この記事では、どのクレンジングが良いのか、クレンジングを使うメリットは何なのか、おすすめの商品を解説します。

ドラッグストアに行くとたくさんのクレンジング剤が売られています。どのクレンジングが良いのか、迷う人も少なくありません。

クレンジングを使うことのメリット

クレンジングの代表、ミルクタイプとオイルタイプごとの特徴は以下の通りです。

オイルクレンジングのメリット
・洗浄力に優れている。
・必要以上に摩擦しなくてもメイクを落とすことができる。
・使用後の感触はさっぱり、なめらか。
・濡れた手でも使えるオイルクレンジングがあり、お風呂の中でも使える。
ミルククレンジングのメリット
・ナチュラルメイクの人は、ミルククレンジングの洗浄力で十分落ちる。
・洗い上がりの肌はしっとりなめらか。
・敏感肌や乾燥肌の人でも使うことができる。

どちらのクレンジングにも、「メイクを落とす」という役割があります。

石鹸とお湯だけではきれいにメイクが落ちませんが、メイクが顔に残ったままだと、毛穴に汚れが溜まったり、肌が荒れたりする可能性があります。

クレンジングを使ってメイクをしっかり落とす事が肝心です。

ホットクレンジングの効果と選び方 おすすめの品5選を解説
ホホバオイルってなに?特徴と使い方 おすすめ品9選を解説

クレンジングを選ぶポイント

クレンジングを選ぶポイント①:クレンジングの種類

クレンジングには、大きく分けて、以下のような種類があります。

クレンジングの種類
・シート
・オイル
・リキッド
・ジェル
・クリーム
・ミルク

シートタイプのクレンジングの特徴

場所を選ばず、手軽にクレンジングができるのがシートタイプの特徴で、移動中や旅行中など持ち運びができます。

手軽な反面、成分が他のクレンジングタイプと比べて強めです。シートタイプのものは洗い流しが不要であるため、合成界面活性剤やアルコールなどでメイクを落とします。

肌にとっては刺激が大変強く、長期的に使用すると、肌に悪影響があります。やむを得ない場合の臨時的なアイテムとして使うと良いでしょう。

オイルタイプのクレンジングの特徴

オイルタイプのクレンジングは洗浄力に優れており、ものによってはお風呂の中でも使えるため、愛用者も多い事が特徴です。

しかし、製品によっては合成界面活性剤の配分量が多く、オイルタイプは油分も多いため、長期間使用すると肌が乾燥しやすくなります。

リキッドタイプのクレンジングの特徴

リキッドタイプはオイルと似たような使い方をしますが、水分をベースに作られたクレンジングです。

洗浄力も高めでしっかりとしたメイクをしている人でも落としやすいクレンジングの1つです。

リキッドクレンジングは、まつげのエクステをしている人でも使うことができます。

ジェルタイプのクレンジングの特徴

ジェルタイプには、水性と油性の2つがあります。油性は洗浄力が高く、オイルタイプと似ている事が特徴です。

一方で、水性タイプは、オイルが苦手なニキビ肌の方などに向いています。仕上がりはさらっと優しくなることが特徴です。

created by Rinker
クレンジングリサーチ
¥672(2019/06/26 17:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

クリームタイプのクレンジングの特徴

クリームタイプは肌に馴染みやすく、負担が少ないですが、洗浄力は高めであることが特徴です。

クリームタイプには、ふき取るタイプと洗い流すタイプの2つがあります。ふき取るタイプの方は、肌に残っていても大丈夫なように優しく作られています。

しかし、コットンやティッシュペーパーなどで拭き取るときに、肌をゴシゴシとこすってしまうと、肌を痛める可能性があることに注意が必要です。

一方で、洗い流すタイプの場合は、オイルやジェルなどのように洗い流すことで一緒にメイクも落とすため、洗浄成分として界面活性剤も含まれています。

created by Rinker
POND'S(ポンズ)
¥820(2019/06/26 17:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

ミルクタイプのクレンジングの特徴

ミルクタイプのクレンジングは比較的肌に優しいものが多く、水分ベースで作られているため、洗い上がりがしっとりとしている事が特徴です。

しっかりメイクを落とすにはあまり向いていないため、ナチュラルメイクの人におすすめです。

肌に優しいタイプを選ぶか、洗浄力を取るかは、用途によって異なるため、使用成分をきちんと確認することが大切でしょう。

created by Rinker
カバーマーク(COVERMARK)
¥2,600(2019/06/26 17:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

