こちらの記事は2020年10月26日の記事を2020年11月9日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・酵素とは?
・酵素洗顔の特徴・効果
・目的に合った酵素を選ぶポイント
・パウダータイプ、個包装タイプなど酵素洗顔が粉末な理由
・酵素洗顔の注意点!メリット・デメリット
・おすすめの酵素洗顔を更新いたしました。

この記事では、酵素洗顔のメリット、デメリット、おすすめの酵素洗顔料を解説します。
普段の洗顔では落ちない汚れを落とすことが出来るのが酵素洗顔です。
しかし、使用頻度や配合成分の効果を知らずに使用すると、正しい効果を得ることが出来ません。
この記事を読むことで、自分に合った酵素洗顔購入の検討が出来ます。

そもそも酵素洗顔とはなにか?


毎日スキンケアをしていても、古い角質や角栓などにより肌がざらついたり、黒ずみや毛穴のつまりが気になることがあるでしょう。
酵素洗顔とは、酵素が配合された洗顔料で、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂までしっかり取り除く洗顔の事を言います。
しかし、肌への影響が強いため、敏感肌の人の使用には注意が必要です。

毛穴汚れを落とす方法は洗顔?毛穴パック? 選び方の解説
クレンジングを使うメリット 選び方のポイントとおすすめの製品7選
保湿クリームって何?選ぶ際のポイントと肌質別のおすすめ商品12選
bbクリームって何?ccクリームとの違いと選び方 おすすめ品6選
拭き取り化粧水ってなに?魅力と上手な使い方 おすすめの品を解説
クレンジングを使うメリット 選び方のポイントとおすすめの製品7選
パックの種類ごとの特徴や使用方法 おすすめの品14選を解説

酵素とは?


酵素は私達のカラダの中にもあり、消化、吸収、分解、排泄や新陳代謝の促進、ホルモンバランスの調整をする働きがあります。
タンパク質分解酵素や皮脂分散酵素を配合した洗顔料は肌に蓄積する角栓、古い角質を分解して洗い流す効果があります。

酵素洗顔の特徴・効果


酵素洗顔でもたくさん商品が存在しています。それでは具体的にどんな特徴があるのでしょうか。
汚れが落ちやすく、古い角質除去にも効果が期待できるので、酵素洗顔を選ぶうえでポイントを知って、効果をしっかりと実感できるよう美肌へ向けてさらに一歩前進しましょう。

●特徴
酵素とは、ヘプシン・ブロメライン・パパイン酵素などの種類を指します。
角栓や毛穴詰まりの原因は皮脂が多いようですが、しっかりと皮脂を除去、黒ずみや毛穴の詰まりを予防、角栓、古い角質、汚れ、肌のくすみを分解する特徴があります。

効果
普通の洗顔では難しい皮膚表面の角質へアプローチして汚れを落とすとともに、クリアで透明感のある肌に導いてくれます。
酵素洗顔を定期的に継続することで、角栓ができにくい肌を目指せるのですが、刺激が強いので使用頻度には注意が必要です。

目的に合った酵素を選ぶポイント

酵素を選ぶポイント
タンパク質分解酵素で選ぶ
皮脂分散酵素で選ぶ
酵素以外の美容成分もチェックして選ぶ

タンパク質分解酵素で選ぶ

普通の洗顔では取り除けない、皮膚表面の角質を分解するのが、「タンパク質分解酵素」です。

主に「プロテアーゼ」「ブロメライン」のほか以下として知られています。

ペプシン
トリプシン
キモトリプシン
エラスターゼ
パパイン酵素
パイン酵素

肌にくすみを作る原因となる、汚れや古い角質の汚れを取り去ることで、透明感のある肌になります。
角質は肌の老廃物であるため、ニキビ対策にも効果的です。

皮脂分散酵素で選ぶ

角栓や、毛穴詰まりの原因である皮脂を除去してくれるのが皮脂分散酵素です。
皮脂を分解する皮脂分散酵素に該当する「リパーゼ」のほか以下が洗顔に含まれているかどうか確認するとよいでしょう。

