この記事ではカラーレスチークとは何か?

自然な可愛らしさと綺麗さを演出できるのがナチュラルメイクですが、ヌーディカラーで統一して、素肌そのものの美しさを見せるカラーレスメイクも現代では人気があります。

カラーレスメイクにおいて、チークは基本であり重要なポイントです。

この記事では、カラーレスメイクには欠かせないカラーレスチークについて解説しているため、カラーレスメイクに挑戦したい方や、興味のある方は参考にすることが出来ます。

カラーレスチークとはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのカラーレスチーク

カラーレスチークとは、カラーレスメイクでのチークに使うテクニックのひとつです。

カラーレスメイクは基本的に、ヌーディで肌馴染みのよいカラーを使います。

お肌に馴染みやすいベージュカラーが好まれることから、ベージュチークとも呼ばれています。

チークは基本的に血色感のある表情を演出するため、ブラウン系やオレンジ系、ピンク系などが好まれますが、カラーレスメイクはお肌に馴染むことをコンセプトにしたメイクであるため、ベージュカラーが好んで使われています。

カラーレスチークのメリット

ナチュラルなイメージがある

カラーレスチークでは、ナチュラルなイメージを表現することができるため、より自然体の自分をアピールすることができます。

派手さが少なく、悪目立ちすることもないため、透明感に加え清涼感や清潔さもアピールできます。

立体感が生まれる

カラーレスメイク用のチークは、お肌に馴染みやすいベージュカラーが基本であるため、お肌の立体感を引き立ててくれるという効果があります。

立体感はありますが、チークそのものの主張は強くないため、自然体な表現をキープできます。

大人っぽい雰囲気に仕上がる

チークは基本的にピンクやレッドなど、血色感を出しやすいカラーを使うことが多いですが、健康的な分幼さが出てしまうこともあります。

カラーレスチークの場合は色味をほとんど使わない分、自然な立体感を表現し、尚且つ大人っぽい印象に仕上げてくれるため、知的な大人女子を表現することができます。

小顔効果がある

カラーレスメイクは骨格を意識してメイクを行うことで、立体感を表現することができます。

顔全体をシャープに表現することができるため、小顔に見せる効果にも期待ができます。

カラーレスメイクの場合は、メイクによって小顔を作った印象ではなく、自然体な小顔を表現することができる点メリットでしょう。

カラーレスチークの入れ方

カラーレスメイクに使うチークの特徴は、「血色感をあえて抑える」「大人っぽい印象」があげられます。

カラーレスチークは「ベージュカラー」「ヌーディ」であることが基本です。

カラーレスチークの入れ方としては、立体感を意識して、自然な血色感を意識してチークを入れていくことがポイントです。

立体感の出る入れ方

ベージュチークを頬骨からこめかみに沿って入れていき、頬骨の下の影になる部分にものせていきます。

この時チークの幅を広げ、ふんわりとしたイメージでブラシでのせていけば、立体感のある仕上がりになります。

自然な血色感が出る入れ方

黒目から下へ、小鼻から横へ線をひくイメージで、丁度交差するポイントが最も濃くなるようにチークを丸く入れることがポイントです。

この時黒目の下の部分から内側に入らないように外側に向かってぼかしていけば、より自然な血色感を出すことができます。

カラーレスチークを上手に仕上げるポイント

カラーレスチークは、「立体感を意識する」「自然な血色感」を意識することが大切ですが、その他のポイントを上手く活用することでより効果的になります。

チーク以外は色味を使う

カラーレスは色合いを抑えることがポイントであるため、他のメイクに比べるとどうしても地味に仕上がってしまいます。

カラーレスメイクを行う際は、チーク以外の部分にあえて色味を使うことによって、表情全体をバランスよく仕上げることが可能です。

アイシャドウであれば少し深みのある色を使ったり、リップであれば血色感のあるコーラルレッドやピンク系を使ったりなど、気分や状況に応じてバランス調整を行うとよいでしょう。

パール入りなら華やかな印象になる

カラーレスチークは、お肌に馴染みやすいベージュカラーが基本となっているため、ポイントだけを見てしまえば地味な仕上がりに思えるでしょう。

しかし、チークにパールを加えることによってメイク感を少しでも出しておけば、自然体でナチュラルなチークであっても、華やかな印象を持たすことができ、表情全体も地味になりづらい事が魅力です。

おすすめのカラーレスチーク

セザンヌ ナチュラルチーク ベージュ系オレンジはツヤと立体感が魅力

セザンヌ ナチュラルチーク ベージュ系オレンジは、ツヤも立体感も出るなめらかな仕上がりのチークで、パール入りであるため仕上がりも華やかになります。

ツヤ感も骨格のメリハリもつけやすく、なめらかな肌感に仕上がるため、使いやすいタイプでもあります。

コスメデコルテ BE300は色合いを抑えたい方におすすめ

コスメデコルテ BE300は、ベージュっぽさがより強いタイプのベージュチークで、色合いをより抑えたい方におすすめのタイプです。

パウダータイプですが、粉っぽさが抑えられているため、ツヤっぽく仕上がり、より美しく綺麗な仕上がりが期待できます。

コスメデコルテ パウダーブラッシュ BE300(ケース+レフィル+ブラシ)
created by Rinker
株式会社コーセー
¥6,600(2019/10/16 10:05:04時点 Amazon調べ-詳細)

ヴィセ リシェ フォギーオン BE300は軽く肌になじみやすい

ヴィセ リシェ フォギーオン BE300は、軽く、肌に馴染みやすい透明感あふれるパウダータイプのベージュチークです。

ベージュベースで色合いも抑えつつも、自然体で程よい血色感を与えてくれるため、バランスのとれた表情を表現することができます。

ETVOS ミネラルプレストチーク ヌードベージュは濃淡の2色がある

ETVOS ミネラルプレストチーク ヌードベージュは、パール感が強くツヤを与えるハイライトカラーと、発色が良いメインカラーの濃淡2色セットの品です。

頬に立体感を与えてくれ、よりヌーディに大人っぽく仕上がります。

クレンジングが不要なタイプで、洗顔料や石鹸で簡単に落とすことができるため、使い勝手もよい品です。

リンメル モデリングフェイスブラッシュ008は3つの使い方が出来る

リンメル モデリングフェイスブラッシュ008は、チーク、ハイライト、シェーデイングの3つ使い方ができる品です。

すっきり小顔に仕上げるフェイスカラーで、ひとつでメリハリのある小顔フェイスを実現してくれます。

お肌に馴染みやすいパウダーが光と彩、影の3つの効果でシャープなフェイスラインを表現し、自然な立体感で小顔効果を与えてくれます。

リンメル モデリングフェイスブラッシュ008 ヌードベージュ
created by Rinker
Rimmel (リンメル)
¥1,100(2019/10/16 10:05:05時点 Amazon調べ-詳細)

カラーレスチークについてのまとめ

  • カラーレスチークは、カラーレスメイクを行う上で必要なベージュカラーをベースにしたチークです。
  • カラーレスチークは「血色感をあえて抑える」「大人っぽい印象」を特徴としているため、「ベージュカラー」「ヌーディであること」が基本になります。
  • カラーレスチークを入れる際は、立体感と自然な血色感を意識して入れていくことが、メイクを行う上でのポイントです。