ここでは、虫よけスプレーの選び方や注意点、おすすめ品を解説します。

季節にもよりますが、外に出る時に困るのが蚊などの虫です。気づいたら手足がたくさん蚊に刺されていたという経験をした方は多いでしょう。

虫除けスプレーにも様々なものがあり、どのような物を買えばいいのか迷っている方も少なくありません。

ここでは、虫除けスプレーの選び方や注意点、おすすめ品を解説します。

虫除けスプレーの種類

虫除けスプレーは、大きく分けてディート成分が含まれているものと、ディート成分が含まれていないもので分けられます。

虫除けスプレーの種類①:ディート成分が含まれているもの

一般的に虫除けスプレーと呼ばれるものは、ディート成分入りのタイプを指します。ディート成分とは、虫除け用に用いられる化合物のことです。

蚊やダニは、ディート成分の臭いを嫌うため、皮膚に塗るとダニや蚊を遠ざけ、吸血を防ぐ効果があります。

ディート成分の濃度が高いほど、効果の持続は長くなります。しかし、肌が弱い方は肌荒れを起こすことがあるため、注意が必要です。

高濃度(ディート成分30%)の製品は医薬品として認可、発売されています。

虫除けスプレーの種類②:オーガニックタイプ

オーガニックタイプの虫除けスプレーは、ディート成分の代わりに、虫が嫌う臭いを出すハーブや、天然由来の成分で作られた虫除けスプレーを指します。

農薬未使用であるため、製品によっては赤ちゃんにも安心して使うことが出来ます。

虫除けアロマの効果やメリット 種類ごとの特徴 おすすめ商品を解説
ハッカ油の効果と使用方法 選び方と使用上の注意点 おすすめ品
虫除けを植物で!虫除け効果のある植物の選び方 おすすめ品7選

虫除けスプレーの効果

虫除けスプレーに含まれているディート成分には、殺虫効果がありません。

蚊などの虫は、ディート成分を塗布した面に着地すると違和感を感じ、避けるという習性があります。

止まったとしても、ディート成分が表面に塗布されていると、針を刺す際に成分がつくため、奥まで刺すことが難しくなる効果もあります。

上記の原理を利用したのが、虫よけスプレーの効果の仕組みです。

虫除けスプレーの選び方

虫除けスプレーの選び方①:含まれている成分で選ぶ

虫除けスプレーを買うにあたり、成分を事前に確認しておく必要があります。

ディート成分は虫除けの効能としては大変有効ですが、まれに体への影響が出ることもある成分であるため、子供への使用には注意が必要です。

ディートを使用したスプレーに代わって発売された製品が、イカリジンという成分が入った虫除けスプレーです。

この成分は、ディート成分と同等の効果を発揮する上に、皮膚への刺激が比較的弱いため、子供にも使用することができます。

オーガニック系の虫除けスプレーは赤ちゃんにも安心して使えますが、ディート成分やイカリジン成分に比べると効果は薄いのが現状です。

独立行政法人 国民生活センター 虫よけ剤-子供への使用について-

虫除けスプレーの選び方②:含まれている成分の濃度で選ぶ

虫除けスプレーは、成分の濃度が高いからと言って効果が変わるわけではありません。

しかし、濃度が高ければ高いほど、虫除け効果の持続時間が長くなります。

ディート成分を例にあげると、12%は医薬品、10%以下は医薬部外品として扱われます。

医薬品の持続時間は6時間前後、医薬部外品の場合は3時間前後であるため、これを目安に塗りなおすとよいでしょう。中には濃度が30%というものもありますが、違いは効果の持続時間です。

アウトドアなどに多用する方は高濃度の物を選び、少しおでかけする程度であれば、低濃度の物を選ぶとよいでしょう。

どちらにせよ、水などで流れてしまった場合は再度塗りなおす必要がある点に注意が必要です。

アウトドアチェアの種類と選び方 おすすめ商品10選を紹介
アウトドアにも便利!ダッチオーブンの選び方やおすすめ商品を紹介

虫除けスプレーの選び方③:子供がいる家庭は濃度が低いものを

子供の肌は、大人が思うよりもずっと敏感です。子供がいる家庭では、なるべく低濃度の虫除けスプレーを使うとよいでしょう。

乳幼児の場合は必要な時以外は使用を控え、長袖、長ズボンなどを着せるなどの工夫をする必要があります。

虫除けスプレーに添付されている取扱説明書は、あらかじめ読んでおくとよいでしょう。

子供に対する使用禁止などの記載もあるため、必ず確認する必要もあります。

虫除けスプレーの選び方④:虫除け剤のタイプで選ぶ

虫除けの商品は、スプレータイプの他に、ミストタイプやジェルタイプの物も販売されています。

広範囲に塗布したい場合は、スプレータイプがお勧めですが、乳幼児にスプレーやミストタイプを使うと口に入ってしまう可能性があるため、ジェルタイプの虫除け剤がおすすめです。

