ネイルグルーはネイルチップを付けるときや、ラインストーンなどの飾りを貼るときに使う接着剤です。爪の補修にも使え、一つ持っているだけで様々な場面で活用することができます。

この記事では、ネイルグルーの使い方やおすすめ品を紹介いたします。ネイルグルーと似た役割のアイテムやオフの仕方も解説しているため、ネイルグルーを使う際にぜひ参考にしてみてください。

ネイルグルーってなに?

ネイルグルーは爪専用の接着剤です。ボトルに入ったブラシでつけるタイプのものと、チューブ入りのタイプがあります。

主な使い道は、ネイルチップをつけるとき、ネイルにラインストーンなどの装飾をつけるとき、自爪の補修の3つです。

ネイルグルーの使い方

ネイルグルーの3つの使い道について、それぞれ解説をいたします。

ネイルグルーの使い方①ネイルチップの装着剤

ネイルグルーの最も一般的な使い方は、ネイルチップをつける際の装着剤です。

ネイルチップは自爪につけるプラスチック製のつけ爪のことで、普段爪を伸ばせない人や1日だけ華やかなデザインのネイルをしたい人などに便利なアイテムとなっています。

ネイルチップは両面テープで装着する方法もあり、手軽さで選ぶならテープに軍配が上がりますが、両面テープは水や衝撃に弱く取れやすいところが難点です。その点ネイルグルーはしっかり装着することができますよ。

ネイルチップの基本的な装着方法は以下の通りとなります。

・ネイルチップの装着方法
1.まず自爪のケアをします。ネイルファイル(爪やすり)で自爪を整えたら、オイルフリーの除光液で詰めの油分や汚れをふき取っておくとネイルチップがはがれにくくなります。

2.ネイルチップにグルーを塗り、素早く爪に装着します。ネイルチップと自爪の間に空気が入ってしまうとしっかり装着できないので注意しましょう。

3.はみ出たグルーをキッチンペーパーなどでふき取り、そのまま1~2分置いて完成です。

ネイルグルーの使い方②ネイルアートの接着剤

ネイルグルーは爪にラインストーンなどをつけるときの接着剤としても使えますよ。ストーンなどのパーツはトップコートで付けるのが一般的ですが、トップコートだけだと取れてしまいそうで不安だというときにはネイルグルーの使用をおすすめいたします。

また、トップコートでストーンを付けてしまうと、本来のストーンの輝きが分かりにくくなってしまうというデメリットがありますが、ネイルグルーならトップコートを塗った後に付ければよいため、ストーンの質感が損なわれることがありません。

ネイルグルーの使い方③自爪の亀裂補修

自爪にヒビが入ったけれど、爪を伸ばし中で切るのが惜しいときや、切っただけでは補修しきれない位置に亀裂が入ってしまったということも少なくないですよね。そのままにしておくとシャンプーのとき髪が引っかかったり、ストッキングをひっかけてしまってストレスになります。

そのようなときにはネイルグルーが役に立ちますよ。ネイルグルーによる自爪の亀裂補修のやり方は下記の通りとなります。

・自爪の亀裂補修のやり方
1.爪の分けた部分にネイルグルーを塗ります。

2.グルーが乾いたらネイルファイルでデコボコを整えて滑らかにします。

3.ベースコートを塗ると自然な仕上がりになります。上からマニキュアを塗っても大丈夫です。

ネイルグルーを使用する際の注意点

ネイルグルーを使用する際は、皮膚につかないように注意しましょう。皮膚に直接触れてしまうと肌荒れの原因になってしまうことがあります。

また、ネイルチップをつける際には、自爪とチップの間に水分が入らないようにしましょう。水分が入り込んでしまうと剥がれやすくなるだけではなく、カビが発生する原因にもなりかねません。