リパーゼ
サンゴ酵素

オイリー肌な人や、イチゴ鼻や小鼻周辺の角栓が気になる人におすすめです。

酵素以外の美容成分もチェックして選ぶ

酵素洗顔を選ぶ時は、酵素以外の美容成分もチェックする事が必要です。

酵素洗顔のデメリットは肌への大きな負担ですが、負担をカバーしてくれる成分が配合されている場合があります。
保湿効果のあるヒアルロン酸や、セラミド、コラーゲンなどが配合されていると乾燥を防ぐことが出来ます。
肌に優しい成分が配合されているものを選び、肌への負担を減らすとよいでしょう。

パウダータイプ、個包装タイプなど酵素洗顔が粉末な理由

洗顔フォームなどを使用していて、パウダータイプは初めてのかたもおられると思います。
酵素は水分に弱いので、酵素入り洗顔料の多くはパウダータイプになっています。
パウダータイプの洗顔料は、そのほかの洗顔料と比べて、すこし泡立ちが悪いという特徴があります。

これが洗顔のコツ!


パウダーを手に取る前に手を十分に濡らすようにし、顔にも十分な水分を行きわたらせておくとよいでしょう。
泡が少ないと酵素の力も弱くなります。規定の量を手にとり、しっかりと泡立てましょう。
泡立ちにくければ、泡立てネットもオススメです。泡の量は、手のひらの上に盛り上がるくらいの重量感を目安にしてください。

濡らした顔に泡をのせ、くるくるとらせん状に泡を顔全体に広げながらなじませます。
洗い流すときはぬるま湯を使い、泡が残らないように丁寧に洗い流します。

関連記事:お肌の健康を保つには?角質ケアのポイントやおすすめのケアコスメ

酵素洗顔の注意点!メリット・デメリット

メリットデメリット
通常の洗顔より汚れが落ちやすい肌に大きな負担がかかる

酵素洗顔は通常の洗顔より汚れが落ちやすいのがメリット

酵素は、タンパク質や皮脂を分解・除去する働きを持ち、通常の洗顔で落としきれない毛穴のつまりや、角栓などにも効果があるといわれています。

古くなった角質や角栓、皮脂汚れが除去されると、肌に透明感のある印象を持たせることが出来ます。
角質を取り除くことで、化粧水や美容液の浸透力を高めることも可能です。

酵素洗顔は肌に大きな負担がかかるのがデメリット

酵素洗顔は、分解や除去する力が強いため、肌に大きな負担がかかるのがデメリットです。

肌が良くなるからといって毎日酵素洗顔を行うと、必要な皮脂や角質まで分解してしまう恐れがあります。
必要な油分まで除去されると、水分を保てなくなり、乾燥肌になる可能性もあります。
酵素洗顔料は泡立ちが強くないため、界面活性剤が添加されている場合もあります。
界面活性剤は角質を溶かす作用があるため、肌には大きな負担をかけたくない場合は、選ぶ際に注意しましょう。

 

酵素洗顔をする注意点

洗顔後の乾燥に注意する

酵素洗顔後は、いつも以上に保湿に気をつける必要があります。

酵素洗顔の後の肌は、余分な角質が除去されています。
使用後の保湿はいつも以上に心掛けましょう。
また、肌がいつも以上に敏感になっている場合があるため、アルコール分の多いふき取り化粧水は避けた方がよいでしょう。

使用頻度に注意する

酵素洗顔は毎日行わず、週に1回程度を目安として行いましょう。

毎日酵素洗顔をすると、落とさなくてもよい角質まで分解、除去してしまいます。
酵素洗顔は特別なケアとして、使用頻度についての記載を必ず確認しておく必要があります。

保管場所に注意する

保管場所は、湿気の少ない所である必要があります。
湿気の多い場所に保管してしまうと、パウダーが固まり、ダマになってしまう可能性があります。

おすすめの酵素洗顔はこちら


ファンケル ディープクリア洗顔パウダー 30個入り

ファンケル ディープクリア洗顔パウダー 30個入りは、炭とクレイが配合されており、黒ずみや角栓などをスッキリと洗い流すことができる商品です。

酵素、炭、吸着泥の3種類が組み合わさることで、通常の洗顔ではなかなか落とすことができない頑固な角栓を分解し、除去することができます。
また、無添加なため、敏感肌の方でも使用しやすいでしょう。
1日1回、朝晩どちらかに使用するだけで毛穴ケアを行えるため、1日1回の使用で済ませたい方におすすめです。

created by Rinker
ファンケル(FANCL)
¥1,980 (2020/11/25 19:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

