この記事では、時短家電としても人気が高いドラム式洗濯機について解説します。この記事を読むことで、洗濯機購入の際の検討が出来ます。

ドラム式洗濯機の特徴

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ドラム式洗濯機のおすすめ商品

ドラム式洗濯機の特徴①:水道代を削減できる

ドラム式洗濯機は筒状の洗濯槽を傾けた状態で洗濯します。コップを傾けて水を入れるのと同じで、洗濯に使用する水の量が少なくてすむのが特徴です。

ドラム式洗濯機の特徴②:洗濯ものが傷みにくい

ドラム型洗濯機では、洗濯槽の回転によって洗濯物を水の上に持ち上げてから、また水の中に叩き入れる形で撹拌します。縦型に比べて洗濯物が絡みにくく、傷みが少ないといわれています。

ドラム式洗濯機の特徴③:乾燥などの便利な機能が付いている

ドラム式洗濯機の多くは乾燥機能を内蔵しています。ドラム式は洗濯物がドラムの回転でほぐれるため、乾燥機の温風がまんべんなく当たり、縦型よりもふんわりした仕上がりになります。

一部のモデルは洗剤の自動投入など便利な機能を搭載しており、家事の手間や時間を節約できるのもドラム式の強みです。

ドラム式洗濯機の特徴④:縦型洗濯機より価格が高い

ドラム式の洗濯機は一般的な縦型よりも高価なことが多いです。重量も縦型より重いため、購入する際は注意が必要です。

ドラム式洗濯機の選び方

ドラム式洗濯機の選び方①:サイズや容量で選ぶ

一般的な人の洗濯物の量は平均で1日につき約1.5kgと言われています。4人家族では「1.5kg×4=6kgの洗濯物を毎日洗う計算になります。

数日分をまとめて洗ったり、布団や毛布などの大物を洗うこともあります。洗濯機の洗濯容量は余裕のある大きめのモデルを選んだほうがいいでしょう。

ほとんどのドラム式洗濯機は、洗濯容量より乾燥容量のほうが小さいため、洗濯から乾燥まですべて洗濯機まかせにしたい場合には注意が必要です。

次に気をつけたいのは洗濯機の本体サイズです。ドラム式はドアが手前に開くため、設置スペースには奥行きと左右方向に、ドア開閉分のゆとりが必要です。

購入する際は、洗濯機のドアの開け時の必要スペースも忘れずに確認する必要があります。

ドラム式洗濯機の選び方②:音の静かさで選ぶ

ドラム式は洗濯槽が傾いているため、運転中の音や振動が縦型洗濯機よりも大きくなります。

メーカーも静振静音対策には力を入れていますが、機種によって静音性に差があるため、購入時に確認することが大切です。

ドラム式洗濯機の選び方③:価格で選ぶ

ドラム式洗濯機は高価格帯のモデルが多く、気軽に買えるものではありません。

お買い得のモデルを選ぶ場合は、モデルチェンジ直後の旧製品の在庫処分などが狙い目でしょう。

ドラム式洗濯機の選び方④:チャイルドロックや乾燥など機能性で選ぶ

ドラム式洗濯機は、子供が中に閉じ込められる事故が絶えません。運転終了後もドアがロックされるチャイルドロックの使い勝手は無視できないポイントでしょう。

乾燥機能には、除湿器内蔵の「ヒートポンプ方式」と、ドライヤーのように温風で乾かす「ヒーター方式」があります。ヒートポンプ方式は高価ですが、省エネで衣類が傷みにくいというメリットがあります。

ドラム式洗濯機を販売している主なメーカー

日立グローバルライフソリューションズ

2019年4月発足の日立グローバルライフソリューションズ株式会社は、日立ブランドの家電や空調機器などを開発販売している会社です。

日立のドラム式洗濯機はAI技術で最適の洗い方を判断する「AIお洗濯」、乾燥時に高速の風で衣類のシワを伸ばす「風アイロン」、専用アプリでスマホと連携して洗濯方法を選べる「ビッグドラムアプリ」などの機能が特徴です。

