ここでは、マネークリップの魅力から選ぶ際のポイント、おすすめの品を解説します。

現代では、おしゃれアイテムとして人気が出てきており、ファッション雑誌に掲載されるほどになっています。

マネークリップを使ってみたいけど使い方や使い勝手が分からない方も少なくないでしょう。この記事を読むことで、自分に合ったマネークリップ購入の検討が出来ます。

マネークリップとはそもそも何か?

マネークリップとは、名前の通りお金を挟むクリップのことを指します。チップを渡す文化がある国で考案されたのがそもそもの始まりといわれています。

諸外国では日本ほど小銭を使うシーンが少なく、マネークリップを使用している方も少なくありません。日本ではマネークリップ+小銭入れを持ち歩くのが一般的です。

マネークリップを使用するメリット

マネークリップのメリット①:お札をスマートに収納できる

マネークリップはお札を挟む為につくられたものであるため、とてもスマートにお札を収納することができます。

普通の財布ではかさばってしまうところも、マネークリップであればそういった心配はありません。収納も金具で止めるだけなのでとても簡単なことが魅力です。

マネークリップのメリット②:カード類を最小限に抑えることができる

マネークリップは普通の財布と比べてカードの収納能力はそこまで高くありません。

使わないカードがたくさんあるというかたの場合、必要最低限のカードしかもたないことを意識し、断捨離を習慣にする事が出来ます。

マネークリップを持つ際の注意点

ここまで、マネークリップの魅力に触れてきましたが、デメリットや注意点もあります。

マネークリップの注意点①:小銭入れが必要になる

現代では、日本でもモバイル決済が普及してきているとはいえ、まだ現金が主流です。日本では小銭を多用するため、マネークリップの他に小銭入れを持つ必要があります。

マネークリップに小銭入れがついているものもすくなくありませんが、収納能力はそこまで高くなく、マネークリップの型崩れにもなりかねないので無理に入れるのはお勧めしません。

マネークリップの注意点②:ビジネスシーンでの使用は向いてない

ビジネスシーンにおいては、取引先のお客様や上司の前でマネークリップを使用することは、場合によっては失礼にあたります。

元々お金は人目に付かないように持ち歩くのが美徳とされていた日本、とりわけお札は丁寧に取り扱うのがマナーといわれているため、冠婚葬祭も同様、普通の財布を持ち歩くようにしましょう。

マネークリップを選ぶ際のポイント

マネークリップを選び方①:目的に合った種類を選ぶ

普段どのように使うのか、目的が決まっている方であれば、それに合わせたマネークリップを選ぶのがよいでしょう。

シンプルにお札を持ち歩きたいだけであれば、クリップ型のマネークリップがお勧めです。お札を持ち歩くだけという最小限の機能であるため、それゆえにとてもシンプルでスマートに見せることができます。

クリップ型のマネークリップを使う場合は金額の大きい札は極力見えないようにするのがマナーであり、スマートさを演じるのがポイントです。

あまりお札を見せたくない方であれば、二つ折りのマネークリップがお勧めです。外からお札が見えず、外見は薄い財布と変わらないため、ビジネスやフォーマルにも使用できます。

小銭を一緒に入れたい方は小銭入れ付きのマネークリップを選ぶとよいでしょう。注意点として、小銭を入れすぎないことがあげられます。

小銭で膨らんでしまうと、マネークリップの魅力である薄さや、スマートさが薄れてしまいます。

マネークリップを選び方②:金具のデザインで選ぶ

最近は様々なデザインが施された金具のマネークリップが出てきています。シンプルで大きいものから、可愛いアニマル型の金具まであるため、女性の方でも気兼ねなく使うことができます。

