紙の文書や写真をデジタルデータに残したいときに、スキャナが便利です。
スキャナは、プライベートに限らずビジネスで利用されることが多くなっています。

例えば、紙の文書にうっかりコーヒーをこぼしてしまったり捨ててしまったりなどのハプニングが発生した場合、スキャナで保存しておくとまたコピーをとることができます。
保存できる機器は、パソコンやタブレットなどです。

パソコンなどに保存しておけば、周囲と情報を共有しやすい・データを持ち出しやすいと言うメリットがあります。
ですので、スキャナを持っておくと、より仕事を効率よくこなすことが可能です。

一方、スキャナの選び方が分からない方やプリンターの違いを知らない方もいます。
品質の良いスキャナを選ぶには、選び方のポイントなどをしっかり知ることが必要です。
そこで今回は、スキャナについて焦点を当て詳しく解説します。
是非、参考にしてください。

スキャナーとはなにか

紙の文書や写真を読み込んだ後、デジタルデータに変換し保存することができるのがスキャナです。
スキャナを使用すれば、紙の文書だけでなく昔の写真もデジタルデータにできるため、バックアップもとりやすいと言えます。
使い方は簡単で、タブレットやパソコンと接続後、スキャンしたデジタルデータを保存します。
また、もともとMicroSDカードスロットやUSB端子が搭載されているスキャナもあります。

それらが搭載されている場合、読み取りから保存まで全てスキャナで行うことが可能です。

プリンターとの違い

スキャナとプリンターの違いを紹介します。
プリンターの役割は、文書や紙を印刷することです。
プリンターにデータを転送することによって、印刷ができます。

つまり、スキャナは紙の文書などをデジタルデータに変換する、プリンターはデジタルデータを紙面にできる製品と言うことです。
プリンターの中には、複合機と呼ばれる製品もありスキャナー機能などが搭載されているのもあります。

紙の文書や写真をデジタルデータにするだけでなく、紙面にコピーもしたいなら複合機を選ぶのがおすすめです。

スキャナーの選び方

スキャナを選ぶ際は、「種類」「解像度」「Wi-Fi機能の有無」を要チェックです。
3つのポイントを確認することにより、自分の欲しいスキャナが選びやすくなります。
下記に、それぞれのポイントに関してじっくり説明します。

種類でえらぶ

スキャナには、様々な種類があります。
例えば、厚紙の書籍などを読み取ることができる「フラットベッドスキャナー」やたくさんの枚数を読み取れる「シートフィードスキャナー」などがあります。
また、原稿を離しても読み取り可能な「スタンドスキャナー」、用紙をなぞるように読み取る「ハンディスキャナー」も人気が高いです。

上記のスキャナに加え、「名刺スキャナー」や「ドキュメントスキャナー」のような特化機能が搭載されているタイプもあります。
ですから、自分がどうスキャナを使うかをきちんと考慮したうえで、スキャナを選ぶことが必要です。

解像度で選ぶ

スキャナを購入する際に真っ先に確認するべきが、解像度です。
スキャナの対応する解像度によって、読み込まれた画像の画質に大きな影響を与えると言えます。
解像度を表す単位は、「~dpi」です。

1インチでどれだけのドット数があるかが、この単位で分かります。
基本的に、数値が大きいほうが画質が綺麗です。

ただし、解像度が高いほどスキャンに時間がかかる場合もあります。

ですから、製品の公式ホームページや口コミで、スキャン時間の目安を確認しておくと良いでしょう。
価格も高くなりがちなので、予算と折り合いをつけて購入することが大切です。

Wi-Fi機能(

Wi-Fi機能が搭載されていれば、より簡単にスキャンできます。
Wi-Fi接続であれば、USBケーブルなどで接続することが不要です。

ケーブルが絡まることもなく、場所を選ばず接続できるため利便性が高いと言えます。

スキャナーのおすすめ

スキャナのおすすめを紹介します。

・サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フィルムスキャナー 400-SCN024


価格は、11800円です。
ネガフィルムまでデジタルデータにできる、コンパクトで軽量な製品となります。
使い方も簡単となっており、2.4型カラーモニターで確認しつつフィルムを1枚2〜3秒でスキャンできます。
さらに4416×2844ピクセル、3200dpiと高解像度なので、画質も綺麗です。
また、画像編集ソフト「Media Impression」搭載・この製品だけでスキャンできるなど、性能面も優れています。
色んな写真を思い出として残したい、1台でスキャンを済ませたい方におすすめです。

・イーサプライ(esupply) フィルム&写真スキャナー EZ4-SCN041


価格は、19800円となります。
ネガフィルム最高3200dpi、プリントした写真だと最高700dpiと高解像度でデジタルデータにできます。
また、フィルムがない写真でも画像として保存可能です。

パソコンと接続不要、2.4型カラー液晶ディスプレイで作業がしやすいなど使い勝手も優秀と言えます。
手軽にデジタルデータとして残したい方、作業がしやすい製品を求めている方に最適です。

エプソンスキャナーのおすすめ

エプソンスキャナのおすすめを紹介します。

・エプソン(EPSON) A4フラットベッド GT-S650

created by Rinker
エプソン
¥8,307(2019/03/19 15:05:42時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、8370円です。
「USBバスパワー」で駆動、重量約1.5kg、サイズ249×364×39mmとコンパクトで軽量な製品となります。
4800dpiの高解像度、逆光で顔が見えにくい写真を補正できる「逆光補正」や色褪せた写真を鮮やかにする「退色復元」などの、たくさんの画像補正機能が搭載されています。
さらに「文字くっきり機能」も搭載されているため、文書も綺麗にデジタルデータにできるでしょう。
PDF作成・転送・コピー・スキャンをボタン1つで操作可能なので、画質が綺麗なだけでなく使い勝手も優秀です。

・エプソン(EPSON) A4シートフィードスキャナー DS-570W

created by Rinker
エプソン
¥35,750(2019/03/19 15:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

価格は、35730円となります。
レシートなどの薄紙からカード類まで、幅広い用紙に対応しているスキャナです。
キャリアシートを別売りで購入すれば、A3やB4サイズも対応できます。
ADF機能、耐久性もあるので、長期間こちらの製品を使えるでしょう。
大量の用紙を読み取らせたい方や、ビジネス用のスキャナを探している方におすすめです。

スキャナのおすすめのまとめ

  • スキャナとは、紙の文書や写真をデジタルデータとして保存することができる機器です。
  • プリンターは、文書や紙を印刷すること・スキャナは紙の文書などをデジタルデータに変換します。なお、複合機であれば、プリンターとしてもスキャナとしても利用することが可能です。
  • スキャナを選ぶ際は、「種類」「解像度」「Wi-Fi機能の有無」をチェックしましょう。
  • スキャナには、フラットベッドスキャナーやシートフィードスキャナー、さらに特化機能を搭載した名刺スキャナーなどがあります。自分の用途に合わせて、スキャナを選ぶことが必須です。
  • 解像度が高いほど、スキャンに時間がかかることがあります。解像度を表す単位は、「~dpi」です。