この記事では、美顔ローラーとはそもそも何か、効果や商品選びのポイント、おすすめ商品を解説します。

この記事を読むことで、ご自身に最適な美顔ローラーの購入を検討することができます。

目次

美顔ローラーとはそもそも何か?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

手動タイプのおすすめ美顔ローラー

「美顔ローラー」とは、顔の上でコロコロと転がすことで血流や筋肉を活性化させ、フェイスラインのリフトアップや、小顔効果が望める美容アイテムです。

片手さえあいていれば使うことができ、テレビを視聴しながら使ったり、スマホを操作しながら使うこともできるなど、空いた時間に手軽に使用できることも魅力の1つです。

使い方はシンプルで、顔のたるみやシワ、ほうれい線が気になる部分に美顔ローラーを当て、コロコロと転してつかいます。

顔だけではなく首や二の腕、ふくらはぎなど「むくみ」や「たるみ」が気になる部分へ使用することで、マッサージ効果も期待できます。

あんず油ってなに?特徴や効果 使い方とおすすめ品5選を解説
ボディスクラブの効果や使い方 商品選びのポイントやおすすめ品の解説
ホホバオイルってなに?特徴と使い方 おすすめ品9選を解説
パックの種類ごとの特徴や使用方法 おすすめの品14選を解説
美顔器の特徴と魅力 おススメの品とそれぞれの魅力を解説

美顔ローラーで得られる効果

1本で全身のマッサージができる美顔ローラーは、さまざまな効果を得ることができます。

美顔ローラーで得られる効果①:リフトアップ

顔の皮膚は、年齢とともに筋肉が衰えたり、水分保持力が低下することで「ハリ」が失われ、重力の影響を受けて徐々にたるみやゆるみ、シワが刻まれていきます。

しかし、美顔ローラーを使う事で、顔の皮膚や筋肉、血流を活性化させて顔を引き締め、フェイスラインをリフトアップさせる効果が期待できます。

美顔ローラーで得られる効果②:むくみが解消される

美顔ローラーは、むくみ対策にも活躍してくれます。

基本である下から上に動かすということを守り、リンパを流すことを意識しながらマッサージすることで、より一層高い効果が期待できるため、忙しい朝に短時間でむくみをとりたい場合など、時間の無いときにも効果を発揮してくれます。

美顔ローラーで得られる効果③:腕や足のリンパもマッサージできる

美顔ローラー顔だけではなく、腕や脚、お腹周りなど全身に使う事ができます。

顔のリフトアップはもちろん、正しく使用することで二の腕のたるみや、ふくらはぎのむくみに対しても効果を発揮してくれます。

美顔ローラーの選び方

美顔ローラーの選び方①:手動タイプか電動タイプかで選ぶ

美顔ローラーは大きく分けると手動タイプと電動タイプに分けられ、それぞれ特徴が違います。

手動タイプは、顔や身体に手動でコロコロと転がしてマッサージするタイプです。

電動と比べるとお手頃価格な商品が多く、コンパクトな商品が多いので持ち運びにも便利で、美顔ローラーを始めて試す入門者の方におすすめです。

電動タイプは、ローラーが自動で動くような電池や充電が必要なタイプに加え、マイクロカレントと呼ばれる微弱な電流を流すものや、EMS(低周波を利用した筋肉刺激)を流す製品も含まれます。

マイクロカレントやEMSといった技術は、エステや医療現場なのでも使われている本格的な技術ですが、手動タイプと比べると高い効果が期待できる一方で、高額になりがちです。

