この記事では、名刺入れの選び方やおすすめの商品について解説いたします。

ビジネスシーンで初対面の相手とまず行うのが名刺交換です。初めて会う取引先の方によい印象を持ってもらい、ビジネスをスムーズに進めるためにも、重要なアイテムとなるのが名刺入れです。

この記事を通して職種や仕事上の立場・使い勝手など、自分に最適な名刺入れが選べるようになります。

名刺入れは意外と見られている

名刺を交換をする相手の方に、意外と見られているのが名刺入れです。

持っている名刺入れのデザインや質感があまりにも安っぽかったり、逆に不釣り合いなほど高級なブランドだったりすると、話をする前に自分の信用を落としかねません。相手に見られるということも意識した上で選ぶようにしましょう。

名刺入れの選び方

職種や役職のイメージで選ぶ

一般的なサラリーマンや士業など堅い職種の方は、派手な色やデザインのものは避けた方がよいでしょう。

見た目で高級品とわかるハイブランド品も同様です。相手によっては嫌味な人間に思われたり、仕事を軽んじているという印象を持たれかねません。ただし、ブランド品は会社の代表者や役員など、役職イメージに相応しい品を使用するのであれば問題ないでしょう。

収納箇所が2箇所以上の品を選ぶ

自分の名刺といただいた名刺を区分けして入れておけるよう、2箇所以上の収納エリアを持った商品をおすすめします。

複数の取引先を訪問するような場合でも、前の会社でいただいた名刺を誤って渡してしまう、といったミスを防げるのが理由です。

マチの有無で選ぶ

マチのないタイプは薄いので、ポケットでもかさばらず持ち歩きやすいのがメリットです。しかし、沢山の名刺を入れるとスムーズに自分の名刺を取り出せなかったり、いただいた名刺を収納しずらかったりと、大勢の方と会うシーンには向きません。

多くの名刺を持ち歩く機会が多い場合は、マチ付きの商品を選びましょう。

名刺入れ選びの注意点

贈り物では相手の立場に合う品を選ぶ

贈り物用の名刺入れについても、基本的には自分用のものを選ぶ方法と同じです。

贈る相手の職業や立場をよく考慮した上で、不釣り合いにならないデザインや質感を持った商品を選びましょう。使い勝手がよいため、贈った相手にも喜んでもらえます。

安っぽい素材のものは避ける

安価な商品でなくても、見た目が安っぽく見えるものは避けるのが無難です。

自分を必要以上に安っぽく見せてしまうなど、名刺交換する相手に与える印象がよくありません。

ICカードを収納する想定はしない

社員証や交通系のICカードは、名刺入れに収納しないのがおすすめです。

名刺入れには自分の会社だけでなく、大切な取引先の名刺を入れている場合もあります。電車やバスでの移動中、頻繁に出し入れすることで重要な名刺を紛失してしまう可能性もあるため、ICカードを収納する想定はせずに選びましょう。

メンズ向け名刺入れのおすすめ品5選

ベルクート 本革名刺入れ

牛のブライドルレザーを使用した名刺入れです。ロウ引き加工が施されているため、水濡れに強く丈夫なのが特徴です。見た目の質感が高く、価格も手頃なので贈り物用としても最適でしょう。

便利なポケットがついた二つ折りタイプで、沢山の名刺を収納できます。また、マグネット開閉式を採用しているため、不用意に開いて中の名刺が飛び出してしまう心配もありません。

Bajoy ステンレス名刺入れ

ステンレス素材を使用した名刺入れです。しっかりした作りのため、中の名刺が折れることなく安心して入れておけます。

表面には上品なマット仕上げのPUレザーがあしらわれており、デザインもシンプルなため男性だけでなく女性でも使用可能です。15〜25枚程度の名刺を収納し、マグネットでしっかり閉めておけます。

また、安い価格も魅力的です。初めて名刺入れを購入するフレッシュマンにもおすすめのモデルです。

High-end 役員名刺入れ

イタリアンレザーを使用した、総本革製の名刺入れとなっています。シンプルなデザインながら高い質感を持つ外観は、名前の通り重要人物との商談を想定して作られています。しかし、沢山の名刺を持ち歩く用途には向いていません。

厚さ7mmの薄型タイプですが、マチ付きでポケットが斜めにカットされているため、入れやすく取り出しやすいのが特徴です。

また、クレジットカードなどを入れておける便利なボケットも装備されています。ジャケットやベストのポケットにも、違和感なく入れて持ち歩けます。

ベルクート 牛革名刺入れ

イタリアの名門タンナー「Sirp社」製牛革を、ふんだんに使用した名刺入れです。高級感のある外観は、ビジネスを始めフォーマルなシーンでも活躍します。

本革ならではの経年変化が楽しめるのも魅力の一つです。シンプルなデザインのため流行に左右されることなく、幅広い年代の方におすすめとなっています。

1.5cmのマチがついたメインポケットには、沢山の名刺を収納可能です。そのほかにもカードが入るポケットを3箇所装備しており、いただいた名刺を一時保管する場所としても活用できます。