パナソニック

パナソニック株式会社が製造販売するドラム式洗濯機の特徴は、縦型をしのぐ強力な洗浄力が自慢の「温水泡洗浄」「液体洗剤と柔軟剤の自動投入機能」です。

繊細なおしゃれ着を傷めずに黄ばみを防ぐ「約40℃おしゃれ着コース」や、すすぎの回数と時間を増やす「パワフル滝すすぎコース」などを搭載したモデルも人気です。

シャープ株式会社

シャープ株式会社は現在、台湾の鴻海精密工業の傘下にあります。

シャープのドラム式洗濯機は、お洗濯の便利情報をクラウドサービスで提供する「無線LAN機能」、汚れ落ちの早い「超音波ウォッシャー」、ヒートポンプにサポートヒーターを加えた「ハイブリッド乾燥」技術などを搭載しています。

業界トップの省エネ性能を達成しています。

東芝ライフスタイル株式会社

東芝ライフスタイル株式会社は、香港の美的集団グループの子会社です。

ドラム式洗濯機は、「ウルトラファインバブル洗浄」機能を搭載した、ZABOON(ザブーン)シリーズを展開しています。

ドラム式洗濯機のおすすめ商品

パナソニック Cuble NA-VG2300L

Cuble NA-VG2300Lは、スタイリッシュなキュービックフォルムのドラム洗濯乾燥機です。パナソニック自慢の「ナノイー X」機能をはじめ「温水泡洗浄W」や、「約40度おしゃれ着コース」を搭載しています。

日立グローバルライフソリューションズ BD-NX120C

BD-NX120Cは、洗濯容量12kgを誇るビッグドラムシリーズのトップモデルです。

AIで洗濯をサポートする「AIお洗濯」と、衣類のしわを防いで乾燥する「風アイロン」、「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」機能などを搭載しています。

シャープ ES-W111-SL

ES-W111-SLは、スタイリッシュなガラスドアと、無線LAN機能を搭載したドラム式洗濯乾燥機が特徴です。

無線LANでインターネットを通じて天気情報を取得し、季節やお洗濯の履歴から最適の洗濯方法をアドバイスしてくれます。

乾燥機には、ヒートポンプとサポートヒーターを組み合わせた業界初の「ハイブリッド乾燥」技術を搭載しています。

メーカー別おすすめ商品

日立グローバルライフソリューションズ

BD-SX110CL

BD-SX110CLは、AIが洗濯コースを選択する「AIお洗濯」や「風アイロン」を搭載したスリムタイプのドラム式洗濯乾燥機です。

BD-SG100CL

BD-SG100CLは、センサーでドラムの回転数を最適化する「センサービッグドラム洗浄」を搭載した、ドラム式洗濯乾燥機です。

パナソニック

NA-VX8900L

NA-VX8900Lは衣類の傷みをおさえて汚れを落とす「約40度おしゃれ着コース」と、「温水泡洗浄」機能を搭載した、ななめドラム洗濯乾燥機です。

NA-VX3900L

NA-VX3900Lは洗剤の力を最大に引き出す「泡洗浄」機能を搭載した、ななめドラム洗濯乾燥機です。

シャープ

ES-S7C-WL

ES-S7C-WLはマンションなどの一般的な防水パンに設置できる、コンパクトサイズのドラム式洗濯乾燥機です。

ES-U111

ES-U111は「超音波ウォッシャー」と、10分洗濯の「時短コース」を搭載したハイグレードなドラム式洗濯乾燥機です。

東芝ライフスタイル

TW-95G7L

TW-95G7Lは、初めてドラム式を使う人に最適のシンプルで扱いやすい洗濯機です。

TW-127X7

TW-127X7は東芝独自の「ウルトラファインバブル洗浄W」技術を搭載した、洗濯容量12kgの大容量ドラム式洗濯機です。

おすすめのドラム式洗濯機についてのまとめ

  • 乾燥機能が強力なドラム式洗濯機は高価ですが、時短家電として人気があります。
  • ドラム式洗濯乾燥機の多くは、洗濯容量よりも乾燥容量の方が小さいため、利用には注意が必要です。
  • ドラム式洗濯機はドアが前開きなので、設置にはドア開け時のスペースも考慮する必要があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