この記事では、秋冬の防寒のほか、部屋着としても活躍し、おしゃれアイテムのひとつでもあるレギンスについて解説します。

おすすめのレギンスについても紹介するため、この記事を読むことで、スパッツとの違いをはじめ、レギンスのブランドや選び方を知っていただくことができます。

レギンスとスパッツの違い

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

レギンスのおすすめ品

レギンスは、タイツのように用いられる品で、日本で「スパッツ」と呼ばれているものは本来「レギンス」と同じものを指します。

しかし、2006年頃からファッション業界ではアウターとして着用するスパッツを、新たにレギンスという呼称で売り出したことから、スパッツは膝上の丈でスポーツやトレーニングの際のインナー、レギンスは膝下から足首までの丈でアウターとして着用するものと区別されるようになりました。

また、タイツのつま先とかかと部分を切り取った形状のものに「トレンカ」もあります。

レギンスを選ぶ際におすすめのブランド

レギンスは、さまざまなブラントから数多くのアイテムが販売されています。以下ではレギンスにおすすめのブランドをいくつか解説します。

ユナイテッドアローズは幅広い商品の扱いが魅力

ブランドラインが豊富で、ファッション関係のアイテムから小物やライフスタイルに関わる雑貨まで、幅広く扱っているのがユナイテッドアローズです。

レギンスに関しては自社ブランドのみならず、セレクトショップとしてのコンセプトに合わせたベーシックなデザインや、デイリーに取り入れやすいほか、ひとクセあるデザインなど、感度の高い女性に向けたさまざまなアイテムがラインナップされています。

チュチュアンナははかわいいアイテムが豊富

靴下やインナーウエア、服飾雑貨を中心に扱うチュチュアンナはかわいいアイテムが豊富にそろっています。

機能性と品質に優れ、低価格であることから女性の間で人気の品です。

レギンスも、ベーシックなデザインから総レースが華やかで、フェミニンなアイテムまで豊富に取り揃えられています。

ユニクロはコスパが高い

日本を代表するファストファッションブランドであるユニクロのレギンスは、価格とデザインを両立したコストパフォーマンスの高いアイテムが揃っています。

機能性の高いヒートテックタイプもラインナップされているため、寒い季節に最適です。

さらに、ユニクロではアジャスターつきのマタニティーリブレギンスも販売しています。

大きなお腹周りをやさしく包むことができ、程よく伸びるストレッチ素材なため、体を締めつけずストレスなく着用することが可能です。

レギンスの正しい選び方

価格で選ぶ

レギンス選ぶ場合には、主にトレンド感が重要視されがちですが、価格も大切です。

最近のレギンスには、レザー風やデニム素材などのさまざまなアイテムがあるほか、価格設定が1,000円~3,000円台のものが少なくないため、トレンド感をおさえつつ、コストパフォーマンスも考慮するとよいでしょう。