Duduma 本革名刺入れ

2cm幅のマチがあり、メインポケットに約20枚の名刺を収納可能なモデルです。また、クレジットカードも入る3つのフリーポケットを装備しています。いただいた名刺を保管するのにも重宝できるでしょう。

また、フラップはスナップボタンで確実に閉めておくことが可能なため、不意に開いて中身が飛び出る心配はありません。使っていくに従って手に馴染んでいく本革の感触も魅力の一つです。

手頃な価格にも関わらず、見た目の質感が高いコスパモデルとなっています。

レディース向け名刺入れのおすすめ品5選

Kooyi レディース カラフル名刺入れ

桜色を始めパープルやホワイトなど、全9色がラインナップされているカラフルな名刺入れです。

気軽に購入できるお手頃価格が魅力でしょう。初めての名刺入れを探している、ビジネスレディーにもおすすめです。

本体はステンレス素材を使用しており、約25枚の名刺が収納可能です。しっかりした作りで、中の名刺が折れ曲がる心配もありません。表面のPUレザーは上品な質感を持っているため、おしゃれなビジネスアイテムとして重宝するでしょう。

コラーレ 本革名刺入れ レディース

ビジネスシーンにも馴染みやすい、本革素材を使用した名刺入れです。マチ付きのメインポケットには、約50枚の名刺が収納可能となっています。外回りが多いビジネスレディーにも安心です。

また、いただいた名刺やカードなどを入れておける、便利なサブポケットも装備しています。2色使いの上品なデザインのため、名刺を交換する相手に好印象を与えるとともに、さりげなく自分をアピールすることも可能です。

全部で20カラーが揃っており、好みの色を選べます。

ジル・スチュアート 名刺入れ

アメリカのファッションデザイナー「Jill Stuart」ブランドの名刺入れです。高級感のある牛革を採用しており、あらゆるビジネスシーンで違和感なく使用できます。

シンプルなデザインに、ワンポイントのブランドロゴがおしゃれで使いやすいモデルです。自分使いだけでなく、贈り物にも最適となっています。

約20枚が入る本体はボタン式のフラップで確実に閉められるため、不用意に中身が飛び出してしまう危険もありません。4箇所のカードポケットを備えており、クレジットカードやいただいた名刺を仮保管しておけて便利です。

サクラ 牛革名刺入れ

柔らかく手触りのよい牛革を使用した、日本製の名刺入れです。封筒のような可愛らしいデザインが魅力的となっています。熟練の革職人が一点一点丁寧に仕上げているため、贈り物としてもおすすめです。

メインポケットには30枚程度の名刺が余裕をもって収納可能です。外回りの機会が多いビジネスレディーでも、名刺切れを心配することなく持ち歩けます。

背面にもポケットを備えており、商談相手の名刺を仮収納しておくのにも便利です。ピンクやライムグリーンなど、自分にあったカラーを全9色の中から選べます。

SACURA サクラ 日本製 牛革 名刺入れ 5825-ピンク
created by Rinker
Sacura(サクラ)
¥4,320(2019/08/24 08:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

レイメイ藤井 名刺入れ Lacee NN2503A

福岡県に本社を構え洋紙や文具の販売で有名なレイメイ藤井の本革製名刺入れです。上品で高級感のある外観と、手触りのよさが魅力となっています。購入しやすい価格のため、プレゼントにも最適です。

フラップを開くと見えるワンポイントのロゴ刻印が、おしゃれ感を演出してくれます。メインポケットにはマチがついており、約50枚の名刺が収納可能です。人と会う機会の多い方でも、安心して外回りに出られます。

レイメイ藤井 名刺入れ ラセ ブルー 本革 NN2503A
created by Rinker
レイメイ藤井
¥1,831(2019/08/24 08:35:42時点 Amazon調べ-詳細)

名刺入れについてのまとめ

  • 名刺入れは相手の方に意外と見られており、よい第一印象を持ってもらうためにも重要なビジネスアイテムです。
  • 選ぶ際には自分使いであれ贈り物用であれ、職種や会社内での立場を考慮した色やブランドの商品を選びましょう。
  • マチ付きのモデルは余裕を持って名刺の収納ができるため、出し入れがしやすく、スムーズな名刺交換が行えるのでおすすめ。
  • 自分の名刺と混ざってしまわないよう、いただいた名刺を仮収納しておけるポケットの有無も重要なポイントです。