ダブル洗顔は必ずする必要はない

洗顔する際、クレンジング剤で化粧落とし、洗顔料で再度洗う「ダブル洗顔」をする人が多いです。

乾燥肌や洗顔後に肌が突っ張ると感じる人は、ダブル洗顔を必ずしもする必要はありません。

ダブル洗顔をすると必要な皮脂まで落としてしまい、より乾燥してしまう可能性がります。

クレンジング剤には、水で洗い流すタイプのもの、洗い流さなくて良いものの2種類があります。

水で洗い流すタイプのものに関しては、一度、クレンジングを落としてから、さらに洗顔料をつけ、もう一度顔を洗う作業が必要です。

水で洗い流す必要のないタイプのクレンジング剤であれば、2度洗いする必要がないため、肌への負担も軽減できます。

クレンジング後のお手入れ方法

水で洗い流すタイプのクレンジングを使った場合は、必ずぬるま湯か水でしっかりとクレンジングを洗い流す必要があります。

ぬるぬるするようであれば、洗顔料をつけて、再度洗顔するのがおすすめです。

洗顔の後は肌から皮脂が抜け、乾燥しやすくなっているため、化粧水をつける必要があるでしょう。

洗い流す必要のないクレンジングの場合は、メイクと十分に馴染んだあと、コットンで丁寧に拭きとるだけで、メイクを落とすことができます。

その後、乳液や美容液なども用いることで、肌に潤いを閉じ込めることができます。

おすすめクレンジング製品7選

30代・40代・50代別のおすすめクレンジング

30代におすすめのクレンジング:ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケル マイルドクレンジングオイルは、濡れた手で使用することができ、まつげエクステにも使えます。

洗い上がりに肌がつっぱりにくいのが魅力です。コスパも良いのも特徴です。

created by Rinker
ファンケル(FANCL)
¥1,810(2019/06/26 17:31:28時点 Amazon調べ-詳細)

40代におすすめのクレンジング:メルヴィータ ネクターデローズクレンジングミルク

メルヴィータ ネクターデローズクレンジングミルクは、ミルクタイプのクレンジングで、しっとりとした仕上がりになることが特徴です。

created by Rinker
メルヴィータ(Melvita)
¥2,116(2019/06/26 17:31:28時点 Amazon調べ-詳細)

50代におすすめのクレンジング:ポーラ BA

ポーラ BAはポーラの製品で、ウォータープルーフや濃いめのメイク等の落ちにくい汚れも落とすことができます。

created by Rinker
B.A
¥8,908(2019/06/26 17:31:28時点 Amazon調べ-詳細)

プチプラクレンジング

オルビス クレンジングリキッド

オルビス クレンジングリキッドは、スピーディーにメイクとなじみ、きれいに落とすことが出来ます。

油分の多いクレンジングでは肌に皮脂が残り、油っぽく光ってしまう人もいます。

しかし、クレンジングリキッドでは、成分の30%以上が保湿成分、100%オイルカット処方であるため、洗い上がりはすっきりした肌になることが特徴です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
¥1,371(2019/06/26 17:31:29時点 Amazon調べ-詳細)

ナイーブ お風呂で使えるクレンジングオイル

ナイーブ お風呂で使えるクレンジングオイルは、濡れた手でも素早くなじむため、お風呂でも使うことができる製品です。

マスカラなどの汚れをよく落とすことができます。

洗浄力は強めですが、植物由来成分が入っているため、肌の潤いを逃さないのも魅力です。

お手軽価格なのに、オーガニック素材が使われているという点でも人気があります。

created by Rinker
ナイーブ
¥488(2019/06/26 17:31:29時点 Amazon調べ-詳細)

デパコスクレンジング

ディオールクレンジングミルク

ディオールクレンジングミルクは、ミルクタイプのクレンジングです。

乳液タイプでベトベトしないのも人気の理由の1つです。敏感肌や乾燥肌の人でも使うことができ、優しくメイクを落とすことができます。

シュウ ウエムラ フレッシュクリア サクラ クレンジングオイル

シュウ ウエムラ フレッシュクリア サクラ クレンジングオイルは、99%天然由来の成分でできている製品です。

メイクを一度で落とすことができる洗浄力も兼ね備えています。

仕上がりはなめらかで、桜のフレーバーティーのような香りがするのも魅力です。

created by Rinker
シュウウエムラ(shu uemura)
¥6,022(2019/06/26 17:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

クレンジングについてのまとめ

  • 石鹸とお湯だけでは、きれいに落ちないメイクを落とすのがクレンジングの役割です。
  • オイルクレンジングは洗浄力に優れており、さっぱりした仕上がりになります。
  • ミルククレンジングは敏感肌や乾燥肌の人でも使え、しっとりとした仕上がりになるのも特徴です。
  • 日本人はダブル洗顔をする人が少なくありませんが、肌質によっては一度洗いの方が良い場合もあります。