応

多彩なカラーバリエーションのヘッドホンで、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しむことができるノイズキャンセリングヘッドホンです。

ノイズキャンセリング機能は、フルオートAIノイズキャンセリングなので、環境や状況に応じて、AIがノイズキャンセリングレベルを自動で調整してくれます。

BOSE QuietComfort 35 wireless headphones

  • メーカー BOSE
  • タイプ 密閉型
  • 連続再生時間 20時間
  • 機能 Bluetooth ワイヤレス対応 アプリ連携

専用アプリ「BOSE CONNECT」を通じてノイズキャンセリングレベルを調整できるヘッドホンで、衝撃に強い素材、ガラス繊維を練り込んだナイロン樹脂を使っているので、耐久性も非常に高いです。

アコースティックノイズキャンセリングテクノロジーを駆使したノイズキャンセリング機能は、外部のノイズを継続的に測定・比較し、それに反応して、逆位相の信号でノイズを打ち消してくれます。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥25,920(2019/03/19 13:17:05時点 Amazon調べ-詳細)

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ

次に、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンをいくつか紹介していきます。

SONY WF-SP700N

  • メーカー SONY
  • タイプ 密閉型
  • 連続再生時間 3時間
  • 機能 Bluetooth ワイヤレス対応

スタイリッシュなデザインのイヤホンで、左右独立型スポーツモデルとして世界で初めてデジタルノイズキャンセリング機能搭載したイヤホンでもあります。

状況や環境に合わせて、走行音やエンジンノイズなどさまざまな騒音を低減してくれ、快適に音楽を楽しむことができます。

汗や水しぶき、雨などからイヤホンを守る防滴性能も搭載されているので、ジョギングや通勤中などの急な雨などからもイヤホンを守ってくれます。

BOSE QuietControl 30 wireless headphones

  • メーカー BOSE
  • タイプ カナル型
  • バッテリー持続時間 10時間
  • 機能 Bluetooth ワイヤレス対応 アプリ連携

周囲の状況に応じて、ノイズキャンセリングのレベルを自由に調節することができるワイヤレスイヤホンで、搭載されているネックバンドは、長時間の装着を補助してくれます。

また、専用のアプリと連携することによって、接続設定やレベル調整などをアプリ上で簡単に行うことができ、自分にあったカスタマイズをいつでも好きに行えます。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥34,560(2019/03/19 13:17:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥22,621(2019/03/19 13:17:07時点 Amazon調べ-詳細)

ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンについてのまとめ

  • どのような環境や状況でよく利用するかを事前に把握し、それぞれの用途に適したタイプのヘッドホンやイヤホンを選びましょう。
  • 連続再生時間やレベル調整など、機能や性能のバランスを考えて、自分に適したものを選ぶのもポイントです。
  • ノイズキャンセルは高等技術なので、扱えるメーカーは限られます。得意とするメーカーを事前に把握し、それらメーカーを抑えた上で商品を選びましょう。