この記事では、防寒用巻きスカートの選び方や、おすすめの商品についてご説明いたします。

防寒用巻きスカートは暖かくて便利なアイテムですが、種類によって特徴が異なります。そのため、自分に合った商品を選ぶことが大事です。

この記事を読むことで、自分に合った防寒巻きスカートの選び方がわかるようになるでしょう。

防寒用巻スカートのメリット・デメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

防寒用巻スカートのおすすめ品紹介

防寒用巻スカートのメリット

防寒用巻きスカートのメリットは、寒いときでも暖かさを感じられる点にあります。高いレベルの防寒性があり、気温が低い冬の使用にはピッタリです。外出用としてだけでなく、部屋着として活用できるタイプも多く、柔軟なアイテムとも言えます。

また、カバーの範囲が広いという点もメリットです。腰のあたりから膝下までカバーできるタイプがあり、「暖かいけど膝下は寒い…」ということを防げます。

デザイン性の悪さを懸念する人もいますが、最近ではオシャレな防寒巻きスカートも多く販売されるようになっています。そのため、ファッションアイテムの一つとして活用することができるでしょう。

防寒用巻スカートのデメリット

防寒用巻きスカートのデメリットとしては、可動域の問題があげられます。ズボンだけを履いている状態とは違い、脚の柔軟な動きが少々制限される形になります。したがって、不便さを感じる人はいるかもしれません。

また、巻きスカートについてはズボンの上からつける形になります。そのため、多少の重量感をおぼえることになるかもしれません。防寒用ということで生地が分厚いケースも多く、少々かさばるような感覚があるということも踏まえておいた方がいいでしょう。

防寒用巻スカートの選び方

素材で選ぶ

防寒用巻きスカートの素材は、商品によって異なります。そのため、自分に合った素材で選ぶというのがおすすめです。

たとえば、ポリエステルがメインの場合、サラッとした感触が特徴になります。ダウンがメインの場合は、ふわっとした感触になります。素材によって感触が異なるため、よく踏まえた上で選ぶ必要があるでしょう。

ただ、巻きスカートの外側にポリエステルが使われていたとしても、内側が裏起毛仕様だった場合はふんわりした感触になります。したがって、外側と内側の設計に目を向けることが大事でしょう。

長さで選ぶ

防寒用巻きスカートの長さについても、商品によって異なります。膝上までをカバーするタイプもあれば、膝下までをカバーするタイプもあります。基本的には短い方が動きやすいです。しかし、カバーの範囲が狭い分、寒さを感じることになるでしょう。

したがって、下半身の大部分をカバーしたいということであれば、長めの巻きスカートを選びましょう。また、長いタイプであっても、広範囲に広がるようなタイプであれば、動くにあたって窮屈さは感じないと思います。

機能で選ぶ

防寒用巻きスカートの機能についても、商品によっていろいろです。

具体的には、撥水性に優れたタイプや、防水性に優れたタイプなどがあります。よって、個々の商品の機能に目を向ける中で選ぶというのもおすすめです。

また、巻きスカートとしてだけではなく、肩かけ用や膝かけ用としても使える3wayタイプも販売されています。したがって、設計面にも注目して選んでみてはいかがでしょうか。

デザインで選ぶ

デザイン面についても、防寒用巻きスカートによって異なります。

シンプルな無地タイプもあれば、派手なデザインがなされたタイプもあります。

外出用として巻きスカートを着用する場合は、「ファッション性も追及したい!」という人が多いでしょう。

そのため、ぜひ好みのデザインで選んでみてはいかがでしょうか。女性向けに限らず、男性向けとしてデザインされたものも多く販売されています。

防寒用巻スカートのおすすめ品紹介

裏ボア キルティング 巻きスカート

裏ボア キルティング 巻きスカートは、厚手の裏ボア仕様になっていることが特徴です。

裏ボアによって暖かく着用することが可能であり、防寒性や保温性という点で優れています。また、ソフトでふわふわとした肌触りになっています。よって、十分な快適性を感じることができるでしょう。

分厚くて重いというイメージがあるかもしれませんが、実際には十分な軽量化が図られています。軽いにもかかわらず高いレベルの防寒性があるという点がメリットです。

カラーの種類も複数あり、好みのデザインを選べるようになっています。そのため、選択肢が広いという点も魅力的なポイントです。

もちはだ あったか 巻きスカート

もちはだ あったか 巻きスカートは、使い方が複数あることが特徴です。

巻きスカートとしてだけではなく、膝かけとしても使うことができます。2wayタイプなため、柔軟性に富んだ商品としておすすめできます。

膝かけ用としても適している理由は、サイズの大きさにあります。大判タイプであるため、お腹のあたりから足もとまでを暖める膝かけとして活用可能です。

ウエスト部分の調整がしやすいことも特徴として挙げられます。ひもで簡単に調整ができ、幅広いウエストに合わせることが可能です。

また、全体的に落ち着いたデザインであり、いろいろなシーンにマッチします。カジュアルな場だけでなく、フォーマルな場にも適しているでしょう。

ふわふわダウンラップウォームスカート

ふわふわダウンラップウォームスカートは、ポリエステルメインで構成された巻きスカートです。

ポリエステルならではのサラっとした肌触りが特徴であり、とても軽量です。

「サラッとしていると暖かみに欠けるのでは?」という人もいるかもしれませんが、中材に注目してみましょう。

外側についてはポリエステル100%ですが、中材にはダウンが使われています。そのため、防寒性においてとても優れた商品になっています。

ふわふわダウンラップウォームスカート ブラック
created by Rinker
サンファミリー
¥2,288(2020/04/02 20:08:13時点 Amazon調べ-詳細)

電気を使わない巻きスカート型ひざ掛け

電気を使わない巻きスカート型ひざ掛けは、巻きスカートと膝かけの2wayタイプとなっています。

複数の使い方ができるという点もメリットですが、特筆すべきは素材です。

体から発せられる体温エネルギーを反射するという素材を取り入れています。したがって、とても暖かさを感じることができるでしょう。

また、折りたたむことでクッションとして使うこともできます。よって、使い勝手がいいということもポイントです。

キルティング巻きスカート

キルティング巻きスカートは、ポリエステルをメインに構成された商品です。特徴としては、実用的な点があげられます。

収納用のポケットがあり、携帯や財布などを収納できます。また、ウエスト部分の調整もしやすいです。肩かけや膝かけとしても活用できるため、利便性を感じられるでしょう。

表地はキルティングですが、裏地にはフリースを採用しています。そのため、冬でも十分な暖かさを感じることができるでしょう。

グリーンやブルーなど、複数の種類から好みのデザインを選ぶこともできます。

防寒用巻きスカートのまとめ

  • 防寒用巻きスカートは、保温性に優れていることが特徴であり、冬でも暖かさを感じることができます。
  • さまざまなデザインの巻きスカートがあり、ファッションアイテムの一つとして活用することができます。
  • ズボンの上から巻きスカートを着用するため、重量感をおぼえる可能性があります。ただ、軽量化が図られた巻きスカートも多く販売されています。
  • 素材や長さなど、多くの要素を踏まえた上で自分に合った商品を選ぶことが大事です。