近年、食に関する資格が注目されることが多くなりました。「ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)」「きき酒師」は取得している有名人も多く、一度は名前を聞いたことがある親しみのある資格でしょう。

日本の食卓に欠かせない「お米」にも「お米マイスター」という資格があります。今回はこの「お米マイスター」どんな資格なのかを紹介するとともに、美味しいご飯を炊くための炊飯器選びのアドバイスもしていきます。

美味しいお米を美味しく炊いて、毎日の食生活を豊かなものにしたいですね。

お米マイスターとはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

美味しいご飯が炊けるおススメの炊飯器

お米マイスターとは「日本米穀小売商業組合連合会」が認定する資格です。

お米に関する幅広い知識を持ち、米の特性(品種特性、精米特性)、ブレンド特性、炊飯特性を見極めることができ、その米の特長を最大限に活かした「商品づくり」を行い、その米の良さを消費者との対話を通じて伝えることができる者です。

マイスター(MEISTER)は、ドイツ語で「巨匠・師匠」の意味です。職人の国ドイツでは、優れた技術者を育てるためにマイスター制度を設けて、厳格な運営をしてきました。

お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会が主宰する、お米に関する専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわば、お米の博士号とも言える資格です。

お米マイスターには「三ツ星お米マイスター」と「五つ星お米マイスター」があり、まず三ツ星を取得する必要があります。三ツ星お米マイスターは、講習を受講したうえで試験に合格することで所得できます。

お米マイスター全国ネットワークより引用

応募資格は
1.米穀の届出事業者のうち小売業を営む者及びその家族、従業員。
2.米穀小売業に5年以上従事されている方。
3.都道府県米穀小売組合に加入されている方。
と規定されていて、「お米マイスター」はプロのお米屋さんだけが取得できる資格だということが分かります。

「五つ星お米マイスター」は三ツ星の上位資格で試験には事前課題や口頭質問があり、さらにお米の知識を極めた人に与えられる資格です。

お米マイスターのいるお店、五つ星お米マイスターは「お米マイスター全国ネットワーク」のサイトで調べることができます。

ひとくちに「お米」といっても品種もたくさんありますし、精米や保管のしかたも味に影響します。

「美味しいご飯を炊きたい」と思っている人は、ぜひ近所のお米マイスターのいるお店に足を運んで、まずは自分好みのお米を見つけてみてください。

ご飯好きならお米の食べくらべもおススメ

お米の品種としては、コシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれ・ななつぼしなどがポピュラーですが、実は国に品種登録されているお米の中で、酒造用などを除く主食用として作られているものだけでも300品種近くあります。

お米マイスターのいるお店で好みを相談しながら少量ずつ買って、食べ比べをしてみるのも楽しいでしょう。

お米を美味しく炊く炊飯器の選び方

美味しいご飯を炊くのにお米選びはもちろん大事ですが、どんな炊飯器を選ぶかも炊きあがりの味に影響してきます。炊飯器選びのポイントを次に紹介していきます。

炊飯器の選び方①:加熱方式

炊飯器には加熱方式によって「マイコン式炊飯器」と「IH式炊飯器」があります。

マイコン式
低価格で買えるものが多く、コスパを重視する人に向いています。IHに比べて加熱の強さが弱いので、大きめの容量の炊飯器にマイコン式は少なくなっています。
IH式
IH式は現在主流となっている加熱方式で、炊きムラなくふっくらと炊き上げることができます。マイコンより価格は上がりますが1万円台から買え、味と価格のバランスがよいといえるでしょう。
圧力IH式
IHの機能に圧力をプラスしたものです。圧力をかけることでお米の芯まで熱が通り、ふっくらもちもちの食感のご飯が炊きあがります。このタイプは価格が高くなりますが、自分好みの炊きあがりにできる炊き分け機能がついているなど高性能のモデル各メーカーから発売されています。ご飯にこだわりのある人は圧力IH式もチェックしてみてください。