自分に合った金具を探してみるのも1つの手でしょう。

マネークリップを選び方③:カードを収納できるかどうかで選ぶ

お札と一緒にカードを持ち歩きたい方は、カードポケット付きのマネークリップを選ぶ必要があります。

カードポケット付きマネークリップのほとんどは二つ折りタイプとなっており、ビジネスシーンでも問題なく使用することができます。

最近は各メーカー工夫を凝らしており、5~8枚程度は入れられるようになっていますが、小銭と同じで入れすぎるとシルエットが崩れてしまうため注意が必要です。

マネークリップを選び方④:素材で選ぶ

デザインなどが漠然としていて決まっていない場合は、素材で選ぶのも1つの手です。マネークリップは革製と金属製に分類されます。

革製のマネークリップは、落ち着いた雰囲気を出すのに適しています。カラーバリエーションが豊富であったり、ロゴ押しが施されていたりとデザインに凝ることができるのもポイントです。

落ち着いた雰囲気の中に温かみが欲しい方は革製のマネークリップを選んでみるのもよいでしょう。

金属製のマネークリップは、他の人にスタイリッシュで洗練された印象を与えることができます。スマートさをアピールしたい方は金属製のマネークリップを選ぶのがお勧めです。

金属製のマネークリップは様々な材質があり、手触りなども違うので一度手に取ってみることも大切でしょう。金属製のマネークリップは、ビジネスシーンやフォーマルな場では使用しないように注意が必要です。

マネークリップのおすすめ5選

ストラス マネークリップ

ストラス マネークリップは、金属製のマネークリップで、材質はステンレス、厚さは15㎜ととても薄型になっています。

このマネークリップの特徴はお札が30枚入るのに加え一般的なサイズのカードも最大で5枚まで収納可能です。

created by Rinker
STORUS(ストラス)
¥3,280(2019/05/26 21:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

カーボン 牛革マネークリップ

カーボン 牛革マネークリップは、本革カーボンを前面に使用したシンプルなマグネット式マネークリップです。

お札を挟む機能しかついていませんが、値段もお手頃であるため、とりあえずシンプルなものを使ってみたいという方にお勧めのマネークリップです。

ル アルジャン マネークリップ

カーボン調のシックでおしゃれなマグネットクリップです。カード類8枚にお札は10枚まで収納可能、セキュリティについても、スキミング防止機能がついている為、クレジットカードを挟んでいても安心です。

サイズは1万円札3つ折りでぴったりのサイズ、挟む力も十分にあるので、レシートやポイントカードを挟むことも可能です。

アブラサス 薄いマネークリップ

薄いマネークリップはその名の通り薄さにこだわった二つ折りのマネークリップです。何も収納しない状態では6mmしかなく、最大容量の紙幣10枚、カード5枚を入れても11mmという薄さです。

機能面でも札押さえがついていたり、カードポケットに工夫が施されていて、扱いやすさとデザインを両立させています。

素材は天然牛革を贅沢に使用し、日本国内で加工、縫製、仕上げまで行っています。このシリーズの財布は2013年度グッドデザイン賞を受賞しています。

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥9,900(2019/05/26 21:12:06時点 Amazon調べ-詳細)

本革 二つ折りマネークリップ

生地はミネルバリスシオという革が使われています。この革は植物タンニンなめし特有の温かみがあり、透明感を感じさせるスムース仕上げになっているのが特徴です。

染色後に施されるオイル塗りも、時間と手間のかかる牛脂を使用することにより、半永久的に潤いと艶のある革質に仕上がっています。

機能面からしても札押さえはもちろん、3段のカードポケット、小銭入れまでついた優れものです。上質な革財布型のマネークリップを長く使いたい方にお勧めです。

マネークリップについてのまとめ

  • マネークリップは財布をズボンのポケットに入れたい方や、バッグを持ち歩きたくない方に最適です。
  • マネークリップは小銭を使うシーンが少ない国で多く使われています。日本ではマネークリップと小銭を併用して使用している人が多いです。
  • マネークリップを使うことでスマートさを演出でき、カード類の断捨離効果も期待できます。
  • デメリットとしては小銭入れやカード入れがついていなかったり、ついていたとしても収納能力は高くないため、場合によっては別に小銭いれを持ち歩く必要があります。
  • 金具型のマネークリップはビジネスやフォーマルには使用できません。
  • 金具型のマネークリップを使用する際は大きい金額のお札は内側に包み込むようにして見えないようにするのがスマートです。