ネイルグルーの剥がし方

ネイルグルーで装着したチップは、衝撃に強く外れにくいだけに取るのにも少し時間がかかります。無理に取ることはせず、専用のリムーバーで丁寧に外していきましょう。

リムーバーを使うとネイルチップが溶けることが多いため、ネイルグルーで装着したチップは基本的に再利用はできません。

ネイルグルーを使用したネイルチップの外し方は下記の通りとなります。

・ネイルグルーでつけたネイルチップの外し方
1.グルーリムーバーを自爪とネイルチップの間に染み込ませ、1~2分置きます。

2.グルーが溶けてネイルチップが浮いてくるので、ウッドスティックを隙間に入れてチップを少しずつ上げながら外していきます。

3.一度で外れない場合は無理をせず、1.2.を繰り返します。

4.爪と甘皮にキューティクルオイルを塗って保湿します。

ネイルグルー・ネイルグルーと似たアイテムの特徴とおすすめ商品

ここでは、ネイルグルーとネイルグルーに似たアイテムの特徴とおすすめ商品を紹介いたします。

それぞれの特徴を見極め、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ネイルグルー

ネイルグルーは蒸気でも述べたように、ネイルチップをしっかり装着したり自爪の亀裂補修に使います。

ネイルグルーで装着したチップは衝撃に強く外れにくいメリットがありますよ。

おすすめのネイルグルー①ネイルグルー Nail Gluo ブラシタイプ 10ml

強力な接着力&速乾性というポイントがあります。

ネイルサロン級に頑丈な接着力と剥がれにくい、プロ使用のネイルグルーです。

おすすめのネイルグルー②【 i b d 】 5second ブラッシュオンネイルグルー

各種ネイル検定でも使える定番のネイルグルーです。

検定はもちろんのこと、亀裂補修やアートの接着にも使用できます。

おすすめのネイルグルー③ビューティーネイラー ジェルネイル エリコネイル ネイルグルー

液だれせずに使いやすいブラシタイプのネイルグルーです。

ピンクとハートのパッケージも可愛らしく使用しやすいでしょう。

created by Rinker
ビューティーネイラー
¥350(2019/05/26 18:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

ワンタッチグルー

ワンタッチグルーは、付け外しが楽で爪に負担がかかりにくいのが特徴です。

ネイルチップを繰り返し使いたい人や、パーティーや写真撮影などスポット的に使いたい人にもおすすめですよ。

おすすめのワンタッチグルー①ビューティーネイラー ワンタッチネイルグルー

リムーバーなしの、ワンタッチで外せるネイルグルーです。

created by Rinker
ビューティーネイラー
¥500(2019/05/26 18:53:12時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのワンタッチグルー②ビューティーネイラー ツケ爪粘着剤 ネイルチップ ワンタッチネイル

お湯で簡単にはがせるワンタッチネイルグルーとなっています。

粘着グミ

粘着グミは、弾力と厚みがありチップと自爪の隙間を埋めてしっかりフィットします。

ネイルチップを傷めずに済み繰り返し利用できますよ。

おすすめの粘着グミ①リピティション 粘着グミ 30ピース入り

30枚入りとコスパにも優れた粘着グミです。

頻繁にネイルチップを使用する方におすすめの商品となっています。

created by Rinker
リピティション
¥700(2019/05/26 18:53:12時点 Amazon調べ-詳細)

両面テープシール

両面テープシールは手軽に装着でき、初心者にも使いやすいのが魅力です。

水やお湯に弱いため、一時的な利用におすすめですよ。

おすすめの両面テープシール①ゆずネイル推奨 超強力両面テープ 140枚入り

強力両面テープに厚みがありゴムのように伸びるネイルチップ接着テープです。

140枚入りと大容量なのでたっぷり使いたい方におすすめですよ。

created by Rinker
ゆずネイル
¥530(2019/05/26 18:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの粘着グミ②つけ爪専用両面テープ 超強力クリアタイプ

長時間はがれにくい、超強力タイプの両面テープです。

お手入れに使える3WAYバッファー付きとなっていますよ。

created by Rinker
アネックスジャパン
¥480(2019/05/26 18:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

ネイルグルー用オフ液

ネイルグルーを取るときには専用のリムーバーを使います。

下記では、おすすめのネイルグルー用オフ液を紹介いたします。

おすすめのオフ液①「BEAUTY NAILER つけ爪専用リムーバー GLUE OFF GO-1」

つけ爪と自爪の間から液を浸透させて剥がすため、爪を傷つけずに快適に使用することができますよ。

created by Rinker
BEAUTY NAILER
¥426(2019/05/26 18:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのオフ液②ビューティーネイラー ネイル リムーバー グルーオフバリュー

見た目も可愛らしいリムーバーとなっています。

created by Rinker
ビューティーネイラー
¥890(2019/05/26 18:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのオフ液③ネルパラ ネイル リムーバー グルーオフ 50mL

コンパクトなサイズでポーチなどに入れて持ち運びしやすくなっていますよ。

created by Rinker
ネルパラ
¥648(2019/05/26 18:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

ネイルグルーについてのまとめ

  • ネイルグルーは爪専用の接着剤で、ネイルチップの装着、ストーンの貼り付け、自爪の亀裂補修に使えます。
  • ネイルグルーで装着したチップを剥がすときには、専用のオフ液を使います。
  • ネイルチップを装着する方法は、ネイルグルーのほかに、ワンタッチグルー、粘着グミ、両面テープシールなどがあります。それぞれの特徴を踏まえて目的に合わせて選びましょう。