炊飯器の選び方②:内釜の素材

内釜の素材によってもご飯の炊きあがりが変わってきます。美味しいご飯を目指すなら内釜の素材もチェックしておきましょう。

鉄釜
鉄釜は熱しやすく短時間で効率よく炊飯することができ、お米の栄養や旨味を逃さず本来の美味しさを味わうことができます。重量感があるので、お手入れのときに少し重く感じるかもしれません。
土鍋釜
土鍋釜はじっくり中に火を通すように加熱することで、ふっくらとしたご飯が炊きあがります。じっくり加熱することで、お米本来の甘み・粘りを引き出してくれます。
炭釜
遠赤外線効果や熱伝導に優れた素材で、短時間にムラなく加熱することができるのが特長です。衝撃に弱く割れやすいので取り扱いに注意が必要です。

炊飯器の選び方③:炊飯量

炊飯器は3合炊き、ファミリーに向いている5.5合炊き、大人数用の8合炊きなどさまざまなサイズが揃っています。一人暮らしなら3合炊きがちょうどよいでしょう。

圧力IH式や炊き分けなど高機能のモデルは5.5合炊き以上がメインになっています。炊きあがりにこだわる人、多機能のモデルを探している人は5.5合以上から選ぶと選択肢が多くなります。

炊飯器の選び④:機能

最近の炊飯器は、白米、玄米、無洗米などお米によって炊き方を変える「炊き分け機能」のあるもの、好みの硬さに炊き上げる「硬さを選べる機能」のあるもの、パンの発酵から焼きあげまでができる「パンを焼く機能」のついたものなど、多機能なモデルも多く発売されています。

炊飯器をどんな風に使いたいか、自分の暮らしにあてはめて必要な機能がついたものを選びましょう。

炊飯器の選び⑤手入れのしやすさ

炊飯器は毎日使うものですから、お手入れに手間がかかるとストレスになります。お手入れがしやすいもかどうかも購入前にチェックすることをお勧めします。

炊飯器の天面や内部がフラットのものは拭きやすく扱いが楽です。パーツは取り外して洗えるものがよいでしょう。都度洗わなくてはならないパーツが多いと手間がかかります。このあたりも確認しておきましょう。

美味しいご飯が炊けるおススメの炊飯器

長谷園×siroca 全自動炊飯土鍋 かまどさん電気 SR-E111

伊賀焼窯元「長谷園」から生まれた大人気の土鍋「かまどさん」。家電メーカーの「siroca」とのコラボで電気で炊き上げることを実現しました。

多くの機能を搭載せず炊くことに専念しています。土鍋をそのまますっぽり入れた、昔ながらのお釜を思わせるデザインも愛らしい。

バルミューダ BALMUDA The Gohan

トースターで一大ブームを起こしたバルミューダの炊飯器。水を入れた外釜を加熱して蒸気で炊飯するという独特の過熱方式で、お米を傷つけず粒感のあるご飯に仕上がります。

もっちり、ねっとりが好きな人には向きませんが、しっかりした食感が好きな人にはおススメです。


バーミキュラ ライスポット

「目指したのは、世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器」がコンセプト。

炊飯だけでなく無水鍋としてさまざまな料理に使えます。キッチンに映える個性的なフォルムはデザイン重視の人も満足いただけます。


象印 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き/NW-KA10

炊飯器でトップクラスのシェアを誇る象印の圧力IH炊飯器です。

「炎舞炊き」と「豪炎かまど釜」で炊きムラを抑えてふっくらと炊き上げます。自分の好みに炊きあがりを調整できる「わが家炊き」機能も便利。お手入れがしやすいのも嬉しい。

象印 圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」(5.5合) NW-KA10-WZ
created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥92,970(2019/11/12 06:04:12時点 Amazon調べ-詳細)

お米マイスターと炊飯器選びについてのまとめ

  • 「お米マイスター」は、日本米穀小売商業組合連合会が認定するお米に関する専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわば、お米の博士号とも言える資格です。
  • お米マイスターのいるお店は、お米マイスター全国ネットワークのサイトで調べることができます。
  • お米を美味しく炊くには炊飯器選びも重要です。加熱方式、内釜の素材、機能などをチェックして自分にピッタリのものを選びましょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
象印 圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」(5.5合) NW-KA10-WZ
created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥92,970(2019/11/12 06:04:12時点 Amazon調べ-詳細)