機能性で選ぶ

現代に増加している機能性インナーなどと同様、レギンスも機能性の高いアイテムが少なくありません。

特にレギンスにおける機能性には、保温性と透湿性に優れたものをはじめ、吸汗と吸水に優れるもの、着用時の動きやすさを重視した生地のものなど様々な特徴があります。

レギンスを選ぶ際には、目的に合った機能を持った製品を選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

レギンスの素材は、近年増加している機能性素材をはじめさまざまなものがありますが、秋冬であればウール素材がおすすめです。

ウールは洗濯の仕方によって縮んでしまうことがあり、穿き心地が悪くなることがあるため、洗濯の際に使用する洗剤などに注意するとよいでしょう。

また、オールシーズン着用したい場合はコットン100%のレギンスが最適です。

丈の長さで選ぶ

レギンスにはさまざまな長さがあるため、必ず丈感をチェックしてから購入するとよいでしょう。

主な長さは足首までカバーする10分丈、ひざ下から足首までとなる7分丈・8分丈などがあります。

このうち脚を長くみせたい場合は、10分丈、カジュアルに着こなしたいなら7分丈や8分丈がおすすめです。

スリットの有無で選ぶ

デザイン性の高い裾にスリットが入っているレギンスであれば、わずかにみえる素肌によって、コーデの際に抜け感を演出できます。

レギンスはワンピースやロングスカートのほか、ビッグTシャツなどともよく合うため、着回しやすいのもメリットです。

レギンスはメンズアイテムとしても人気

女性が穿くイメージの強いレギンスですが、ここ数年でメンズアイテムとしても人気が高まっています。

女性用と同様、機能性素材を採用したアイテムもラインナップされており、秋口などにショートパンツと合わせることで寒さ対策にも最適です。

しかし、メンズレギンスは丈が短すぎると、コーデの際にバランスが悪くなるため、9分丈程度のものを選んだほうがよいでしょう。

レギンスのおすすめ品

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSはナチュラルさが魅力

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSは、ふんわりと編み上げた細いリブ編みが特徴のナチュラルな雰囲気のレギンスです。

ベーシックな色合いでさまざまなスタイルに馴染みやすいほか、柔らかな肌触りで快適な履き心地も抜群です。

レイヤードスタイルのワンポイントとしてもコーデに取り入れやすくなっています。

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BY リブレギンス 18356991988 0900 BLACK(09) FREE
created by Rinker
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)
¥4,620(2019/10/17 04:49:34時点 Amazon調べ-詳細)

tutuanna リブスリットレギンスは綺麗なシルエットになる品

tutuanna リブスリットレギンスは、デザイン性と伸縮性を兼ね備えた10分丈のリブスリットレギンスです。

裾の内側にスリットの入ったリブスリットレギンスは、いつものスカートやワンピースに取り入れるだけで大人っぽく綺麗なシルエットをつくれます。

コーデしやすいベーシックなカラーであるため、長めのスカートからの「ちら見せ」がおすすめです。

(チュチュアンナ) tutuanna リブスリットレギンス10分丈M-L ウスグレー
created by Rinker
tutuanna(チュチュアンナ)
¥1,320(2019/10/17 04:49:34時点 Amazon調べ-詳細)

靴下屋 サーマル10分丈レギンスはパンツ感覚で履ける

靴下屋 サーマル10分丈レギンスは、足首までの10分丈でパンツ感覚で履け、ワンピース、ビッグシャツ、ロングスカートとのコーデにぴったりのレギンスです。

ゆとりがありトレンドのワッフル地を採用しているため、ナチュラルな着こなしができます。

足首が締まったデザインがポイントのひとつです。

ラパージュ 超厚レディースレギンスは肌触りがよく暖か

ラパージュ 超厚レディースレギンスは、肌に触れる内側を超毛加工しているため、肌触りがよく暖かなレギンスです。

伸縮性抜群で身体にフィットし、足元をきれいに見せる効果があるだけでなく、マタニティーレギンスとしても使用できます。

普段のコーデにプラスするだけで、暖かさも実現する冬のマストアイテムです。

InSomila リブレギンスはシンプルで無地な品

InSomila リブレギンスは、シンプルな無地のリブレギンスです。

リブ編みの縦ラインが脚をすっきりとみせる効果があり、さまざまな着こなしにマッチします。

ストレッチ性があるため、しめつけ感が少なく、普段使いのほかルームウェアとしても活躍できます。

厚すぎず薄すぎない生地で、オールシーズン着用可能な事も魅力です。

レギンスについてのまとめ

  • 日本でスパッツと呼ばれているものは本来レギンスと同じものです。
  • レギンスもスパッツもタイツの一種でタイツのつま先とかかと部分を切り取った形状のものは「トレンカ」と呼ばれます。
  • レギンスはユナイテッドアローズやチュチュアンナ、ユニクロのほか、さまざまなブランドから販売されています。
  • レギンスは価格や機能性のほか素材や丈の長さスリットの有無などによって選ぶとよいでしょう。
  • 女性が穿くイメージの強いレギンスはメンズアイテムとしても人気が高まっています。