ここでは、ベージュカラーのダウンを紹介します。ダウンは、寒い冬の季節におしゃれアイテムとして利用されるアイテムです。

現代では、ベージュカラーを利用した洋服が若者にも人気があり、トレンドになりつつあります。

この記事を読むことで、ベージュカラーのダウンのメリットやコーデの仕方などを理解し、自分に合ったダウン購入の検討が出来ます。

ベージュのダウンのメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ベージュのダウンでメンズ向けのおすすめ品

ベージュカラーは、上品さを演出することができ、大人っぽいイメージに見せられるところが特徴です。

黒と違い、圧迫感や重たい印象を与えずに華やかさも演出することができます。

カジュアルなファッションからドレスコーデまで、幅広く対応できる汎用性の高さも魅力のひとつです。

ベージュのダウン選びでおすすめなブランド

以下では、ベージュダウンを販売しているブランドをいくつか紹介します。

ここで紹介するブランドがすべてではありませんが、お買い求めやすい商品が多いブランドを重点的に解説しています。

ノースフェイスはカジュアル寄りなデザインが多い

ノースフェイスは、洋服だけでなく、アウトドア商品や登山グッズなどを販売しているブランドです。

アウトドアのブランドであるため、ダウンのデザインもカジュアル寄りになっているのが特徴です。

ユニセックスのダウンの商品も多く、メンズ、レディース両方を購入できます。

ユニクロはシンプルで非常に安いのが特徴

ユニクロでも多くのダウンを販売しており、ベージュのダウンも取りそろえてあります。

ユニクロの特徴は、シンプルで非常に安いとところです。

ひとえにベージュカラーといっても様々なカラーがあり、コーディネートに合わせて選ぶことができます。

patagoniaは素材と機能性が魅力

patagoniaはアメリカの製造会社であり、サーフィン用品や、アウトドア用品、軍事用品を手掛けるブランドである事が特徴です。

パタゴニアの洋服の特徴は素材です。

他のブランドと比較すると高額ではありますが、非常に機能的であり、冬に屋外にいても、寒く感じない洋服作りを目指しています。

デザインもおしゃれで、メンズ、レディース問わず親しまれているブランドです。

ダウンと合わせてバッグなどを購入することで、セットコーデも楽しむことができます。

ベージュのダウンは丈をよく確認して購入する

以下では、ベージュのダウンを購入される方に、サイズ感や丈について解説します。

デザインや機能性だけで選ぶのではなく、丈のサイズ感もみて選ぶことが大切です。

定番丈は腰にかかるぐらいの長さ

一番定番とされる丈は、腰にかかるぐらいの長さのものです。

外観はフォーマルであるため、他の洋服とも合わせやすく、着ていて違和感がないサイズになっています。

ロング丈はヒザにかかる以上の長さ

ロング丈のサイズ感は、ヒザにかかるぐらいか、それ以上の長さの丈のものを指します。

メリットは、膝までカバーできるため温かいところです。

ファッション的にはコーディネートが難しく、着る人によってはダウンに着られているような状態になってしまいます。

見た目にこだわらず、機能性を重視する場合はロング丈を選ぶとよいでしょう。

ショート丈は腰にかからないぐらいの長さ

ショート丈のサイズ感は、腰にかからないぐらいの長さの丈を指します。

ダウンとしてはとても短いため、コーディネートによっては派手に見える事もあります。

ファッション性が高く、特に女性が着るとおしゃれに見えるでしょう。

機能性は低く、合わせにくいサイズですが、おしゃれとしてダウンを着たい方におすすめです。

ベージュのダウンのコーディネート

以下では、ベージュのダウンのコーディネートの方法について紹介します。

シンプルなコーディネートがオススメですが、メンズとレディースで少し違う事に注意が必要です。

メンズのコーディネート例

ベージュダウンを基準としたメンズコーディネートには、落ち着いたカラーを取り入れるのがおすすめです。

ダウンの下に白のシャツ、ボトムスに黒のスキニーなどを合わせると、スッキリして落ち着いたイメージを演出できます。

レディースのコーディネート例

レディースの場合も、メンズと同じく落ち着いたカラーを取り入れるのがおすすめです。

白のシャツや白ニットと黒のスカートを合わせると、大人っぽい女性を演出できます。

白のインナーの他に水色といった淡いカラーのものを取り入れると、明るさや若さを演出できるためオススメです。

ベージュのダウンのデメリット

ベージュのダウンのデメリットとしては、洋服のデザインにもよりますが、ベージュは暗い印象を与え、野暮ったさが出る可能性があげられます。

着ぶくれ感もあるため、ベージュのダウンを選ぶ時は、あらかじめ試着をしておきたいカラーをイメージしておくとよいでしょう。

ベージュのダウンでメンズ向けのおすすめ品

NANGA hgd-102は使い勝手の良いダウン

NANGA hgd-102は、ナンガから販売されているダウンです。

カラーとしてはベージュ以外にもありますが、見た目が綺麗で、幅広い年齢に対応ができる使い勝手の良いダウンです。

流行り関係なく長年使えるデザインであるため、1着かっておくと便利でしょう。

スーツに合わせても着こなせるため、通勤にも着ていけるコートです。

THE NORTH FACE ND91840 2018FWはフォーマルで暖かい

THE NORTH FACE ND91840 2018FWは、ノースフェイスより販売されているバルトロライトジャケットです。

特徴は、デザインと機能性です。フォーマルなデザインをしており、温かいため、冬キャンプなどに利用するのもよいでしょう。

Patagonia Ms Down Sweaterは軽く防寒性が高い品

Patagonia Ms Down Sweaterのは、軽く、防寒性が高い事が特徴のダウンです。

かさばらないため、カバンなどに入れておくこともでき、使い勝手が良い事も魅力でしょう。

丈は、腰ほどの定番のサイズとなっており、若者でも年配でも着こなせるデザインであることが魅力の品です。

ベージュのダウンでレディース向けのおすすめ品

DUVETICA carys-rlwはデザインと機能性が魅力

DUVETICA carys-rlwの特徴はデザイン性です。

ロング丈で有りながら、着膨れを感じさせないスマートなデザインとなっています。

機能性も抜群で、寒い冬でも暖かくすごせる一品です。

DANTON JD-8749はリーズナブルで持ち運びやすい

DANTON JD-8749はインナーダウンであるため、秋口でも着こなせて、持ち運びも便利な品です。

価格も1万円ほどとリーズナブルなのも魅力です。

ハウンスロー 超超ロングダウンコートはお洒落でコスパがよい

ハウンスロー 超超ロングダウンコートは、デザインがおしゃれなベージュのダウンコートです。

ロングコートであるため、体型によってはマッチしない可能性もありますが、価格が安くコストパフォーマンスが抜群な品です。

防寒性も高い事が魅力でしょう。

ベージュのダウンコートについてのまとめ

  • ベージュカラーのダウンコートは上品で汎用性が高いです。
  • ブランドとしてはノースフェイスやユニクロ、パタゴニアなどが販売しています。
  • ベージュのダウンは丈に注意して購入する必要があります。
  • コーディネートとしてはシンプルなカラーをインナーに選ぶとよいでしょう。
  • デメリットとして着膨れ感や、地味さがあげられます。
商品一覧
ご紹介している商品一覧