美顔ローラーの選び方②:美顔ローラーの形状で選ぶ

美顔ローラーには、スティックタイプ(I型)とボールタイプ(Y型)の2つの形状があります。

スティックタイプは、適度な力加減で肌をマッサージすることで、新陳代謝を高めてスキンケアをするのが特徴です。

先端が小さいため小鼻周りなど細かい部分をマッサージしやすく、そのコンパクトさから持ち運びに向いています。

ボールタイプは、先端に2つのボールがついており、この2つのボールで肌や身体の肉をつまみマッサージします。

ボールタイプは、むくみやたるみを始め、フェイスラインのリフトアップにより高い効果が期待できることが特徴です。

美顔ローラーの選び方③:ローラーの材質で選ぶ

美顔ローラーは肌に直接触れて使用するため、ローラー部分の材質はこだわりどころです。

特に金属アレルギーが出やすい方は、アレルギー反応が起きにくいプラチナを使用したものやチタン製を選ぶなど、購入前にチェックすることをおすすめします。

美顔ローラーの選び方④:防水機能の有無で選ぶ

美顔ローラーには、防水機能がついている製品も数多く販売されています。

防水機能がついていれば、お風呂に浸かってリラックスしながらマッサージができたり、清潔感を保つために水洗いもできるため、防水機能がついている製品がおすすめです。

美顔ローラーを使用する際の注意点

美顔ローラー使用時の注意点①:力を入れ過ぎないようにする

美顔ローラーを始めて使う場合など、使用に慣れていない内は、早く効果を得たいがために、ついつい力を入れ過ぎてしまいがちです。

美顔ローラーは、力を強く入れて使用すると、デリケートなお肌を痛めてしまう可能性があるため、肌に負担がない適度な力でマッサージすることが大切です。

美顔ローラー使用時の注意点②:使用時間に注意する

力を入れ過ぎてしまった場合と同様に、一度に長時間使用する場合も、肌を痛めてしまう可能性があります。

美顔ローラーを使う際には、一度に長時間の使用はせず、毎日10分程度継続して使用するのにとどめる事が重要です。

美顔ローラー使用時の注意点③:乾燥や肌が弱ってる時は使用しない

お肌の調子によっては、美顔ローラーの中止を検討することが必要です。

美顔ローラーは少なからず肌に負担を与えるため、特に季節の変わり目や冬場など、お肌が乾燥していたり、弱りがちな時の使用は、大切なお肌を痛めてしまう可能性があります。

使用の際は、お肌の調子と相談して使用することをおすすめします。

美顔ローラー使用時の注意点④:定期的に洗う

美顔ローラーは、肌に直接触れて使用するため、清潔に保つことが重要です。

洗わずに継続して利用すると、化粧や、目に見えない肌の皮脂や埃が蓄積してしまうため、より清潔に保つためにも、水洗いのできる防水機能のついた製品がおすすめです。

手動タイプのおすすめ美顔ローラー

SepovedaのY字型美容ローラーはコスパがよい

SepovedaのY字美顔ローラーは、3,000円と低価格ながら、防水機能やマイクロカレント機能が搭載されていることが魅力です。

2019年5月時点でAmazonベストセラー1位の大人気商品で、顔だけではなく身体にも使えることから、購入者の満足度も高いハイコスパな美顔ローラーです。

Shineのゲルマ美容ローラーはリフトアップやたるみにおすすめ

Shineのゲルマ美容ローラーは、しっかりと肌に吸いつき、吸い上げてくれるため、たるみ対策やリフトアップにおすすめです。

長時間使用しても疲れにくい構造になっているため、全身をケアする時にも向いています。

ゲルマ美容ローラー shine
created by Rinker
ファイブスター
¥2,640(2019/11/16 23:44:35時点 Amazon調べ-詳細)

リフトレージュはとりあえず試してみたい場合におすすめ

リフトレージュの特徴は、なんと言っても1,000円以下で購入できるそのお値段です。

肌に触れるローラー部分は遠赤外線素材でできており、女性だけでなく、たるみ改善に男性にも評判が良い美顔ローラーです。

顔専用ですが、足用や目元用なども販売されています。どれも低価格であるため、始めて美顔ローラーを使う方でも、お手軽に試せるのが魅力です。

電動タイプのおすすめ美顔ローラー

Refaの美顔ローラーはプロのマッサージを再現している

美顔ローラーの中でもRefaの製品は特に人気が高く、Refaシリーズとして多くのファンが愛用しています。

中でもリファカラットは、美顔ローラーのトレンドで、プロのエステティシャンが使うマッサージ技術を再現した構造が、深くつまみ流すような動きで、ハリのある引き締まった肌へと導いてくれます。

また、ローラー部分に肌に優しいプラチナムコートを採用しているのも嬉しいポイントです。

アテックスのルルド フェイスメイクローラーは効果を感じやすい

アテックスのルルド フェイスメイクローラーは、EMSやRF温熱機能を搭載した電動タイプの美顔ローラーです。

「涙が女を美しくする」のキャッチコピーの通り、使用時は電流がビリビリと慣れない内はかなり痛みを感じるものの、その分効果は高く、美顔ローラーの効果をより実感したい方におすすめです。

ホマレのスリムセラプラスはスティックタイプのおすすめ

スリムセラシリーズの集大成として発売されたスリムセラプラスは、6本のローラーで、より効率的にお肌のケアができることが特徴です。

また、スティックタイプであるためm小鼻の周りなど細かい所など、ピンポイントでのケアもしやすく、持ち運びがしやすい点も魅力です。

スリムセラプラス 美顔器 美顔ローラー
created by Rinker
ホマレ/HOMARE
¥30,800(2019/11/16 23:44:37時点 Amazon調べ-詳細)

美顔ローラーについてのまとめ

  • 美顔ローラーは、加齢による顔のたるみやゆるみの改善を始め、フェイスラインのリフトアップや、小顔効果もある美容グッズです。
  • 顔だけではなく、二の腕や脚など全身のマッサージにも使えることも魅力の1つです。
  • 手動式と電動式があり、手動式は安価でお手軽、電動式は高価で多機能といった特徴があります。他にも材質や形状(I字型やY字型)の違いなど、さまざまなタイプが販売されており、ご自身の用途や目的にあった商品選びをすることが重要です。