虫除けスプレーの選び方⑤:肌が弱い方は使用量に注意をする

特に肌が弱い方は、肌荒れやアレルギー反応を引き起こす恐れもあるため、虫除けスプレーに明記されている使用量は、必ず守っておく必要があります。

基本的に、まんべんなく塗布できていれば効果に変わりはありません。

通常の虫除けスプレーのおすすめ

ジョンソン スキンガードアクアは携帯しやすい

ジョンソン スキンガードアクアは、ボディが小さく、携帯性に優れた虫除けスプレーです。

100ml以下であるため、飛行機の持ち込みをする事も可能です。

匂いも虫除けスプレーの独特なものではなく、爽やかなミントの香りが魅力でしょう。

ジョンソン スキンガード アクア 50ml
created by Rinker
スキンガード
¥398(2019/08/23 15:52:02時点 Amazon調べ-詳細)

サラテクト リッチリッチ30は長時間使うことが出来る

サラテクト リッチリッチ30は、ディート成分30%の高濃度虫除けスプレーです。

高濃度といっても臭いはきつくありません。

この虫除けスプレーの特徴として、噴射口に工夫がなされており、虫除け剤が舞い上がりにくくなっています。

アウトドアや長時間庭仕事をする方におすすめです。

フマキラー 医薬品スキンベープミストはべた付かない

フマキラー 医薬品スキンベープミストは、ディート濃度12%のミスト状の虫除けスプレーです。

肌につけてもべたべたせず、サラサラな状態をキープすることができます。

匂いも爽やかであるため、虫除けスプレー独特の匂いが気になる方にもおすすめです。

【第2類医薬品】スキンベープミストSH 200mL
created by Rinker
スキンベープ
¥590(2019/08/23 15:52:03時点 Amazon調べ-詳細)

オーガニックタイプの虫除けスプレーのおすすめ

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレーは香りも魅力

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレーは、生後6ヶ月の乳幼児からアトピー肌の方まで使用する事ができます。

清涼感のある香りも魅力の一つです。

パフェクトポーション(perfectpotion) アウトドアボディスプレー エクストラ125ml(リニューアル品)
created by Rinker
パーフェクトポーション(PERFECT PORTION)
¥1,505(2019/08/23 15:52:03時点 Amazon調べ-詳細)

エルバビーバ バズスプレーは安心して使用できる

エルバビーバ バズスプレーは、USDA(米国農務省)のオーガニック認証と、デメター認証を取得している虫除けスプレーです。

デメターとは、ドイツにある、オーガニック製品を推奨、認定する団体のことです。同団体が設けている安全基準は、EU共通のオーガニック認証よりも、厳しいものとなっています。

安心して使用できる虫よけスプレーを探す方には特におすすめです。

バジャー プロテクト シェイクアンドスプレーは肌の乾燥も防げる

バジャー プロテクト シェイクアンドスプレーは、複数のエッセンシャルオイルをブレンドした爽やかな香りの虫除けスプレーです。

ひまし油がベースとなっているため、肌の乾燥も防ぐことができます。

子供にも使用できる虫除けスプレーのおすすめ

アロベビー アウトドアスプレーは赤ちゃんにも優しい

アロベビー アウトドアスプレーは、新生児の頃から使用できるオーガニックスプレーです。

赤ちゃんの肌に優しい成分で調合されており、虫除け効果についても申し分ありません。

アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml
created by Rinker
ALOBABY
¥2,538(2019/08/23 15:52:04時点 Amazon調べ-詳細)

虫くるりん 布用ミストタイプは服などにつけて使う

虫くるりん 布用ミストタイプは、ミストタイプの虫除けスプレーです。

この商品は肌ではなく、ベビーカーや服といった布に塗布するようになっているため、乳幼児や子供の肌に負担をかけることがありません。

1度の塗布で、2~3時間程度効果を持続させることが出来ます。

虫くるりん 布用 ミストタイプ 50ml
created by Rinker
ピジョン
¥545(2019/08/23 15:52:04時点 Amazon調べ-詳細)

アロマスプレー Outdoor

アロマスプレー Outdoorは、小さな子供や敏感肌の方も安心して使用できる100%植物由来成分の虫除けスプレーです。

もちろんアルコールは不使用で、柔らかく、やさしい香りも特徴です。

虫除けスプレーについてのまとめ

  • 虫除けスプレーには大きく分けて、ディート成分入りとオーガニックタイプがあります。
  • 虫除けスプレーに殺虫効果はなく、虫が避ける成分が入っていることにより、虫を来させなくする効果があります。
  • 虫除けスプレーは、成分によって効果や肌への影響が違うため、使用者にあった物を選ぶ必要があります。
  • 虫除けスプレーの成分濃度と効果の強さは関係なく、度が高いと持続時間が長くなります。
  • 子供がいる家庭は低濃度タイプの虫除けスプレーを選び、必要な時以外はなるべく使用しない事が大切です。
  • 子供に使用する際は、取扱説明書を必ず確認する必要があります。
  • 広範囲を塗布したい場合はスプレータイプを、乳幼児など、口に成分が入ってしまう可能性がある場合はジェルタイプを使用するのがおすすめです。
  • 肌が弱い方は、適切な使用量を守る必要があります。