Cure 酵素洗顔 スペシャルパウダーソープキュア

Cure 酵素洗顔 スペシャルパウダーソープキュアは、くすみや角栓などを除去するのはもちろんのこと、ヒアルロン酸、ホホバ油、セラミドと3種類の保湿成分が配合されているため、化粧水などが馴染みやすい肌を作り出してくれます。

W酵素とガスールとホワイトクレイのW泥成分を組み合わせることで、透明感のある触り心地のよい肌を実現してくれます。
また、香料、着色料、防腐材を使用していないため、肌に負担をかけることなく使用できるでしょう。
毛穴ケアだけでなく、化粧水などを使用した保湿ケアを行いたい方にもおすすめの商品です。

HALENA オーガニック フェイスウォッシュ

HALENA オーガニック フェイスウォッシュは、モロッコ産の溶岩クレイと沖縄産のマリンシルトの2種類のクレイと酵素を組み合わせて、毛穴の奥の汚れまで綺麗にしてくれる商品です。

酵素には、パパイン酵素を使用しており、古い角質も除去することができます。
また、天然由来の素材を99%使用しており、シリコーンやエタノールなど9つの無添加を達成しているため、子供にも安心して使用可能です。
洗顔後の肌もつっぱることなく、もっちりとした肌触りを体感することができます。

オルビス パウダーウォッシュプラス

オルビス パウダーウォッシュプラスは、角栓の原因にもなるタンパク汚れと皮脂を分解し、毛穴を目立たなくすることができる商品です。

2種類の酵素の力で、通常の洗顔では落としきれない汚れを絡めとることができます。
コラーゲン、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスと3種類の保湿成分が配合されており、滑らかな肌触りを体感可能です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
¥1,320 (2020/11/25 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

kanebou(カネボウ) suisai スイサイ ビューティクリアパウダー

毛穴の黒ずみ汚れ・角栓・ザラつき・古い角質をうるおいを守りながら取り去って、洗うたび透明感がアップ。
タンパク分解酵素(プロテアーゼ)、皮脂分解酵素(リパーゼ)、アミノ酸系洗浄成分(ラウロイルグルタミン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Na)配合ですっきり洗い落とします。

みんなでみらいを 米ぬか酵素洗顔クレンジング

みんなでみらいを 米ぬか酵素洗顔クレンジングは、米ぬかと小麦ぬかのみを素材に使用しており、完全無添加なため、通常の洗顔よりも安心度が高いでしょう。

洗顔だけでなく、メイク落としも同時に行えるため、毎日のメイク落としが楽になるでしょう。
また、米ぬかに含まれている有益微生物が、皮脂や汚れをしっかりと分解してくれるため、高い洗浄効果を発揮します。
肌に優しい無添加商品を使用したい方におすすめです。

created by Rinker
みんなでみらいを (minnade miraio)
¥2,450 (2020/11/25 22:41:14時点 Amazon調べ-詳細)

酵素洗顔についてのまとめ

  • 酵素洗顔は、普段の洗顔では落ちない角質、角栓、皮脂を分解除去してくれる洗顔です。しかし洗浄力がとても強い為、正しく使用しないと肌にダメージを与えます。使用方法はよく理解して使いましょう。
  • 皮膚表面の角質を除去するタンパク質分解酵素は、肌のくすみやニキビ予防に効果的です。
  • 角栓や毛穴のつまった皮脂を除去してくれる皮脂分解酵素は、イチゴ鼻や小鼻の角栓の除去に効果的です。目的に合った酵素成分の配合を確認するとよいでしょう。
  • 品によっては保湿効果の成分が配合されている事もあります。
  • 酵素洗顔後は、肌の水分が蒸発しやすい状態であるため、いつもより保湿に気を付ける事が必要です。
  • 酵素洗顔は毎日行うと肌への負担が多く、必要な皮脂や角質まで除去してしまいます。酵素洗顔の使用回数には気を付けましょう。
  • 酵素洗顔料の保管場所は湿気の少ない所にする必要があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
ファンケル(FANCL)
¥1,980 (2020/11/25 19:23:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オルビス(ORBIS)
¥1,320 (2020/11/25 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
みんなでみらいを (minnade miraio)
¥2,450 (2020/11/25 22:41:14時点 Amazon調べ-詳細)